三井住友銀行カードローンの審査は甘い?審査に落ちる原因を知り通過を狙う

三井住友銀行カードローンの審査は甘い?審査に落ちる原因を知り通過を狙う
  • 三井住友銀行カードローンの審査は甘い?
  • 審査でチェックされるところが知りたい

このように、三井住友銀行カードローンの審査について気になっていませんか?

三井住友銀行カードローンの審査は甘くないですが、そもそも「審査が甘い」と明確に言えるカードローンはありません。

審査に通過するためには、各金融機関の審査の特徴を知り、きちんとした準備が大切です。

こちらの記事では三井住友銀行カードローンの審査が甘くない理由から、審査でチェックされる3つの項目、審査に落ちた場合の対処法まで解説していきます。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンの審査は甘い?

三井住友銀行カードローンの審査は甘くないと考えられます。

なぜなら、三井住友銀行カードローンは消費者金融などと比べて金利が低いからです。

基本的に金融機関はお金を貸し付けた際の利息から利益を得ています。低い金利で貸し付けを行えば利益が少ないため、債務者の貸し倒れを避けなければいけません。

一方で、消費者金融は債務者が貸し倒れてしまってもきちんと利益が出るよう、高い金利で貸し付けを行っていると考えられます。

消費者金融の一般的な最高金利は年18.0%なのに対し、三井住友銀行カードローンの最高金利は年14.5%です。

つまり、三井住友銀行は低い金利を設定している代わりに、債務者が貸し倒れないように審査を厳しく行っていると言えるでしょう。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローン以外に審査の甘いカードローンはある?

結論から言えば、明確に「審査の甘いカードローン」と呼べるものはありません。

ただしカードローンの審査内容は各金融機関によって異なるため、三井住友銀行カードローンの審査に落ちても、他のカードローンの審査に通過する可能性はあります。

特に、消費者金融系のカードローンと、三井住友銀行など銀行系のカードローンとでは審査の内容は大きく異なると考えられるでしょう。

消費者金融は貸金業者であるため、債務者との取引実績と審査のノウハウが豊富です。債務者の返済が滞った時の対処法も熟知しており、銀行系カードローンの保証を担うケースも少なくありません。

要するに、明確に審査が甘いと言えるカードローンはないものの、三井住友銀行の審査に落ちても、消費者金融をはじめとした他のカードローンの審査に通過する可能性はあると言えるでしょう。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンの審査でチェックされる項目

ここまで、三井住友銀行カードローンの審査の厳しさについてご説明してきました。では、具体的に審査でチェックされるのはどういう部分なのでしょうか。

三井住友銀行カードローンの審査でチェックされる項目は、主に以下の3つです。

  • 信用情報
  • 申込者の属性
  • 他社からの借り入れ

ここからは、それぞれの項目を深掘りして解説していきます。

信用情報

信用情報は三井住友銀行カードローンのチェック項目の一つです。

信用情報とはクレジットカードやカードローン、教育ローン、住宅ローンなどの契約に関する情報。

申込状況や返済状況、残高などを指し「個人信用情報機関」と呼ばれる組織に記録されています。

過去に長期的な延滞をしていたり、債務整理など金融事故を引き起こしていたりするとその情報が記録され、返済能力が低いとして判断されるのです。

三井住友銀行カードローンが加盟する個人信用情報機関は以下の3つ。

  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)
  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)

これらの個人信用情報機関に記録がある方は、その情報をもとに審査が行われます。なお、各個人信用情報機関に情報開示を申請すれば、現在の信用情報が確認可能です。

申込者の属性

審査では申込者の属性もチェックされます。

属性とは、申込者の潜在的な返済能力を示す情報です。属性を構成する要素には以下のものがあります。

属性を構成する要素
年齢 職業
勤務先 雇用形態
勤続年数 年収
住居の状況 家族構成

金融機関はこれまで多くの債務者と取引した経験があるため、属性でその人の潜在的な返済能力を判断できます

たとえば正規雇用で年齢や年収が高ければ属性を高く評価され、審査を有利に進められるでしょう。

ただし、属性はあくまでも潜在的な返済能力に過ぎません。仮に非正規雇用者などで属性の評価が低くても、信用情報の評価が高ければ審査に通過する可能性はあります

他社からの借り入れ

他社からの借り入れも三井住友銀行カードローンの審査でチェックされる要素の一つです。

複数社から借り入れしていたり、借入残高が多かったりする場合は、審査に落とされる可能性があります。

ただし、年収に見合わない希望額は審査に通らないでしょう。

三井住友銀行としては貸し付けた金額や利息を回収できるかどうかが大事になります。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行のカードローンの審査に落ちる主な原因

三井住友銀行カードローンの審査に落ちる原因には以下のものが考えられます。

  • 信用情報に傷がある
  • 他社借り入れが多い
  • 短期間で複数社に申し込んだ
  • 申し込み内容に不備がある
  • 在籍確認が取れない

ほとんどの審査落ちの原因は信用情報でしょう。年収が高くて返済能力があっても、返済が滞っている過去があれば信用されにくく、審査に落とされる可能性が高いです。

また、他社からの借り入れが多かったり、短期間に複数社のカードローンに申し込んだりすれば貸し付けのリスクが高いと判断されてしまいます。

逆に言えば他社からの借り入れが少なく返済もきちんと行っていれば三井住友銀行カードローンの審査に通過する可能性は高いと言えるのではないでしょう。

なお、三井住友銀行からの指示にきちんと従えば、申し込み内容の不備や在籍確認による審査落ちは避けられます。三井住友銀行カードローンに申し込む際は、これらの原因をあらかじめ把握しておきましょう。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンの審査の流れ

三井住友銀行カードローンの審査の流れは次の通りです。

  1. 申し込み
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. 契約・ローンカードの受け取り
  5. 借り入れ

申し込み方法はWeb申し込みのほか、電話やローン契約機を利用する方法があります。必要書類は本人確認書類をあらかじめ準備しておくと審査がスムーズです。

審査では在籍確認が行われるため、審査をスムーズに進めるためにも常に電話対応できるようにしておきましょう。もし自分が電話に出れなくても在籍の確認は可能です。

また、在籍確認で電話をかける担当者はカードローンに関する情報を伏せます。そのため在籍確認が原因で、職場にカードローンの利用がバレる心配はありません

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行の審査に落ちた時の対処法

三井住友銀行カードローンの審査に万が一落ちてしまった場合には、以下の対処法があります。

  • 他のカードローンを検討する
  • 再審査を行うなら半年は時間を空ける

審査方法や審査基準は各金融機関で異なります。三井住友銀行カードローンの審査に落ちたからといって、全ての金融機関の審査に落ちるとは限りません。

今すぐお金を準備したいとお考えの方は、他のカードローンも検討してみましょう。

また、三井住友銀行カードローンに再度申し込む場合は最低でも半年は時間を空ける必要があります。

直近の審査に落ちたのには何かしらの原因があるため、すぐに再審査を申し込んでも審査結果が変わるケースは少ないでしょう。

改めて申し込みする半年の間、返済を継続的に行うなどして信用情報の評価を高めておきましょう。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローンの審査は甘くないから対策をうつ

三井住友銀行カードローンの審査は甘くないため、誰でも借り入れできるとは限りません。

信用情報や属性の評価が低ければ審査に落とされる可能性は高いでしょう。

また審査落ちの原因には、信用情報の傷や他社からの借入状況などが考えられます。審査に落ちる原因を把握し、審査に落ちる可能性がある方はあらかじめ信用情報の評価を高めるなどの対策が必要です。

三井住友銀行カードローンの審査に通過するためにも、きちんと準備を整えた上で申し込みしましょう。

>>三井住友銀行カードローンの公式サイトはこちら

関連コラム