アイフルの口座引き落としの対応時間は?期日に間に合わない時の対策と対処法

アイフルの口座引き落としの対応時間は?期日に遅れそうな時の対策と対処法

アイフルへの返済で「口座引き落とし(口座振替)」を利用している方は多いのではないでしょうか。

では、口座引き落としが何時に行われているのかはご存知ですか?

毎回余裕を持って入金できるとは限りませんし、「何時の時点でアウトになるのか」も知っておいて損はないでしょう。

今回は、アイフルの口座引き落とし(口座振替)の対応時間や延滞しないための注意点などをお伝えします。

うっかり入金忘れを防ぎ、堅実にアイフルへの返済を続けたい方は必見です!

アイフルの口座引き落とし(口座振替)のメリット

口座引き落とし(口座振替)は、アイフルで利用できる返済方法の1つです。

あらかじめ銀行口座を指定しておくと、毎月決まった日に返済金額がその口座から自動で引き落とされる仕組みになっています。

口座引き落とし(口座振替)を使うと返済忘れがなくなる

アイフルで口座引き落とし(口座振替)以外の返済方法(アイフルATM、提携ATMなど)を選んだ場合、毎月自分で返済手続きを行わなくてはいけません

口座引き落とし(口座振替)をあらかじめ設定しておくとうっかり返済を忘れるミスを防げるので、延滞を防ぎたい方におすすめです。

アイフルの口座引き落とし(口座振替)なら手数料0円

口座引き落とし(口座振替)は手数料0円で行なえるのも大きな魅力。

アイフルで手数料がかからない返済方法はアイフルATMと口座引き落とし(口座振替)のみです。

なお、その他の返済方法の返済手数料は取引金額が1万円以下の場合110円(税込)、1万円を超える場合は220円(税込)となっています。

アイフルの返済方法リスト

公式アプリ アイフルATM 提携先ATM コンビニ 口座振替(自動引き落とし) 銀行振込
土日返済
カード不要
深夜OK
手数料無料

通帳の名義に「アイフル」とは記載されない

アイフルの口座引き落とし(口座振替)を利用した場合、通帳には「SMBCファイナンスサ」または「SMBCファイナンス自払」または「ライフカード(カ」と記載されます。

「アイフル」の文字は表示されないため、万が一通帳を他社に見られてもアイフルからの借り入れがバレる心配はありません。

アイフルの口座引き落とし(口座振替)が行なわれる時間

アイフルの口座引き落とし(口座振替)は非常に便利なサービスですが、引き落としの時間までに口座にお金を入れないと遅延扱いになるリスクもあります。

返済日の前日までにお金を入金するようにするのが最も確実ですが、そうも行かない時もあるかもしれません。

では、当日に入金する場合は何時までに入金すれば大丈夫なのでしょうか?

引き落としの時間は早いと9時、遅いと15時

アイフルの口座引き落とし(口座振替)の時間帯は原則9時~15時となっています。

時間に振れ幅があるのは、口座引き落としに利用する銀行ごとに引き落としの時間が異なるのが理由です。

同じ銀行でも時間が多少ずれる可能性もありますが、引き落としは必ず銀行の営業時間中に行われます。

万全を期したい場合は、引き落とし当日の9時までに入金しておきましょう。

引き落とし日はなるべく給料日後を選ぼう

アイフルでは引き落とし日を6日、13日、23日、27日の中から選べます。返済に当てるお金が足りなくならないよう、給料日の直後を指定した方が良いでしょう。

アイフルの引き落としが間に合わないときの対処法

口座引き落とし(口座振替)の時間に間に合わない場合は、とにかく急いで入金するよりも、アイフルに連絡をしたほうが良いでしょう。

急いで入金をしても間に合わなければ、返済は遅延扱いとなります。たとえ短期間の遅延であっても、信用情報に傷がつくのは望ましくありません。

アイフルに事前に相談しておけば、ATMでの返済や振込、店頭窓口での返済など、他の返済方法を提案してもらえるかもしれません。

引き落とし当日であっても適切なアドバイスを受けられる可能性は十分にありますので、必ず事前に相談しましょう。

会員専用ダイヤル
0120-109-437
営業時間
平日9:00〜18:00

返済が滞ると遅延損害金が発生する

返済が遅れた場合、その理由に関わらず実質年率20%の遅延損害金が発生します。

延滞期間中は通常金利(3.0%~18.0%)が無効になるため、支払う金額にそこまで大きな差がつくわけではありません。

とはいえ、アイフル側の心証は確実に悪くなってしまうので、延滞しないで済むなら手は尽くすべきです。

アイフルの口座引き落とし(口座振替)で入金忘れを防ぎ、時間を気にせずに済む方法

アイフルの口座引き落とし(口座振替)は非常に便利なサービスではありますが、一方で口座への入金を忘れてしまうと残高不足となり引き落としができません

口座に常にお金が十分にあるわけではない人がうっかりによる返済忘れを防ぐにはどうすればいいのでしょうか。

給料が入金される口座と返済口座が同一の場合

この場合は、返済日を給料日の直後に設定しておくと残高不足を防げます。

最初に返済を行ない、残ったお金の中で生活を維持しましょう。

普通に生活して残った金額を返済に当てる方法だと、お金が足りなくなりやすいのでおすすめできません。

給料が入金される口座と返済口座が異なる場合

この場合は、多くの銀行で提供されている定額自動送金サービスを利用すると良いでしょう。

このサービスは、一度手続きを行うと、指定した日に銀行口座から別の口座に自動的に送金をするサービスです。

給料受取口座から返済用口座に毎月一定の金額を送金するように設定しておけば、返済用口座が残高不足に陥らずに済みます。

アイフルの入金は返済前日までにするのがベスト!時間に間に合わないなら電話連絡を

  • 口座引き落とし(口座振替)は毎月自動で返済が行なえる便利なサービス
  • 引き落とし用口座のお金が足りないと遅延扱いになる
  • 引き落とし時間は9時~15時。余裕を持って9時までに入金するのがベター
  • 入金が間に合わない場合はアイフルまで連絡を

アイフルの返済日を守り、なるべく損をしないで完済を目指したいなら、返済忘れを防げる口座引き落とし(口座振替)がおすすめです。

口座引き落とし(口座振替)が実施される時間は9時~15時と振れ幅がありますが、基本的に9時には入金しておきましょう。

もちろん前日までに入金を済ませておくのがベストですが、どうしても時間までに間に合わない場合はアイフル(0120-109-437)に連絡してください。

人気 アイフル

金利 3.0%~18.0%
審査時間 30分
融資時間 1時間
最大限度額 最大800万
条件によっては即日融資も可能! Web完結ならカードレス利用にも対応
  • 安定した収入のある20~69歳の方なら雇用形態を問わず申し込み可能!
  • 1万円からの低額融資や審査通過後の増額審査にも対応!
  • Web申し込みやアプリを利用すれば郵送物なしで利用できる!

関連コラム