三井住友銀行のカードローンの審査時間って?審査時間を短縮して借入する方法

三井住友銀行のカードローンの審査時間って?審査時間を短縮して借入する方法

三井住友銀行のカードローンを利用したいけど、審査時間はどれくらいかかるのだろうと疑問に思うのではないでしょうか?

結論を言うと、三井住友銀行カードローンの審査時間は公言されていませんが、最短で翌営業日中に完了します。

ただし、必要書類が揃っている、職業や収入、借入金額、過去の返済状況などによっても違うため、場合によっては審査時間が延びるでしょう。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンの審査時間は翌営業日までかかる

三井住友銀行カードローンの審査時間は具体的にどれくらいかかるのかは分かりません。

しかし、審査の結果は申し込みをしてから最短で翌営業日に連絡されます。

三井住友銀行カードローンの審査回答のタイミング
最短、翌営業日のご回答となります。

※お申込後、お電話もしくはメールで、本人確認書類のご提出をお願いさせていただきます。
正式な審査結果のご連絡は、本人確認書類をご提出いただいた後、最短で翌営業日となります。

参照:よくあるご質問|三井住友銀行カードローン

また他の銀行カードローンでは審査結果の連絡が届くまでに数日かかるところもあります。

三井住友銀行カードローンは銀行カードローンの中では急ぎの融資を希望したい方におすすめです。

三井住友銀行カードローンは即日融資できない

しかしながら三井住友銀行カードローンは即日融資を行っていません。

2018年1月より審査の際に警視庁のデータベースと照合する必要が生じたため、即日融資ができなくなったためです。

即日融資を希望する方は消費者金融のカードローンを検討するといいでしょう。

ただし、消費者金融のカードローンは銀行カードローンと比べて金利が高い傾向にあります。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行のカードローンは職業により審査時間が違う

三井住友銀行カードローンは、最短で翌営業日には審査の連絡が入りますが、職業によって若干審査時間が違います。

例えば、水曜日の15時に審査申し込みをしたとすれば、審査が終わるのは早くて翌日の木曜日です。

そこで、審査時間が長くなる職業と、審査時間が短い傾向にある職業を見ていきましょう。

審査時間が長くなるのは自営業や非正規社員

三井住友銀行カードローンの審査時間が長くなるのは、自営業やアルバイト、パートといった非正規社員になります。

その理由は、会社員と違って社会保障が少なく不安定で不利なためです。

しかし、自営業や非正規社員でも安定した収入があり、一定程度の勤続年数がある場合はこの限りではありません。

三井住友銀行カードローンの審査では勤続年数が長いと収入が安定しており返済能力があると思われる可能性が高く、審査時間も短くなり、翌営業日に審査の連絡が入る可能性が十分にあるのです。

公務員など安定した職業は審査時間が短めで最短翌営業日

三井住友銀行カ―ドローンで審査時間が短めな人は、公務員や大手企業に勤めている人。

公務員や大手企業の会社員は安定した収入や地位があり、信用度が増すためです。

審査担当者からしても、公務員や大手企業の社員ならば返済能力があると考える場合が多いため、審査時間が短くなる傾向があります。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンで審査時間を短くするコツ

三井住友銀行カードローンを利用したいけど、審査時間がもし長いと困るといった方もいるかもしれません。

そこで、この項目ではどうすれば三井住友銀行カードローンの審査時間を短くできるのか、そのコツをご紹介します。

朝や昼など早い時間帯で申し込む

三井住友銀行カードローンの審査受付時間
9:00~21:00
土日祝日を含む

三井住友銀行カードローンの審査は上記の時間に行われるので、少なくとも時間内に申し込みを済ませましょう。

時間外や時間ギリギリに申し込むと審査時間が長くなるからです。

例えば、月曜日の22時に申し込んでも審査が開始されるのは翌日の火曜日なので、審査結果が届くのは水曜日以降になります。

審査時間を早めたい人は、夕方や夜に申し込むのではなく、朝や昼など納谷い時間帯に申し込みましょう

身分証明書や必要書類を全て揃える

三井住友銀行カードローンで審査時間を短くしたいなら、身分証明書や収入証明書などの必要書類を前もって全て用意しておいてください

もし、これらが揃っておらず書類を提出できない場合、審査が進まずに審査時間が長くなってしまいます。

そうなれば、早くカードローンを利用したいのに、いつまで経過しても利用できなくなってしまうのです。

申し込み時に情報を正確に入力する

早く三井住友銀行カードローンを利用したいと考えるあまり、ついつい記入ミスをしてしまったり、必要な書類を提出し忘れたりとするかもしれません。

しかし記入ミスをするとその確認作業が入り、よって審査時間が延びてしまいます

確実に審査時間を短くできるように、情報の不備には細心の注意を払い、イージーミスをしないよう二重三重のチェックをしてください

万が一記入ミスをしてしまいそれに気づいたときには、慌てずに「三井住友銀行カードローンプラザ」に連絡してください。

三井住友銀行カードローンプラザの連絡先
電話番号:0120-923-923(通話料無料)
偽名や嘘の情報を入力してもバレてしまい三井住友銀行カードローンの審査に通りません。

借入金額を少なくする

三井住友銀行カードローンで審査時間を短くするためには、借入金額を極力少なくするのもコツです。

三井住友銀行カードローンは、個人への油脂額を年収の3分の1以下に留める総量規制の対象外です。

しかし、三井住友銀行が運営するサイトで以下のような記述があります。

各銀行はそれぞれに総量規制と同じような、自主的な規制ラインを設けています。

参照:総量規制とは?カードローン利用者を保護するしくみと対象外の条件|LOAN NOTE

総量規制と同じような規制ラインなので、利用者は年収の3分の1以上の借入はできないと考えていいでしょう。

年収に見合わない金額を希望すれば、それだけ審査時間が長くなることが予想されます。

そこで、できるだけ契約限度額を少なくし、審査時間を短くできるようにしてください。

年収が300万円だったとすれば、契約限度額を50万円にすれば、返済能力があると思われ審査時間を短くできます。

無理をせず、しっかりと返済できる金額をまずは借入するのがベストです。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

ま三井住友銀行カードローンの審査時間を 短縮して借入しよう

    三井住友銀行カードローンで審査時間を短くするコツ

  • 朝や昼の時間帯に申し込む
  • 必要書類を全て揃えておく
  • 情報不備や記入ミスに注意する
  • 契約極度額を低くする

三井住友銀行カードローンの審査時間は申し込む人によっても変わってきます。

ポイントは安定した収入があるかどうかです。

勤続年数が長ければ長いほど有利なため、3年以上同じ会社に勤めていると審査時間を短縮できます。

自営業の方でも、安定した収入があり、返済能力があると審査担当者に思われれば、審査時間を短くできるのです。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

関連コラム