アメックスゴールドとセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは同じゴールドだけど、どっちがお得?

アメックスの提携カードとして人気のセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード。
手ごろな年会費でアメックスのサービスを利用できると人気ですが、アメックスゴールドと比較するとどちらの方がお得なのでしょうか?

この記事では、アメックスゴールドとセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをあらゆる面で比較し、どちらの方がコストパフォーマンスが高いのかを検証しました。

アメックスのゴールドカードを検討している人はぜひ参考にしてください。

アメックスゴールドとセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費比較

アメックスゴールドとクレディセゾンの年会費は以下の通りです。

初年度 2年目以降
アメックスゴールド 29,000円(税別) 29,000円(税別)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 無料 10,000円(税別)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は一般的なゴールドカードと同じ10,000円で初年度は無料です。

年会費だけを比較するとアメックスゴールドは3倍という高額な年会費ですが、年会費の違いに見合うだけのサービスの差があるでしょうか?

次にサービス面での違いを個別に比較してみましょう。

アメックスゴールドとセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのポイントサービス比較

アメリカン・エキスプレスのポイントサービスは「メンバーシップ・リワード」と呼ばれていて、100円で1ポイント付与されます。

ポイント還元率は0.3%以上ですが、一度ポイント交換をするとそれ以降はポイントの有効期限が無期限になるメリットがあります。

これに対してセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはクレディセゾンのポイントプログラム「永久不滅ポイント」が提供されています。

永久不滅ポイントはポイントに有効期限がないことで有名なポイントサービスで、ポイント還元率は0.5%です。

メンバーシップ・リワードでは年会費税抜3,000円でメンバーシップ・リワード・プラスに登録するとポイント還元率がアップします。

これによってカード請求金への還元率は0.3%から0.5%にアップしますが、特にANAマイルへの移行率が2,000ポイント1,000マイルから1,000ポイント800マイルと、1.6倍になりメリットが大きくなります。

しかしカード年会費と登録年会費で32,000円となるのでポイントプログラムのコストパフォーマンスではセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのほうが高いと判断できます。

アメックスゴールドとセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのトラベルサービス比較

アメックスはトラベルサービスでは定評があるので、提携カードにもトラベルサービスを提供しています。

ゴールドカードのサービスとして代表的な空港ラウンジサービスは、クレジットカード会社が共同で運営しているので、アメックスゴールドもセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードも国内空港ラウンジサービスはほとんど共通です。

違いがあるのはどちらでも提供されているプライオリティ・パスのサービスです。

アメックスゴールドのプライオリティ・パスサービス
・スタンダード会員の年会費99ドルが無料
・年間2回(27ドル×2)まで無料で空港ラウンジが利用できる
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのプライオリティ・パスサービス
・プライオリティ・パスの年会費429ドル(約47,000円)会員優遇価格に減額

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはプライオリティ・パスのプレステージ会員の年会費が優遇されます。

さらにプライオリティ・パスの会員レベルも最上位のプレステージ会員となるので、プライオリティ・パスに関してはセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのコストパフォーマンスが高いことがわかります。

旅行傷害保険に関してはどちらの補償金額もほぼ同じですが、次のような違いもあります。

  • 利用付帯の場合はアメックスゴールドの海外旅行傷害保険の死亡後遺障害保険金は1億円となる(セゾンは最高5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険に関してはセゾンカードではアメックスにはない入通院費用や手術費用の補償がある
  • 航空機遅延費用の補償はアメックスでは海外旅行に限られる

旅行代金などのカード決済が必要な利用付帯であれば、どちらのカードの補償額も死亡後遺障害を除くとほとんど同じです。

しかし全体的に見るとアメックスは海外旅行メインのサービスで、セゾンでは国内旅行も補償するサービス内容となっています。

結局どちらがお得?

コストパフォーマンスで選ぶのであればセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードがお得です。
年会費税抜10,000円という年会費で、アメックスゴールドと比べてもそれほど劣ることがないサービスを利用できます。

特にプライオリティ・パスに関しては年会費の一部負担はありますが、プレステージ会員の登録ができるというメリットがあります。

しかしアメックスのプロパーカードというステータスの面ではアメックスゴールドにはかないません。
ステータスとサービスの質を同時に求める人はアメックスゴールドを選択しましょう。

一方でセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの審査はセゾンカードが行うので、アメックスゴールドよりは入会しやすいというメリットがあります。

ステータス面では劣りますが、むしろ入会しやすいという点とコストパフォーマンスの高さでセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

まとめ

今回ご紹介しきれなかったサービスを調べてみて、使ってみたいサービスがあれば、そのサービスのあるカードを選ぶという方法もあります。

しかし、基本的には年会費が高いアメックスゴールドのサービスが充実しているのは間違いありません。
セゾンカードはクレジットカードにそれほど高額な年会費を払いたくないという人でも、サービス面で不安を覚えることはないコストパフォーマンスの高いクレジットカードです。

サービスとステータスの両方を求める人はアメックスゴールド、年会費を抑えて充実したサービスを利用したい人はセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを選びましょう。

人気 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 初年度:29,000円+税
2年目以降:29,000円+税
ポイント還元率 1.0%~3.0
国際ブランド on off off off off
電子マネー 29,000円+税
発行スピード 約2~3週間

キャンペーン情報

  • ご入会後3ヶ月以内のカードご利用で最大30,000ポイント獲得可能

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム