プロミスは大学生でも利用できる?親にバレずに安心して借入する方法

最終更新日:
プロミスは大学生でも利用できる?親にバレずに安心して借入する方法


「大学生でアルバイトだとプロミスの審査には通らない?」
「飲み会や学費のためのお金が必要!」

このように考えている大学生の方は少なくないのではないでしょうか。

結論から言うと、大手消費者金融のプロミスなら大学生でもお金を借りられる可能性が0ではありません。

この記事では大学生がプロミスでお金を借りる条件と、審査に通過するためのポイントについて説明していきます。

飲み会や旅行費など、すぐに必要なお金が足りなくて困っている大学生の方はこの記事を参考にしてみてください。

プロミスで大学生がお金を借りる条件

大学生がプロミスでお金を借りるためには、まず以下の申し込み条件をクリアしている必要があります。

    プロミスの申し込み条件

  • 20歳以上69歳以下
  • アルバイトで毎月安定した収入がある

10代の大学生はプロミスを利用できない

プロミスの申込条件に「20歳以上」の指定がある通り、18歳・19歳の大学生はプロミスを利用できません

日本の民法では未成年の契約行為が認められておらず「未成年が交わした契約は取り消しが可能」とされているのが理由です。

したがって、大学生であるかといった身分は関係なく、またプロミスに限らず20歳未満の未成年は、カードローンの契約自体が出来ません。

もし20歳未満の大学生がプロミスに申し込みしたとしても、審査に進まずに申し込みがキャンセル扱いになるので注意が必要です。

プロミスの申込条件さえクリアしていれば大学生でも利用可能

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされている方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。
引用:プロミス公式サイト「よくあるご質問・お問い合わせ お申込みについて」

上記の通り、プロミスでは大学生でも20歳以上かつアルバイトなどで毎月安定した収入があれば、問題なく申し込みが可能です。

プロミスは保証人不要

プロミスの借入は保証人が不要なので、借入時親や知人に保証人を頼む必要がありません。つまり、プロミスであれば誰にもバレずに借入が可能です。

プロミス以外に大学生が利用できる学生ローンとの比較

大学生などの学生がプロミスといったカードローンを利用検討する際、学生ローンとどう違うのか気になる方もいるかもしれません。

学生ローンは学生を対象としているので上限金利が低いといったメリットがありますが、長期利用を考えるとプロミスの方が良いでしょう。

    プロミスを利用するメリット

  • プロミスには無利息期間が存在する
  • 土日祝日や夜間でもプロミスへの借入・返済が可能
  • 融資の限度額が幅広い

プロミスには学生ローンにはない「無利息期間」が存在する

プロミスの利用が初めての方には、30日間無利息キャンペーンが適応されます。

  • プロミスと初めて契約する
  • メールアドレスを登録
  • 書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

上記の条件をクリアするだけで、30日間分の利息が発生しなくなるお得なキャンペーンです。

また、プロミスのインターネット会員サービスを利用すると貯まるポイントでも、無利息期間を延長できるようになっています。

学生ローンには無利息期間がないため、短期的な支払いの場合はプロミスの方が利息を低くできる可能性もあるでしょう。

借入金額や期間を考えて、よりお得な方法を選ぶのがおすすめです。

対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込 100ポイント 初回登録時のみ
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログイン時
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」を確認する 5~20ポイント 「プロミスからのお知らせ」内で獲得ポイント数が記載されている場合のみ
収入証明書類の提出 160ポイント 同じ年(1月1日~12月31日)の書類は、原則として初回のみポイント獲得
ご返済日お知らせメール 各1ポイント 毎月月末時点で対象サービスに登録している場合、各サービスにつき1ポイント獲得
取引確認メール
プロミスのホームページで書面(Web明細)の受取

※取引状況によっては、プロミスポイントサービスに申し込めない場合があります。

無利息期間延長に必要なポイント数
必要ポイント 250ポイント 400ポイント 700ポイント
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間

ポイントを利用する場合、利息以上の返済をした(完済している場合は再度借り入れた時)取引の翌日から無利息期間が適用されます。

その他、40ポイントを利用して提携ATMの手数料を一回分無料にする使い方も可能です。

手数料がかからない返済方法は多くあるため、ポイントは金利がない期間の追加に使用するのをおすすめします。

土日祝日や夜間でもプロミスへの借入・返済が可能

プロミスの実店舗(お客様サービスプラザ)は、多くの学生ローンと同じく平日の日中のみ営業しています。

しかし、プロミスでは営業時間外でも、専用ATMの他に全国にある金融機関の提携ATMなどを利用できます

また、インターネット上で全て完結するサービスも行なっているので、24時間365日場所を問わず申し込めるのもメリットです。

プロミスの方が融資の限度額が幅広い

プロミスの融資額は1万円~500万円と、一般的な学生ローンに比べて10倍ほどの幅があります。

もちろん、利用者の借入可能額は最大でも年収の3分の1ですし、最初からその上限が適用されるわけではありません

大学生の間に限度額の面で恩恵を感じる機会は少ないですが、今後もカードを持ち続けるなら、将来的に使いやすいのはプロミスだと言えます。

プロミスの審査に大学生が通過するコツ

プロミスの申し込みをすると、お金を借りるための審査が必ず行なわれます

審査に通るためには以下のポイントが重要になるので、チェックしておきましょう。

  • 他社ローンの延滞履歴がない
  • 借入希望額が大きくない
  • 他社借入の総額が大きくない
  • 申し込みブラックではない

他社ローンの延滞履歴がない

信用情報に延滞履歴が残っている状態(いわゆるブラックリスト)だと、プロミスの審査に通過するのは難しいでしょう。

なぜなら、延滞履歴があると、その人には返済能力がない=お金を貸すべきではないと判断されるためです。

    信用情報に履歴が残る例

  • 他社カードローンへの申し込み・返済
  • クレジットカードの申し込み・支払い
  • 携帯料金の支払い(端末代分割分)

このようなやり取りは全て記録されているため、延滞をした事実はプロミス側にも知られてしまいます。

延滞の履歴は個人信用情報機関にて保持され、延滞を解決してから5年間は新たな借入が出来なくなるので注意しましょう。

希望額が大きくない

プロミスをはじめとした消費者金融では、総量規制によってあらかじめ借入可能額の上限が決められています。

総量規制は、貸金業者で定められている「借入の総額を年収の3分の1以下に収めなければならない」決まりです。

借入可能額は年収の3分の1が上限となるので、例えば年収90万円の大学生の場合、借入可能額の上限は30万円です。

最初から上限額を借り入れできるケースは非常に少なく、30万円を希望して審査に通ったとしても、低い金額での借入になるのは間違いないでしょう。

大学生の場合、最初は5万円などの少額から申し込むのをおすすめします。

他社借入の総額が大きくない

他社借入の総額が大きければ、先ほど説明した総量規制の観点からプロミスの審査に通りにくくなります。

例えば、年収90万円の大学生が既に30万円他社で借入している場合、新たな借入はできません。

上記のように極端な状況ではなくても、「他社からも借りている状態では返済が苦しいのでは」と判断され、審査に影響が出る可能性があります。

申し込みブラックではない

借入の申し込みをすると、その履歴は個人信用情報登録機関に登録されます。

    信用情報の一例

  • クレジット関係・ローンの申し込み履歴、契約情報、残高など
  • 毎月の返済状況
  • クレジット会社などが信用情報を照会した記録
  • 債務整理(自己破産など)の記録

短期間に複数社申し込みをした情報が残っていると、信用照会の際にお金に困っていると判断され、プロミスの審査に通らなくなります。

これは「申し込みブラック」とも呼ばれ、他社の審査にも非常に通過しにくい状態です。

この申し込み履歴は6ヶ月間記録されるため、次回以降の申し込みは最短6ヶ月~1年の期間を空けてから行なうのをおすすめします。

審査に必要な書類を準備しておく

プロミスへの申し込みに必要な書類は、大きく分けて「本人確認書類」「収入証明書類」の2種類。

通常、50万円以下の借入で収入証明書類は必要ないのですが、借入金額を高めに希望すると提出を求められる可能性があります。

本人確認書類
運転免許証 これらのうち、いずれか1つが必要(最新の情報が記載されている必要がある)
健康保険証+1点(住民票、公共料金の領収書等)
パスポート
マイナンバーカード(通知カードは不可) 申し込み方法によっては利用できないので要確認

※記載されている住所と現在の住所が異なる場合、公共料金の領収書や住民票の写しなどを追加で送付する

収入証明書類
最新の源泉徴収票 これらのうち、いずれか1つが必要
最新の確定申告書
税額通知書
最新の所得(課税)証明書(「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
給与明細書(直近2ヶ月分+1年間の賞与明細)

勤務先への在籍確認をクリアする

プロミスで借入する場合、アルバイト先への電話による在籍確認が必ず行なわれます。

在籍確認はプロミス担当者が個人名で電話をかけてきますが、プロミスの名前を明かすわけではないので利用が知られる心配はありません

また、在籍確認の電話は、利用者が職場に在籍している確認が取れれば良いので本人が出なくても大丈夫です。

アルバイト先への在籍確認の時間は少し融通が利く

申し込んだタイミングがアルバイト先の定休日だったり、プロミスの営業時間と電話に応対できる時間が違って困る方もいるかもしれません。

プロミスの在籍確認は電話で行なわれますが、事前に連絡しておけば日時の変更が可能です。

詳細に何時何分、などの指定はできませんが「月曜日の午後3時以降」「11時~13時は避けてほしい」などの指定をすれば、スムーズに在籍確認をしやすくなります。

日時の希望がある場合は、申し込み後すぐにプロミスコール(0120-24-0365)に連絡しておきましょう。

プロミスの在籍確認はプロミス主導の下行われるので、事情があって在籍確認ができない時間があるといった消極的な理由で時間を変更してもらえます。

大学生がプロミスの利用をバレない方法

プロミスからの借入が親バレしてしまう要因としては、下記のような例が考えられます。


● プロミスのカードが家に届いた
● 無人契約機やプロミスの店舗に出入りしている
● プロミスのカードが財布に入っている
● 利用明細や督促状などの郵便物が届いた


親にプロミスの利用がバレないようにするには以下のポイントに気を付けてください。

    プロミスの利用を隠すためのポイント

  • WEB完結申し込みでプロミスに申し込む
  • WEB明細を利用する
  • 返済日を守る

WEB完結申し込みでプロミスに申し込む

WEB完結「カードレス」を選択すると、スマホの専用アプリだけで借入が可能になり、自宅にローンカード等の郵送物が届く心配がありません

お金を引き出すのは、普段から自分が利用している銀行やATMからなので、プロミスの借入を疑われる可能性も低いでしょう。

Web明細を利用する

プロミスを利用すると、自宅へ利用明細が郵送されてきて親にバレてしまうリスクがあります。

利用明細については、申し込み時や会員サービス内で「自宅へ郵送」「勤務先へ郵送」「WEB明細」の3つを選べるので、WEB明細を選択しておきましょう。

返済日を守る

プロミスではWEB完結申し込みをしていれば、基本的に郵送物を回避できます。

しかし、返済日の支払いに遅れた場合の「督促状」の郵送は止められません

支払いが間に合わないのが分かっている時は、前もってプロミスの返済相談専用ダイヤル(0120-69-1549)に相談しましょう。

そうすれば、個別に支払いや郵送物について対応を検討してもらえる可能性があります。

プロミスは大学生も心配なく利用できる

  • 20歳以上で収入があれば大学生でも借入が出来る
  • プロミスのWEB完結申し込みであれば借入が親バレする可能性は低い
  • 在籍確認は個人名でかかってくるので安心

20歳以上で安定した収入がある状態であれば、大学生でもプロミスでの借入が可能です。

また、WEB申込なら親バレせずに借りすいので、心配な方はそちらをご利用ください。

在籍確認についても、プロミスの担当者が個人名でアルバイト先に電話を掛けるので、利用状況を知られる心配もありません。

延滞時の督促状については止める手段がないので、支払いに困らないようしっかりと返済計画を立ててから借入をしましょう。

人気 プロミス

実質年率 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 限度額50万円以内なら必要書類は運転免許証だけ。
    安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!

関連コラム