SMBCモビットは一括返済が可能!一括返済で返済総額を減らそう

SMBCモビットは一括返済が可能!一括返済で返済総額を減らそう

SMBCモビットの借金を早く完済したいと思い、一括返済を検討していませんか?

一括返済できれば、返済総額を減らせたり返済を忘れるリスクから解放されたりします。

ただし、すべての人に一括返済が向いているわけではありません。ここでは、SMBCモビットの一括返済のメリットや方法、注意点などについて詳しくご紹介します。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの一括返済のメリット

SMBCモビットの借入金を一括返済するメリットは次のとおりです。

返済総額を減らせる

一括返済のメリットは、返済総額を減らせる点。SMBCモビットに限らず、金融機関から借りたお金には、金利に基づいた利息が発生するのです。

SMBCモビットの実質年率は3.0~18.0%で、借入額によって変動します。

まずは、借入額から完済までの利息を計算しましょう。

50万円を実質年率18.0%で借りて、100日で完済した場合の利息
利息 = 借入残高 × 実質年率 ÷ 365日 × 完済までの日数

(例)
50万円 × 18.0% ÷ 365日 × 100日
=24,658円

50万円を実質年率18.0%で借りて、50日目に完済した場合の利息
50万円 × 18.0% ÷ 365日 × 40日
=9,863円
返済期間の違いによる利息の違い
日数 50日 100日
利息 9,863円 24,658円
利息の差額 14,795円

このように、50日で完済するのと、100日で完済するのとでは、14,795円もの差が生じます。

返済期間が短いほど返済総額は減少するので、一括返済すると大幅に利息の発生リスクを抑えられるでしょう。

延滞によるリスクから解放される

延滞によるリスクから解放されるのも、一括返済のメリットです。

SMBCモビットでは、支払予定日を過ぎても返済しなかった借入金に対して、20.0%の遅延損害金が発生します。

延滞によって借金総額が膨らみ、返済がさらに困難になるでしょう。

また、支払予定日を過ぎても返済しなかった場合は、SMBCモビットから電話や郵便物などで連絡がくるため、家族に借金がバレる可能性もあります。

一括返済をすれば、このようなリスクから解放されます。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの一括返済のデメリット

一括返済には、デメリットもあります。次のデメリットを確認したうえで、一括返済するかどうか検討しましょう。

完済と大きな出費が重なる場合がある

SMBCモビットに一括返済をした時期に、大きな出費が重なるケースがあります。

例えば、車の自損事故で多額の修理費が必要になったり、病気やケガで働けなくなったりする事態が重なれば、貯金から生活費や諸費用を支払わなくてはいけません。

完済と大きな出費が重なると、生活が困窮したり貯金が大きく減ってしまったりする恐れがあります。

返済を続けた場合との比較をする必要がある

借金を完済するときは、返済を続けた場合との返済総額の比較が必要です。

また、現在の生活や収入と支出を踏まえて、一括返済すべきかどうかを考えなければなりません。

このような作業が面倒に感じる方もいるでしょう。

返済総額の計算については、モビットのコールセンターに問い合わせれば代行してくれる可能性があります。

モビットコールセンター
電話番号:0120-24-7217
営業時間:9:00~21:00

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの一括返済を選んだ方がよいケース

一括返済を選ぶべきかどうか、慎重に考えることが大切です。次のようなケースでは、SMBCモビットの借入金を一括返済してもよいでしょう。

支出と収入のバランスをとれている

収入に対して支出が少なく、毎月安定して貯蓄ができている場合は、一括返済による生活への影響を抑えられます

ただし、返済総額に対して貯金が少ない場合は、一括返済は避けた方がよいでしょう。

一括返済したうえで、多額の出費があっても生活が困窮しない場合に一括返済を検討するのが大切です。

安定的かつ継続的に収入を得ている

SMBCモビットは、アルバイトや契約社員、派遣社員でも、安定的かつ継続的に収入を得ていれば利用できます。

しかし、借り入れてから収入の状況が変わる場合もあるでしょう。

現在、安定的かつ継続的に収入を得ていないのであれば、むやみに一括返済はしないのが大切です。

正社員で会社の成績もよく、解雇される原因もないのであれば、安定的かつ継続的に収入を得ていると言えます。

借金が大きなストレスになっている

抱えている借金に大きなストレスを感じている場合は、いち早く完済したいところです。

借金で頭がいっぱいになると、仕事でミスが増えて、結果的に収入に影響が及ぶ可能性があります。

ある程度の貯金がある

一括返済と大きな出費が重なっても問題がないほどの貯金がある場合は、早く完済した方が返済総額から見てもお得です。

例えば、貯金が100万円ほどあれば、20~40万円を一括返済しても余力が残ります。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの一括返済の方法

それでは、SMBCモビットの一括返済の手順を詳しくみていきましょう。

1.返済総額を確認する

返済総額を確認したうえで、一括返済のパターン返済を続けるパターンの利息を比較しましょう。

SMBCモビットの返済シミュレーションを利用すれば、利息を簡単に計算できます。

現在の利用残高から算出できるため、手軽に利用できるでしょう。

2.提携ATMの利用か銀行振り込みで完済する

SMBCモビットで一括返済ができるのは、銀行振込か提携ATMへの入金のみです。

口座振替では一括返済できません。また、銀行振込にかかる手数料は自己負担のため、注意しましょう。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの一括返済でよくある質問

SMBCモビットの借金を一括返済について、よくある質問にお答えします。

Q.1,000円未満の端数が残ったらどうしたらいい?

ATMで一括返済する場合、1,000円未満の端数が残る場合があります。

端数は、提携ATMか銀行振り込みで支払いましょう。ただし、硬貨を取り扱えない提携ATMもあるため注意が必要です。

また、支払い額が多すぎて預かり金が発生した場合は、返金してもらえます。

スマホやパソコンから会員専用サービス「Myモビ」の「Myモビメッセージ」を確認しましょう。

Q.完済後に再び借り入れられる?

一度、完済すると、二度と借りられないのではないかと不安になる方もいるかもしれません。

SMBCモビットは、解約しない限り何度でも借入が可能です。

ただし、解約しない場合は、いつでもお金を借りられる状態になるため、他の金融機関の借入審査を受けるときに不利になります。

年収の3分の1以上は、総量規制によって借入できません。今後、他の金融機関から借り入れる予定の場合は、SMBCモビットを解約した方がよいでしょう。

Q.一括返済すると営業電話がかかってくる?

完済すると、再び利用することを促すための営業電話がかかってこないか不安に感じる方もいるでしょう。

SMBCモビットでは、定期的にキャンペーンの案内が届きます。しかし、利用を促すような連絡はないため、心配はありません

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

SMBCモビットの一括返済は状況を見て判断する

SMBCモビットの借入金を一括返済する場合は、デメリットに対してメリットが上回っているか確認しましょう。

生活が困窮している状態で無理に返済すると、状況が悪化する可能性があります。

一括返済で完済した場合と、返済を続けた場合の利息を比較したうえで、正しく選択するのが大切です。

>>SMBCモビットの公式サイトはこちら

関連コラム