J.Score(ジェイスコア)でスコアアップ!即日借入・低金利を実現する方法

最終更新日:
J.Score(ジェイスコア)でスコアアップ!即日借入・低金利を実現する方法

J.Score(ジェイスコア)では審査の通過率や融資条件に大きく影響するスコアリングをするAIスコア診断を行っています。

スコアリングの点数が審査通過に大きな影響があるとわかれば、以下のような疑問を持つ人もいるでしょう。

  • スコアリングの点数はどれくらいあれば審査を通過できるの?
  • スコアをアップさせるにはどうしたらいいの?

この記事ではそうした疑問に答えながら、J.Score(ジェイスコア)の審査のキモとなる「AIスコア診断」と「スコアアップ」を解説します。

J.Score(ジェイスコア)では事前のスコアアップが審査通過の鍵になる

まずはJ.Score(ジェイスコア)の審査が、他社と大きく違う原因となるシステムそのものを解説します。

システムを理解するために重要なキーワードは「AIスコア診断」です。

J.Score(ジェイスコア)の審査システム概要

最初にJ.Score(ジェイスコア)の申し込みから審査完了までの流れを解説します。

【申し込み】
1.AIスコア診断を事前に行い600点以上で申し込みが可能(同時申し込みも可)
2.ネット(PCまたはスマホ)で申し込み
3.仮審査結果をメールで受け取る
【書類提出】
4.仮審査を通過したら、WEBアップロードで本人確認書類、収入証明書類を提出
5.本審査が行われる
【契約・借入】
6.本審査を通過したらスマホ・PCで契約手続き
7.契約と同時借入が可能(銀行振込)

上記の流れで他社にないところは、申し込み前に「AIスコア診断」をして、600点を獲得しないと申し込みができない点です。

この点についてもう少し詳しく解説します。

一定以下のスコアでは申し込みもできないJ.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)で申し込み前に行うAIスコア診断では、勤務年数や年収などの項目を入力するとスコア(点数)が表示されます。

このスコアが1,000点満点で600点以上あると、はじめて申し込みが可能になる仕組みです。

また、スコア以外にも融資可能金額や金利が表示されますが、これはあくまで目安であって正式な融資可能金額や金利は審査終了後に決定します。

いずれにしてもAIスコア診断の結果による点数が、審査通過や融資条件に大きく影響するのは間違いありませんね。

このスコアは審査を通過するときだけではなく、点数不足で申し込みができない場合にも大きな意味があります。

それは申し込みや審査通過をするための目安になるからです。

J.Score(ジェイスコア)以外の消費者金融に申し込みをして審査を通過しなかった場合、その理由はもちろん教えてもらえません。

しかし、J.Score(ジェイスコア)の場合は少なくても「このスコアでは審査は通過できないので、もっとスコアを増やそう」と考えられます。

つまりスコア診断の点数は、次に申し込みをして審査を通過する目安になるのです。

それでは、次にそのスコアはどの程度あれば審査を通過できるのか検証してみましょう。

一定以上のスコアがあれば審査通過率が格段にアップ

AIスコア診断のスコアが600点以上で申し込みが可能になりますが、600点は必ず審査の通過を保証する点数ではありません。

なぜならスコア以外にも審査を通過できない原因や理由があるからです。

たとえば他社利用で延滞や未払いがある、過去にローンを利用して事故歴があるなど、個人信用情報機関にマイナスの情報があると審査は通過できません

個人信用情報機関はすべての消費者金融が加盟し、会員情報を提供している機関です。

審査をするときは個人信用情報機関の情報参照を義務づけています。

しかし、個人信用情報機関にマイナスになる情報がない場合は、AIスコア診断のスコアが審査通過の重要なポイントになります。

どれぐらいのポイントがあれば、確実に審査を通過するのでしょうか?

ネットの情報はあてにならないのが常識ですが、ある程度の目安にはなるので少し調べてみました。

やはり600点台では審査を通過できなかった人もいるので、安全圏とはいえないようです。

ただし、600点台でも審査を通過している人もいるので、点数以外の部分、たとえば他社で延滞せずに完済しているなどの情報があると有利かもし
れませんね。

点数としては800点あれば安心、700点台でも十分審査通過の可能性があります。

ただし、個人信用情報機関にマイナスの情報がないのが前提となるので、不安がある人は情報開示を申請して情報の確認をおすすめします。

J.Score(ジェイスコア)でスコアアップする方法

AIスコア診断のスコアが審査通過に大きな影響があるとおわかりいただけたでしょうか?

それでは次にスコアをどうやってアップさせたらいいのか、その方法について解説しましょう。

「スコアアップ」アンケートでスコアを加算

J.Score(ジェイスコア)の公式ページにメールアドレスの登録をしてからログインすると、「AIスコア診断」が可能になります。

さらに公式ページには「スコアアップ」のタグがあるので、それをクリックしてみましょう。

ここではAIスコア診断よりも細かい項目を入力して、スコアの加算ができます。

時間にすると30分程度かかるので、ある程度時間に余裕があるときに実行してみましょう。

スコアアップは以下の項目についてアンケート形式で答えるシステムです。

  • 生活
  • 情報連携
  • 性格
  • ウォレット
  • ファイナンス
  • プロフィール

それほど難しい質問がされるわけではないので、気軽にできます。

上記の情報連携については次で詳しく説明しましょう。

3つの情報連携でスコアを加算

前段の「スコアアップ」の項目にあった情報連携は、J.Score(ジェイスコア)と提携している企業のサービスを利用している場合に、さらにスコアを加算できる仕組みです。

情報連携ができるのは以下の企業です。

  • ・みずほ銀行
  • ・ソフトバンク、ワイモバイル
  • ・Yahoo! JAPAN

上記企業と情報連携するとスコアアップするだけでなく、ひとつの情報連携で年0.1%、トータルで最大年0.3%の金利が下がります。

すでに上記企業を利用している人は忘れずに情報連携をしておきましょう。

AIスコア診断でのスコアだけでは足りない

AIスコア診断そのものは5分程度しかかからないので、それほど手間にはなりません。

しかし、簡単な質疑応答になるので、大きなスコアになるのはよほど属性が良い人だけになる可能性が高いのです。

属性が良い人とは、たとえば上場企業や公務員で勤務年数が長い、年数が高いなどのケースです。

申し込み条件になる600点に足りない人やかろうじて600点に達した人は、審査を通過できない可能性があります。

そこで、時間はかかりますがスコアアップによる点数アップは必須といってもいいでしょう。

たとえ、審査を通過するのに十分なスコアだったとしても、スコアが大きいほど低金利で借りられ、融資金額も大きくなります。

その点を考えると「AIスコア診断」と「スコアアップ」はワンセットで考えておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)の長期的なスコアアップとタイミング

AIスコア診断やスコアアップは何度でも利用できるので、スコアがアップできるタイミングで何度も試してみましょう。

より高いスコアでの申し込みがJ.Score(ジェイスコア)で有利な融資を利用するコツです。

ここでは長期的にスコアをアップできる方法を解説します。

スコア診断は何度でもできる

すでにお伝えしたようにAIスコア診断は何度でも利用可能です。

これを利用するとスコアを高くしてから申し込みをする使い方もできます。

J.Score(ジェイスコア)は即日融資も可能ですが、むしろ時間をかけてスコアを育てて大きくしたところで申し込むのが賢い使い方です。

特に若い人ほど、将来に向けて手軽に低金利で借りられる融資枠を確保しておくといった利用方法をおすすめします。

あわてて高金利で少額の利用をするのではなく、少額利用でも低金利で利用できる融資枠を作っておきましょう。

急いで融資を受ける必要があれば、高金利でも即日融資が可能で無利息サービスのある大手消費者金融を利用するのがおすすめです。

J.Score(ジェイスコア)ではキャンペーンなどで不定期に無利息サービスが提供していますが、いつも実施している無利息サービスはありません。

そして、その融資を長期で返済している間に、J.Score(ジェイスコア)のスコアをアップさせて低金利融資枠を確保、借り換えをする使い方もできますね。

自分に合ったJ.Score(ジェイスコア)の使い方をいろいろ考えてみましょう。

年収アップのタイミングでスコア診断

なるべく有利に審査をすすめるためには、スコア診断をするタイミングも重要です。

スコア診断でより多くのスコアが出せるのは、以下のタイミングが考えられます。

  •  年末に源泉徴収票をもらったとき(前年より高いのが前提)
  •  昇進、昇格、昇給が反映したとき
  •  転職によるキャリアアップ後

年収のアップはスコアに大きな影響があるので、それが反映したタイミングでスコア診断すると有利になります。

年収以外でも長期的な視点で考えると、勤務年収がはじめて診断したときより長くなった時点なども良いタイミングです。

勤務年数が1年未満ではスコアは低くて当然ですが、1年以上でより長いほどスコアアップにつながります。

かといって勤務年数や年収を水増しすると虚偽申告になり、審査の通過ができなくなりますよ。

申し込みの内容を事実だけを記載するのは、絶対条件と考えましょう。

良好なクレヒスはスコアアップにつながる

長期的に審査通過やスコアアップにつながるのは、クレジットヒストリーの改善です。

クレジットヒストリーは通称クレヒスとも呼ばれていて、ローンやクレジットの利用履歴をいいます。

クレヒスには以下の状態があります。

  1. 1. ローンやクレジットの利用があり、完済記録はあるが延滞記録がない
  2. 2. ローンやクレジットの利用はあるが、延滞記録がある
  3. 3. まったくローンやクレジットの利用がない

もちろん審査やスコアアップに有利なのは、1の状態ですね。

特に毎月定期的に利用していて遅れがなければベストです。

そのため普段から1の状態にしておけば、審査の通過率や融資条件も有利になります

最も簡単な方法はクレジットカードでの公共料金決済ですね。

現金で支払っているものをカードに切り替えるだけで以下の効果があります。

  • ポイントがたまって得をする
  • 決済日を統一できる
  • 支払い忘れを防げる
  • 良いクレヒスが作れる

一石二鳥どころではない効果があって、J.Score(ジェイスコア)のスコアアップにも役立つのでぜひ試してみましょう。

J.Score(ジェイスコア)はスコアアップしてから利用しよう

J.Score(ジェイスコア)に申し込みたい人にとって、スコアアップは大きな課題となります。

しかし、今回の記事を読んでいただければ、スコアアップはそれほど難しくないと感じたはずです。

「スコアアップ」のサービスを利用して短期的にスコアアップもできますが、おすすめはAIスコア診断が何度も利用できるのを活用した長期的なスコアアップです。

十分にスコアアップさせると、J.Score(ジェイスコア)で低金利・即日借入の理想的な融資サービスが手に入りますよ。

人気 J.Score(ジェイスコア)

金利 年0.8%~12.0%
審査時間 仮審査最短30秒
融資時間 最短即日
利用限度額 最大1,000万円
日本初のFinTechサービス「AIスコア・レンディング」
  • みずほ銀行xソフトバンクの新しい融資の形。派遣、バイト、口座を持ってない方でも最短即日融資が可能な優良借入!
  • 今すぐ申込→質問に答えて→最短即日融資!AIスコアが足りなくても他の質問に答えることでどんどん上がる!
  • 審査基準はAIスコア!質問に答えれば答えるだけ上がるから審査不安な方に大人気!
  • (※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

関連コラム