銀座カラーの日焼け肌への対応は?日焼け後でも脱毛する方法とは

最終更新日:
銀座カラーの日焼け肌への対応は?日焼け後でも脱毛する方法とは

脱毛を受けている場合、サロンから「日焼けには気を付けてください」と言われるのが一般的。

美容脱毛サロン大手の銀座カラーも例外ではなく、最悪施術を断られてしまう場合も。

今回は、銀座カラーの日焼け対応や、日焼けしてしまったときの対処日焼けしても脱毛ができるサロンについて詳しくご紹介していきます。

脱毛を順調に進めるためにも、うっかり日焼けの予防を徹底しましょう!

銀座カラーは日焼け肌は施術不可

銀座カラーでは、公式サイトで施術できない条件として「日焼けをしてお肌が黒い方、日焼けによる肌ダメージがある方」の記載があります。

脱毛するだけなのに、なぜ日焼けが問題なの?と疑問に思う人もいますよね。

日焼け肌が脱毛できないのには、大きく分けて二つの理由があります。

日焼け肌で脱毛ができない理由

銀座カラーなど、多くの脱毛サロンではIPL方式で黒い色素に反応する光を照射します。

光のエネルギーは毛の黒い色素を介して高熱となり、毛根付近にある発毛細胞にダメージを与える仕組みです。

肌が黒いとそちらにも反応してしまうので、光のエネルギーが分散して脱毛効果が十分に得られないだけでなく、強い痛みやヤケドのリスクが高まります。

そのため、銀座カラーに限らずこの方式を採用している脱毛サロンでは、黒く日焼けした肌には施術をお断りしているのです。

黒くなくても日焼けダメージがあるとダメ

施術で照射する光は少なからず肌に刺激を与え、肌内部に熱を発生させて火照りやすくなります。

日焼け直後のダメージ肌は、いわば軽くヤケドして炎症をおこしている状態です。

このような肌に光を照射してしまえば、炎症はさらに悪化して痛みやかゆみが酷くなる可能性が高くなります

皮膚科にかかるレベルまでひどくなってしまっては、もはや脱毛どころではなくなりますよね。

日焼けしてしまっても、人によっては黒くなるまで時間がかかります。

ちょっとヒリヒリするけど、黒くないから予定通り脱毛しよう!なんて思わずに、必ず日を改めるようにしてください。

日焼けを理由にキャンセルできる?

銀座カラーでは、予約当日でも無料でキャンセルができるめずらしい脱毛サロンです。

その理由は問わず、もちろん日焼けが理由でもキャンセルは無料です。

キャンセル方法は、施術開始の1時間前までに専用予約サイトからキャンセル処理をするだけ!

無断キャンセルしない限りペナルティはないので、広範囲に日焼けしてしまったら日を改めて、肌の状態が落ち着くころに改めて予約を入れましょう。

日焼け対策を徹底すれば脱毛できる

銀座カラーでは、全身くまなく脱毛してくれるので日焼け対策も万全でなければなりません。

腕や足などは日焼け止めが塗りやすく、服で隠しやすいので日焼け対策はしやすいですよね。

問題は、気づかないうちに日焼けしてしまいやすい部位です。

どのようなところに気をつけるべきなのか、まずは見落としがちな部位を見てみます。

うっかり日焼けポイント①手足の甲

日焼け対策は万全と思っていても、知らず知らずの間に日焼けしているのが、手や足の甲です。

このような部位のムダ毛は細い産毛が多いので、日焼けしてしまうと肌の黒い色素にエネルギーが分散してしまい、脱毛効果がダウン。

脱毛効果をアップさせるためにも、手の甲は徹底的な日焼け対策が必要です。

手はよく洗ったり摩擦も多く、日焼け止めはすぐに落ちてしまうので、外に出るときはUVカットグローブなどを利用するのがおすすめです。

足の甲が出る靴やサンダルの場合は、直射日光を正面から受けて特に日焼けしやすくなります。

足の甲まで忘れずに、しっかり日焼け止めを塗るようにしてください。

うっかり日焼けポイント②うなじ

うなじは油断するとひどい日焼けになりやすいので特に注意が必要です。

首元が大きく開いた服ではなくても、シャツやブラウスの襟のすき間から日焼けする場合も。

屋外にいる時間が長いと、つい眩しくて太陽に背を向けがちですが、このときうなじはずっと直射日光を浴びているので日焼けしやすくなります。

うなじはデザインにこだわって脱毛したい部位なので、ストールを巻いたり首の後ろまでカバーできる帽子を被ったりと、日に当たる隙を与えないのが大事です。

夏以外も対策を。紫外線は年中降り注ぐ

日焼けの原因となる紫外線は、暑い時期限定ではありません。

紫外線の強さは4月頃から強くなりはじめ、夏をピークに秋もまだまだ降り注ぎます

ちょっと涼しくても油断せず、全身の日焼け止め対策は欠かさず年中行いましょう。

ウィンタースポーツを楽しむ人は、雪面は紫外線をよく反射する点にも注意が必要です。

全身脱毛は顔も含まれているので、ゴーグル焼けしないよう冬でも日焼け止めは必ず塗るようにしましょう。

日焼けしてしまった時のケア方法

うっかり日焼けをしてしまったら、とにかく黒くならないように美白しなくては…と思っていませんか?

日焼け後のケアは、正しい方法で早めが肝心!

とにかく早めに対処すれば、黒くなるのを最小限に抑えられます。

また、シンプルケアで不要な刺激を与えないのも、日焼け肌を早く回復させるポイントです。

熱を持っていたらまずは冷やす

日焼けしてしまうと、肌は赤くなり火照って熱を持ちます。

これは肌が炎症を起こしているサインなので、まずは冷やして炎症を抑えましょう。

肌を黒くする「メラニン色素」は、本来肌の細胞をダメージから守るために生成されます。

つまり、炎症を止めなければダメージを受け続けている状態となり、黒い色素はどんどん作り出されてしまうのです。

炎症が起きている間のお風呂は、なるべく体を温めて肌への刺激を与えないよう、ぬるめのシャワーで済ませてください。

肌が落ち着いたらたっぷり保湿を

日焼け後の肌は、熱を持った影響もありひどく乾燥した状態です。

乾燥は肌の生まれ変わりサイクル、ターンオーバーを低下させてしまい、いつまでも黒い色素が残り続ける肌になってしまいます。

まずは保湿力の高い化粧水やボディクリームなどで、しっかり肌を潤わせましょう。

日焼けした当日だけでなく、ずっと継続していけば肌が次第に整ってきます。

美白成分入りの化粧品は、保湿重視の化粧品より刺激が強い場合があるので、使う場合は肌が完全に整ったあとにしましょう。

銀座カラーは日焼け後いつから脱毛できる?

どの程度の日焼けが施術お断りになるのかは、サロンスタッフの判断次第です。

一般的には、肌のターンオーバーは1ヵ月なので、肌の色が元に戻るまでには1ヵ月はかかると見ておく必要があります。

もし全身日焼けしてしまって、予約の取りなおしが必要になったら、次の予約は最低でも1ヶ月は空けたほうが無難です。

ただ、黒く日焼けした肌になりたい人や、そんなにこまめに日焼け対策はできない!なんて人も当然いますよね。

そんな人でも、脱毛できる方法があります。

日焼けしても脱毛できるサロンがある

【申込】Lacoco(ラココ)全身脱毛サロン

日焼け肌は脱毛不可としているサロンが多い中、日焼け肌も色黒肌もホクロもOK!としているのがラココです。

銀座カラーとの違いは脱毛方式にあり、黒い色素に反応させずに脱毛できる「ルミクス脱毛」を採用しています。

ラココのルミクス脱毛とは

ラココは脱毛機メーカーの直営サロンで、導入している最新SHR脱毛機の名前から「ルミクス脱毛」としています。

ルミクス脱毛の特徴は、ターゲットを黒い色素ではなく毛包(毛穴全体)とし、そこに熱を集中させている点。

色素の有無は関係ないので、日焼けした肌でも脱毛できます。

ただし、炎症や赤みがある肌はやはり脱毛は不可としているので、日焼け直後の脱毛は避けなければなりません。

もし日焼けしてしまったら、先ほど紹介した方法で早めに炎症を落ち着かせてくださいね。

銀座カラーは日焼けした場合は脱毛を延期しよう

銀座カラーなど、従来からあるIPL方式の脱毛サロンでは、日焼け肌は施術ができません。

もし予約日近くに日焼けしてしまったら、施術を断られて出直しになるよりは事前にキャンセルして予約を取りなおす方がスマートです。

銀座カラーでは、どんな理由でも施術1時間前までにキャンセル手続きをすればペナルティなし!

日焼け肌でも問題なく施術できるサロンがよければ、ラココのようなSHR方式のサロンがおすすめです。

ただし、どの場合でも日焼けしたての炎症肌は施術不可能なので、予約日近くは特に日焼けしないよう気を配りましょう!

関連コラム