アイフルでは1000円単位の借入も可能!必要なだけお金を借りる方法とは

最終更新日:
アイフルでは1000円単位の借入も可能!必要なだけお金を借りる方法とは

「1000円、5000円など最低限必要な金額だけをその都度借り入れたい」
「急な飲み会が入ったので3000円だけ必要になった」

そんな時に心強い味方となってくれるのが、アイフルのカードローン。

アイフルのカードローンなら借り入れ方法によっては1000円単位(1万円未満)での借入が可能です。

今回はアイフルで1000円単位の借り入れを行う方法や、借入残高が1000円以下になった場合の返済方法などについて解説します。

無駄なく最小限の額を借りたいと考えている方は、この記事を参考にしてみてください。

アイフルで1000円単位のお金を借りるメリット

わざわざ1000円単位でお金を借りることになにかメリットはあるのか?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

少額借り入れには、1万円単位の借り入れにはない様々なメリットがあります。

余計な利息を払わずに住むのでお得!

1000円単位でお金を借りる一番のメリットは、余計な利息を払わないで済むことです。

例えば少し余計に1万円借りた場合、その1万円に対して金利がかかるのでどうしても利息は高くなってしまいます。

一方、1000円単位で必要最低限だけ(例えば3000円や5000円だけ)借りた場合は、その分利息も低くなります。

利息を1円でも減らしたいのならば、1000円単位での借り入れがおすすめです。

返済期間を短くできるのが精神的に楽!

1000円単位で借り入れると、返済額が少ない分返済期間も短くできます

返済期間が短くなれば、精神的、経済的な負担を受ける期間も少なくなります。

借金があると知らずしらずのうちにストレスを抱えてしまうものですが、1000円単位の借り入れならストレスを最小限に抑えられるでしょう。

アイフルで1000円単位のお金を借りるデメリット

上記の通りいくつかのメリットが存在する1000円単位での借り入れですが、一方でデメリットもあります。

返済方法次第ではATM手数料が割高になる

アイフルでは返済方法次第で手数料がかかります。

返済額が1万円以下の場合、手数料は110円です。つまり、返済金額の1%以上の手数料が取られてしまうわけです。

少額借入の場合は、返済手数料が無料なアイフルATMからの返済を強くおすすめします。

短期間で何度も借り入れしてしまいがちになる

1000円単位の金額を簡単に借りられるのはメリットなのですが、裏を返すと余計な借金をしてしまう原因にもなります。

「細かく何度も借り入れをしたらいつの間にか返済不能な金額まで借金が膨れ上がっていた」などの大変な事態にならないよう注意が必要です。

アイフルで1000円単位でお金を借りられる方法3選

アイフルは様々な借り入れ方法を用意していますが、そのうち1000円単位で借り入れが可能なのは「アイフルATM」「振込融資」「セブン銀行ATM」の3つです。

これらの方法を選べば、1000円単位(1000円、2000円、3000円……)での借り入れができます。

それ以外の方法を選んだ場合は、1万円単位での借り入れとなるので注意しましょう。

1000円単位でお金を借りる方法(1)アイフルATM

アイフルATMは、日本各地に設置されているアイフルの自社ATMです。

手数料は365日いつでも無料、営業時間内ならばいつでも自由に1000円単位から借りられます。

アイフルATMの営業時間

平日
0時~2時、3時~24時
土曜
0時~2時、3時~23時
日曜
7時~24時
祝日
0時~2時

アイフルATMの設置箇所を検索

1000円単位でお金を借りる方法(2)振込融資

振込融資は、自分の金融機関の口座にお金を振り込んでもらう借り入れ方法です。

手数料は無料でカードも不要かつ、平日14時10分までに申し込めば当日の振り込みも可能になります。

振り込み名義は「アイフル㈱」もしくは「AIセンター」の中から選べるので、通帳を見られるのが心配な方は後者を選ぶといいでしょう。

1000円単位でお金を借りる方法(3)セブン銀行ATM

アイフルは様々なATMと提携していますが、そのうちセブン銀行は1000円単位での借り入れに対応しています。

手数料は有料(借入金額が1万円以下の場合は税込110円、1万円を超える場合は220円)となっています。

セブン銀行ATMの設置箇所を検索

アイフルで1000円単位で借り入れる最もお得な方法

1000円単位で借りられる方法は「アイフルATM」「振込融資」「セブン銀行ATM」の3通りあります。

それぞれメリットとデメリットがあるため、自分の用途に合った手段を選びましょう。

メリット デメリット
アイフルATM ● 手数料無料
● 対応時間帯が比較的長い
● すぐに借りられる
● 24時間対応ではない
● ATMの数はそれほど多くない
振込融資 ●手数料無料
● 24時間いつでも申し込み可能
● 自宅で手続きできる
● 申し込んだ時間帯によっては翌日以降に回される可能性がある
セブン銀行ATM ● 全国のセブンイレブンで手続きできる
● すぐに借りられる
● 手数料は有料
● ATMがあるところまで行く必要がある

手数料無料で手続きをしたい場合は、アイフルATMもしくは振込融資がおすすめです。

どちらも時間帯に関わらず手数料無料なので、余計な出費をせずに済みます。

自宅から手続きをしたいなら、振込融資がおすすめです。

インターネットから簡単に申し込めるため、近くにアイフルATMやセブン銀行ATMがない人でも申し込めます。

すぐに(その場で)お金を借りたい場合は、アイフルATMもしくはセブン銀行ATMがおすすめです。

振込融資だと、時間帯によっては振り込みが翌日以降に回されてしまうので注意しなければいけません。

アイフルに1000円未満の端数を返済する方法

アイフルでは、原則として返済も最小で1000円単位でしかできません。

そのため、ATMだけで返済をしていると、1000円未満の端数が借入残高として残ってしまいます

このような場合、残った端数はどうやって返せばよいのでしょうか。

1000円未満の残高は「無利息残高」となる

アイフルでは、1000円未満の借入残高は「無利息残高」として扱われます。

無利息残高とは、文字通り利息がつかず、支払期限も設定されない残高です。

利息がつかないので、借入残高をどれだけ長期間放置しても借金は増えませんし、遅延損害金も発生しません。

ローンを解約する意志がない場合はしばらく放置しても特に問題はないでしょう。

借入残高を残したくない場合は銀行口座で返済可能

ローンを解約したい場合、もしくは借金を0にしてから別のローン(住宅ローンなど)の審査に臨みたい場合などは、無利息残高分も返済する必要があります。

アイフルには1000円未満での返済ができる銀行口座による返済方法があるので、そちらを利用するといいでしょう。

1000円単位での借り入れがしたいならアイフルがおすすめ!

  • 1000円単位での少額借り入れならアイフルがおすすめ
  • アイフルの自社ATMや振込融資を使えば手数料も無料
  • 1000円未満の借入残高は無利息残高として扱われる

アイフルでは1000円単位での借り入れが可能ですが、このような少額借入ができる消費者金融はあまり多くありません。

少しでも借入金額を少なく抑えて、利息の支払いを減らしたいという方には、アイフルでの借り入れがおすすめです。

アイフルATMや振込融資ならば手数料も無料なので、とってもお得ですよ。

最小限の借入で計画的な利用をしたい方は、ぜひこの記事で紹介した方法を活用してください。

人気 アイフル

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 WEB申込なら最短25分
融資時間 WEB申込なら最短25分
利用限度額 最大800万円
郵送物一切なし!
カードレスだからスマホひとつで簡単操作!
  • 24時間365日、いつでも申込み可能、WEB申込なら融資まで最短25分、即日融資が可能なカードローン!更に最大30日間利息は0円!
    ※融資時間はお申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
  • 無担保・無保証人で借り入れOK。
  • 20~60代まであらゆる人におすすめ。

関連コラム