プロミスから届く郵便物を避けるには?周囲にバレない利用方法を解説

プロミスから届く郵便物を避けるには?周囲にバレない利用方法を解説

家族に内緒でプロミスを利用したい場合、最も気を付けるポイントは郵便物でしょう。

プロミスからの郵便物には基本的に社名の記載がなく、「事務センター」や差出人が記載されていない状態などで郵送されます。

しかし、利用者本人が郵便物を受け取れなかったり、家族が受け取りを見たりした場合、カードローンでの借入がバレてしまう可能性もあるでしょう。

今回は大手消費者金融会社であるプロミスから送られる郵便物の内容や、郵便物なしでプロミスを利用する方法を解説していきます。

周囲にプロミスの利用を隠しながら利用したい方は必見です!

プロミスから送られる可能性がある郵送物は3種類

プロミスの郵送物(1)プロミスカード

プロミスATMや提携ATMを利用して借入をする場合には「プロミスカード」が必要です。
 
プロミスカードを受け取る方法は複数ありますが、申し込み方法によって選べるカードの受け取り方法が変わってきます。

郵送での受け取りを選択した場合、当然ながら郵便物が届いてしまうため、郵送以外を選択しましょう。

プロミスの申し込み方法と選択できるカード受け取り方法一覧

インターネットで申し込む場合
● インターネット(Web完結)
● 自動契約機
● 店頭窓口
● 郵送
自動契約機で申し込む場合
● 自動契約機
電話で申し込む場合
● 自動契約機
● 店頭窓口
● 郵送
店頭窓口で申し込む場合
● 店頭窓口
郵送で申し込む場合
● 郵送

プロミスの郵送物(2)利用明細

一部提携ATMでの借入・返済

提携ATMでプロミスの利用を行なうと、利用明細が送られてくる可能性があります。

とはいえ、利用明細が送られてくるのはあくまでも一部の提携ATMのみです。

プロミスATMやコンビニATMを利用しても、利用明細が送られてくる事はありません

振込キャッシング

プロミスには、WEBで申し込みをすると指定口座に振り込んでもらえる振込キャッシングのサービスがあります。

振込キャッシングの利用明細はその場で発行できないため、後日郵便物として送られてきます

ネット返済や口座振替の利用

インターネットバンキングを利用したネットむ返済や、毎月の約定返済を口座から自動で引き落とされる口座振替も、その場で利用明細が発行されません。

そのため、プロミスで提供されている「Web明細サービス」を利用していなければ郵送で明細が届きます

プロミスの郵送物(3)延滞時に送られる催促状など

プロミスの返済を延滞すると、まずプロミスから返済依頼の電話がかかってきます。

その電話を無視したり、連絡がとれなかったりした場合は催促状(督促状)、内容証明郵便などが送られてきます。

プロミスの利用を隠したい方は、絶対に延滞をしない返済計画を立てておくのをおすすめします。

郵便物以外の要因でプロミスの利用がバレる可能性もある

家族にバレないように郵便物を気をつけても、郵便物以外でバレる可能性が皆無なわけではありません。

ここでは、プロミスからの郵便物の他にも注意しなければいけない事項について解説します。

プロミスからの督促電話

プロミスの返済を延滞してしまうと、督促の電話がかかってきます。

この電話を本人が受ければ問題ないのですが、場合によっては家族が受ける時もあるでしょう。

家族が電話を受けてもプロミスと名乗りはしませんが、怪しまれる可能性はあります。

プロミスの返済を延滞してしまいそうな時は、不意の連絡を防ぐためにも事前にプロミス(0120-24-0365)に連絡して、いつ返済できるかを伝えておきましょう

プロミスの店舗を利用しているのを見られた

プロミスには無人契約機や店頭窓口、プロミスATMなど専用の店舗・ATMが存在します。

それを利用している=借入をしているのは明白なので、近所の施設などを利用して見られてしまった場合はバレてしまうでしょう。

これを防ぐには、ぱっと見ではプロミスと分からないように他銀行やコンビニの提携ATMを利用するか、Web完結の口座振り込みを利用するのがおすすめです。

プロミスからの在籍確認

上記の2つよりもレアですが、家族ではなく職場の人にバレてしまう可能性があるケースとして在籍確認が挙げられます。

在籍確認は、プロミスの審査に必要な手続きの一つで、申し込み時に記載した勤務先に本当に勤務しているかを電話で確認します。

プロミスの担当者が電話する時、郵便物と同様にプロミスの名前を出す事はありません

通常はバレませんが、カードローンの在籍確認について知っている人が電話にでるとバレてしまう可能性もあるでしょう。

プロミスを郵便物無しで利用する方法

プロミスカードを郵送で受け取らない方法

プロミスの申し込み後にプロミスカードを郵送で受け取らないようにするためには、以下の4通りの方法があります。

  • WEB完結で申し込み
  • インターネットor電話申し込み+来店受け取り
  • 来店申し込み+そのまま受け取り

プロミスには、WEB上で申し込みから借り入れ、返済まですべてが完了する「WEB完結」があります。

ただしWEB完結申し込みはプロミスカードが発行されないので、ATMを利用したい方には不向きです。

プロミスカードを受け取りたい場合は、インターネットか電話での申し込みの後、無人契約機もしくは有人店舗でのカード受け取りをおすすめします。

来店契約は審査待ちの時間が多く発生しますが、スタッフに相談しながら専用のスペースで手続きをしたい方は検討の余地があるでしょう。

利用明細の郵送受け取りを防ぐ方法

プロミスの「Web明細サービス」を利用すれば、利用明細が郵便物として届かなくなります。

借入・返済時の利用明細自体は法律で定められている書類なので、受け取りたくない場合は事前にWebでの発行に切り替えておきましょう。

督促状の郵送受け取りを防ぐ方法

残念ながら、Web完結やWeb明細サービスを利用していても、督促状などは郵送で届いてしまいます

これを完全に防ぐには、延滞をしない以外の方法はありません。

返済日をうっかり忘れないよう「口座振替(口フリ)」を利用するなどして、堅実な返済を目指しましょう。

とはいえ、延滞したらいきなり郵送物が送られるわけではありません。

連絡がとれない場合に催促状や督促状が郵送されるケースが多いため、数日程度の遅れなら事前連絡によって郵送を防げる場合もあります。

プロミスは郵送物を受け取らずに利用できる!事前の手続きを万全にしてバレずに返済を続けよう

  • プロミスから送られる主な郵送物は「プロミスカード」「利用明細」「督促状」の3種類
  • プロミスカードは郵送以外の受け取り方法を選択すればOK
  • Web明細サービスで利用明細の送付を防げる
  • 督促状を防ぐには事前連絡をしよう

プロミスから郵送される可能性がある書類には「プロミスカード」「利用明細」「督促状」があります。

このうち、プロミスカードと利用明細は簡単な手続きで郵送を防げますが、督促状はそうもいきません。

延滞をしないよう計画的な返済を行ないながら、どうしても返済日に間に合わない場合は電話(0120-24-0365)での事前相談で返済できる日を伝えてください

周囲に借入がバレたくない方は、郵送以外の要因にも気を付けてプロミスを利用しましょう。

プロミス

最短30分で融資可能!WEB申込ならカードレス対応
実質年率4.5%~17.8%/融資上限額最大500万円/担保・保証人不要

人気 プロミス

金利 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
最大限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 必要書類は運転免許証だけ。安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!

関連コラム