プロミスは大学生でも利用できる?家族や友人にバレずに借り入れする方法

プロミスは大学生でも利用できる?家族や友人にバレずに借り入れする方法

「今月飲み会が多くて、お金が足りない!」
「大学生だし、アルバイト収入だけじゃカードローンなんて使えないんじゃ……」

このような悩みを持っている大学生も少なくないのではないでしょうか。

結論から言うと、大手消費者金融のプロミスなら大学生でもお金を借りられる可能性は0ではありません。

この記事では大学生がプロミスでお金を借りる条件と、審査に通過するためのポイントについて説明していきます。

飲み会、旅行費などで困っている大学生の方はこの記事を参考にしてみてください。

大学生がプロミスでお金を借りるための条件

大学生がプロミスでお金を借りるためには、まずプロミスの申し込み条件をクリアしている必要があります。

プロミスの申し込み条件

  • 20歳以上69歳以下
  • 毎月安定した収入がある

プロミス

最短30分で融資可能!WEB申込ならカードレス対応
実質年率4.5%~17.8%/融資上限額最大500万円/担保・保証人不要

18歳・19歳の大学生はプロミスを利用できない

プロミスの申込条件に「20歳以上」の項目がある通り、18歳・19歳の大学生はプロミスを利用できません

日本の民法では未成年の契約行為が認められておらず「未成年が交わした契約は取り消しが可能」とされているのが理由です。

つまり、プロミスに限らず20歳未満の未成年は、カードローンの契約自体が出来ません。

もし20歳未満の大学生がプロミスに申し込みしたとしても、審査に進まずに申し込みがキャンセル扱いになるので注意が必要です。

プロミスの申込条件さえクリアしていれば大学生でも利用できる

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされている方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。
引用:プロミス公式サイト「よくあるご質問・お問い合わせ お申込みについて」

上記の通り、プロミスでは大学生でも20歳以上かつアルバイトなどで毎月安定した収入があれば、問題なく申し込みが可能です。

プロミスは保証人不要

プロミスの借入は保証人が不要なので、借入時親や友人に保証人を頼む必要がありません。つまり、プロミスであれば誰にもバレずに借入が可能です。

大学生がプロミスの審査に通るためのポイント

プロミスの申し込みをすると、お金を借りるための審査が必ず行なわれます。

審査に通るためには以下の4つのポイントが重要になりますので、押さえておくようにしましょう。

  • 他社ローンの延滞履歴がない
  • 借入希望額が大きくない
  • 他社借入の総額が大きくない
  • 申し込みブラックではない

他社ローンの延滞履歴がない

信用情報に延滞履歴が残っている状態(いわゆるブラックリスト)だと、プロミスの審査に通過するのは難しいでしょう。

なぜなら、延滞履歴があると、その人には返済能力がない=お金を貸すべきではないと判断されるためです。

信用情報に履歴が残る例

  • 他社カードローンへの申し込み・返済
  • クレジットカードの申し込み・支払い
  • 携帯料金の支払い(端末代分割分)

このようなやり取りは全て記録されているため、延滞をした事実はプロミス側にも知られてしまいます。

延滞の履歴は個人信用情報機関にて保持され、延滞を解決してから5年間は新たな借入が出来なくなるので注意しましょう。

希望額が大きくない

プロミスをはじめとした消費者金融では、総量規制によってあらかじめ借入可能額の上限が決められています。

総量規制は、貸金業者で定められている「借入の総額を年収の3分の1以下に収めなければならない」決まりです。

借入可能額は年収の3分の1が上限となるので、例えば年収90万円の大学生の場合、借入可能額の上限は30万円です。

最初から上限額を借り入れできるケースは非常に少なく、30万円を希望して審査に通ったとしても、低い金額での借入になるのは間違いないでしょう。

大学生の場合、最初は5万円などの少額から申し込むのをおすすめします。

他社借入の総額が大きくない

他社借入の総額が大きければ、先ほど説明した総量規制の観点からプロミスの審査に通りにくくなります。

例えば、年収90万円の大学生が既に30万円他社で借入している場合、新たな借入は不可能です。

上記のように極端な状況ではなくても、「他社から借入をしている状態では返済が苦しいのでは」と判断され、審査に影響が出る可能性があります。

申し込みブラックではない

借入の申し込みをすると、その履歴は個人信用情報登録機関に登録されます。

短期間に複数社申し込みをした情報が残っていると、信用照会の際にお金に困っていると判断され、プロミスの審査に通らなくなります。

これは「申し込みブラック」とも呼ばれ、他社の審査にも非常に通過しにくい状態です。

この申し込み履歴は6ヶ月間記録されるため、次回以降の申し込みは6ヶ月以上の間を開けてから行なうのをおすすめします。

大学生がプロミスの利用を親や友人にバレないようにする方法

プロミスからの借入がバレてしまう場合、下記のようなケースが考えられます。

● プロミスのカードが家に届いた
● 無人契約機やプロミスの店舗に出入りしている
● プロミスのカードが財布に入っている

これに対して、大学生がプロミスを利用を親や友人にバレないようにするには下記の3点に気を付ける必要があります。

  • WEB完結申し込みでプロミスに申し込む
  • WEB明細を利用する
  • 返済日を守る

WEB完結申し込みでプロミスに申し込む

WEB完結「カードレス」を選択すると、スマホの専用アプリだけで借入が可能になり、自宅にローンカード等の郵送物が届く心配がありません

お金を引き出すのは、普段から自分が利用している銀行やATMからなので、プロミスの借入がバレる可能性も低いでしょう。

Web明細を利用する

プロミスを利用すると、自宅へ利用明細が郵送されてきて家族にバレてしまうリスクがあります。

利用明細については、申し込み時や会員サービス内で「自宅へ郵送」「勤務先へ郵送」「WEB明細」の3つを選べるので、WEB明細を選択しておきましょう。

返済日を守る

プロミスではWEB完結申し込みをしていれば、基本的に郵送物を回避できます。

しかし、返済日の支払いに遅れた場合の「督促状」の郵送は止められません

支払いが間に合わないのが分かっている時は、前もってプロミスの返済相談専用ダイヤル(0120-69-1549)に相談しましょう。

そうすれば、個別に支払いや郵送物について対応を検討してもらえる可能性があります。

アルバイト先への在籍確認は必ず行なわれる

プロミスで借入する場合、バイト先への電話による在籍確認が必ず行なわれます。

在籍確認はプロミス担当者が個人名で電話をかけてきますが、プロミスの名前を明かすわけではないので利用がバレる心配はありません。

また、在籍確認の電話は、在籍の確認が取れれば良いので本人が出なくても大丈夫です。

在籍確認の例
プロミス担当者「私、〇〇(個人名)と申します。□□様はいらっしゃますでしょうか?」
バイト先の対応者「□□は本日出勤しておりません。」
プロミス担当者「分かりました。再度ご本人に掛けなおします。失礼します」

これで在籍確認は終了しますので、在籍確認を不安に思う必要はありません。

まとめ

  • 20歳以上で収入があれば大学生でも借入が出来る
  • プロミスのWEB完結申し込みであれば家族や友人に借入がバレる心配はない
  • 在籍確認は個人名でかかってくるので安心

20歳以上で安定した収入がある状態であれば、大学生でもプロミスでの借入が可能です。

また、WEB完結なら親や友人にバレずに借入しやすくなるので、興味がある方はそちらをご利用ください。

在籍確認についても、プロミスの担当者が個人名で電話を掛けるので、利用がバレる心配もありません。

延滞時の督促状については止める手段がないので、支払いに困らないようしっかりと返済計画を立ててから借入をしましょう。

→プロミスを利用する

プロミス

最短30分で融資可能!WEB申込ならカードレス対応
実質年率4.5%~17.8%/融資上限額最大500万円/担保・保証人不要

関連コラム