銀座カラーは妊娠中は脱毛できない?妊娠した時の対処法をチェック!

最終更新日:
銀座カラーの脱毛は妊娠中は施術不可?妊娠した時の対処法をチェック!

脱毛サロンに通い始めると、毛周期や予約日時の兼ね合いもあり、脱毛完了するまでの期間は長期にわたります。

「脱毛期間中に妊娠したらどうしたらいい?」
「妊娠に気付かず脱毛してしまっても大丈夫?」

今回は、銀座カラーは妊娠中に利用できるのかや、脱毛期間中に妊娠した場合の休会申請について詳しくご紹介していきます。

脱毛期間中の妊娠について悩みや不安がある人は要チェックです!

銀座カラーで妊娠中は施術できない理由

銀座カラーでは、妊娠中の施術についてはNGと決まっています。

    妊娠中に脱毛施術できない理由

  • ホルモンバランスの変化で脱毛効果が不安定になる
  • 肌トラブルが起きやすくなる可能性が上がる
  • 通常時より痛みを感じやすくなる可能性がある

では、それぞれの理由について詳しく解説していきましょう。

ホルモンバランスの変化で脱毛効果が不安定になる

女性の身体は妊娠すると生理が止まり、体が赤ちゃんを守るため、お母さんになるための準備を開始します。

すると、通常とは違うホルモンバランスになるため、今まで生えなかった場所に毛が生えてきたり、今までより太い毛が生えてきてしまう経験をする人も。

ホルモンバランスが不安定な状態で照射をしても、脱毛の効果が薄くなる可能性があり、妊娠中の脱毛はNGとなっています。

肌トラブルが起きやすくなる可能性が上がる

妊娠すると毛の状態が変化するだけでなく、肌も敏感になる可能性が高く肌トラブルに悩む人も。

軽い刺激で変色してしまった、痒みが出てしまった、かいていたらかぶれてしまった、ひっかいた跡が傷として残ってしまう可能性もあります。

銀座カラーの光脱毛の照射は少なからず肌へ熱が加わるので、肌トラブルが起きやすい状態では脱毛はできません。

通常時より痛みを感じやすくなる可能性がある

ホルモンバランスが崩れ肌が敏感になると、かぶれなど表面的な問題だけでなく、痛みを通常より感じやすくなる場合があります。

照射の際に痛みを感じやすいと、部位に合わせた照射パワーで施術ができない可能性も。

せっかく施術をしたとしても、毛を処理できるだけの効果を出せず、脱毛1回分を無駄にしてしまいます。

効果を出そうと照射パワーをあげてしまうと肌トラブルにも繋がり、より痛みを感じてしまうため、母体に負担がかかり赤ちゃんに悪影響が及ぶトラブルも起こりかねません。

無理をしてもメリットはありませんので、妊娠中は脱毛に行かないようにしましょう。

脱毛中に妊娠した場合のよくある質問

脱毛中の妊娠について、今回銀座カラーのコールセンターに実際に問い合わせをしてみました。

これを読めば銀座カラーで脱毛を受ける際も安心感がアップしますよ!

妊娠初期に気付かず照射してしまったら?

脱毛中の妊娠について、一番多い質問が『妊娠していたのに気付かなかった場合どうなってしまうのか』です。

妊娠初期につわりなどの自覚症状がない人もいるので、可能性としては十分あり得ます。

銀座カラーの脱毛方法は光脱毛機で行なわれる「IPL脱毛」です。

IPL脱毛で使用する光は、赤ちゃんや人間の身体に影響のある紫外線やX線は含まれておらず、表皮から毛根までの深さにしか届かないため、妊娠に気付かず施術をしてしまっても赤ちゃんや人体に影響はありません。

IPL脱毛とは?

IPL脱毛とは、IPLは「インテンスパルスライト」の略で、インテンスは「激しい光」パルスは「短時間に流れる電流」ライトは「光」の意味。

光が毛の黒いメラニン色素に反応し、毛根にダメージを与えて徐々にムダ毛をなくしていく脱毛法となっています。

医療用脱毛レーザーに比べて照射強度が低く、刺激も少ないのが特徴で、やけどなどの被害が起きにくい脱毛方法である理由から、現在美容脱毛で多く使われている脱毛法となります。

妊娠・出産で脱毛を一時休止できるのか

続いて多い質問内容が、『妊娠や出産で施術期間の延期や一時休止ができるのか』です。

銀座カラーには休会制度があり、電話をして「妊娠したので休会したい」と伝えるだけで簡単に休会ができます。

そのため解約する必要はありませんし、詳しく理由を伝えたり難しい契約変更をする手間もかかりません。

休会の報告ができるコールセンター

休会の連絡だけでなく、銀座カラーで脱毛やサービス内容についてのトラブルなどがあれば、コールセンターで相談ができます。

■ 銀座カラーコールセンター
TEL:0120-360-286
受付時間:平日12時~21時、土日祝10時~19時

土日祝もやっていますので、妊娠がわかったらすぐに連絡をしましょう。

連絡が遅くなってしまうと、連絡する前の脱毛分は休会期間ではなく消費されてしまうので、料金を無駄にしないためにも早めの連絡が重要です。

無制限プランでも休会が必要

銀座カラーの全身脱毛には「無制限メンテナンス付プラン」がありますが、そちらに関しても妊娠した際は休会の手続きをしておきましょう。

期間無制限なら「妊娠しても通わなければよい」と思いがちですが、7回目の施術が終わった後1年間休会連絡なしに期間が空いてしまった場合、コースが自動的に終了してしまいます。

銀座カラー側としては長い期間通っていなければ施術に満足している=コースを終了しても良い、と認識されてしまうようです。

そのため、無制限コースでもきちんと休会の届けを出すようにしましょう。

休会は無料で制限期間もなし!

銀座カラーでは、休会の期間は特に設けられておらず料金が追加になる仕組みもありません

再開したい場合はコールセンターへ連絡し、脱毛再開の予約を取りましょう。

また、休会期間中には料金の発生もありません。

銀座カラーの出産後の再開はいつから?

出産後の脱毛再開はいつからできるのかについては、『出産後に安定した生理が2回来たら』と決まっています。

授乳中でも生理が2回きちんと来たら脱毛再開が可能です。

ただし、授乳中の場合は「乳輪周り」「胸」「両ワキ」だけは施術が不可能になるので、それ以外の部位のみの再開となります。

銀座カラーでは休会の期間が設けられていませんので、全身同時に再開したい場合は卒乳してからがおすすめです。

銀座カラーでは妊娠したら休会制度を利用しよう

銀座カラーでは、妊娠中はホルモンバランスが変化し、脱毛効果が薄くなったり肌トラブルが起きやすくなるので、脱毛施術はできません。

しかし、休会手続きをしておけば、出産後に落ち着いてから脱毛を再開できます。

  1. 一時休会の手続きは電話一本でOK
  2. 休会手続きや休会中の料金はかからない
  3. 休会期間の制限がないので自分のペースで再開できる

脱毛したいけど途中で妊娠したら…などの不安を抱えている人も、銀座カラーなら安心して利用できるので、まずは無料カウンセリングを受けてみましょう!

関連コラム