プロミスの在籍確認をなしに?在籍確認を乗り切りプロミスから借入する方法

  • プロミスを在籍確認なしに利用したい
  • 在籍確認の電話を会社にかけられたくない
  • 在籍確認が原因でプロミスの利用を知られたくない

プロミスの在籍確認をなしにしたいと考えていませんか?

実はカードローンの審査をする際に、在籍確認は必ず実施されます

しかし、プロミスでは電話での在籍確認を主としており、電話をかけられる時間帯のコントロールが可能です。

また電話以外での在籍確認もできる可能性があります

職場に電話をかけられたくない場合は利用してもいいでしょう。

プロミスでは在籍確認なしで借入はできない

プロミスは申し込みがあれば申込者の勤めている会社に電話をかけ、申込者が本当に在籍しているのかを確認します。

在籍確認をする目的は、申し込みをした人に返済能力や信用があるのかの調査です。

カードローンを提供するプロミスは、貸したお金に対して発生した利息で収入を得ています

しかしローンの返済がなければ貸したお金が返ってこない上に回収できたであろう利益がなくなるのでプロミスが赤字になるのは必至です。

そのためプロミスは事前にちゃんと返済できる人なのか、信じていいのかを確認するために在籍確認を実施しています。

貸金業法
(返済能力の調査)
第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない

参照:貸金業法

また申込者に返済能力があるかの調査は法律でも義務付けられているため、いずれにしても在籍確認を避けてプロミスの利用はできません

プロミスの在籍確認は電話で行われる

プロミスの在籍確認は基本的に電話で行われます。

WEBや書類で提出する情報の偽装は可能でしょう。しかし直接会社に電話をかけると本当に働いているのかを確認でき偽装しにくいのです。

つまり電話で在籍確認をして貸し倒れのリスクを減らしています。

在籍確認は審査開始のタイミングで行われる

    プロミスが在籍確認をするタイミング

  1. プロミスへの申し込み
  2. プロミスからの本人確認
  3. 必要書類の提出
  4. 審査開始
  5. 勤務先の会社に在籍確認の電話⇐ここ
  6. 審査結果の連絡
  7. 契約の手続き
  8. 借入可能な状態

プロミスの在籍確認は審査開始のタイミングで実施されます。

申し込みがあった時点では申込者の素性は分かりません。

提出された情報通りの人物かどうか、実態を調査する必要があるため審査初期の段階で在籍確認がなされます

個人名でかかってくる

プロミスの在籍確認の仕方
「私○○(プロミスの担当者名)ですが、△△さん(申込者名)はいらっしゃいますか?」

プロミスからかかってくる在籍確認の電話を受けると、個人名が名乗られます。プロミスからの電話であるとは気づきにくいです。

申し込みをした本人が出れば在籍確認が電話の目的だと告げられます。

ですが本人以外の人が出た場合はプロミスからの電話であるのはもちろん、カードローンの話題も一切ありません

勤務先の会社に電話をかけられるので、プロミスの者だと悟られないように配慮されているので安心してください。

非通知設定がされている

プロミスからかかってくる電話は基本的に非通知です。

電話の中にはどこからかかってきているのかが分かるよう電話番号が表示されるものも多いですが、プロミスからかかってきているのか分からないようになっています。

とはいえ万が一に備えて、事前に非通知でかけてもらうよう伝えておくとより安心できるでしょう。

また、会社の電話が非通知だと繋がらない可能性もあります。その場合はプロミスにあらかじめ相談しておくのをおすすめします。

プロミスの在籍確認は書類に変更できる

実はプロミスの在籍確認は書類で実施してもらえる可能性があります。

プロミスが確認したいのは提出した勤務先に働いているかどうか。したがって在籍確認の手段は必ずしも電話である必要はありません

書類での在籍確認にする方法

プロミスに書類での在籍確認をしてもらうには、直接プロミスにお願いするといいでしょう。

プロミスに申し込みをしたら本人確認の電話がかかってくるので、そのタイミングで書類での在籍確認にしてもらうように伝えるとスムーズです。

職場への電話連絡に抵抗を感じるなら、プロミスの本人確認の際やプロミスコールにて相談してみてください。

プロミスコール
電話番号:0120-24-0365
レディースコール
電話番号:0120-86-2634

ただし、必ず要望に沿った対応をしてもらえるとは限りません。

審査内容によっては却下される可能性もあるので念頭に置いておきましょう。

プロミスの在籍確認の注意点

土日に申し込みをしたら在籍確認できない

プロミスは平日だけでなく土日祝も申し込みや審査を受け付けています。

しかし多くの企業は土日祝は定休日で、ご自身の勤める会社も休みの可能性があるでしょう。

会社が休みでは在籍確認できませんので気を付けてください。

もし申込日と勤務先の定休日が重なっている場合は、申し込みの日を改めるか、在籍確認の対応可能な日を伝えましょう

在籍確認を意識しすぎるとバレやすい

勤務先に電話がかかってきても、基本的にプロミスであるとはバレません。

しかし、申込者がプロミスから在籍確認があるのを意識し過ぎるあまり、不審な行動をとると疑われてしまいかねません

    プロミスを利用しているとバレかねない行動例

  • 緊張などして、普段とは異なる電話対応をする
  • 社員からかけられる言葉で動揺する
  • つい「プロミス」と口走る

上記は一例ですが、普段とは違う行動をすると、プロミスを利用するとまでは分からなくとも、不審に映ってしまいます。

プロミスから在籍確認が実施されるのが分かっていても、いつも通りにふるまってください。そのためにも在籍確認の電話を意識し過ぎないようにしましょう。

プロミスの在籍確認をうまく乗り切るコツ

在籍確認の時間帯を指定する

プロミスは在籍確認の指定が事前にできます。本人確認やプロミスコールをかけた際に伝えましょう。

ただし、〇時×分といったような具体的な時間指定はできません。「これくらいの時間に~」のように時間帯を伝えるようにしましょう。

また本当は在籍確認の電話に出られるのに対応できないとするのもいけません。

信用情報の確認をする作業なので素直な対応を心がけましょう

会社の人に自分あてに電話がある旨を伝える

他の社員への伝え方例
私あてに電話がかかってくると思うけど、もし席を外していたら「ただいま○○(申込者名)は席を外しております」と一言伝えてください。

会社で働く人にあらかじめ、自分あての電話がかかってくる旨自分が席を立っている時の対応の仕方を伝えておくと良いでしょう。

もし自身が席を離れている場合でも他の社員がプロミスから尾在籍確認があっても問題なく対応してくれます。

勤務先に電話受付係の人や部署がある場合は、そちらの方に一言声をかけておくといいでしょう。

まとめ

プロミスの在籍確認は必ず行われ、なしにはできません

在籍確認の方法は基本的には電話ですが、書類に変更できます

書類による在籍確認は誰にも気づかれずに手続きを進められるので、バレるリスクをできるだけ小さくしたい方にはおすすめです。

在籍確認に不安がある方は事前にプロミスに要望を伝えておきましょう

関連コラム