銀座カラーはほくろの毛も脱毛できる?ほくろの毛を脱毛する方法とは

最終更新日:
銀座カラーはほくろの毛も脱毛できる?ほくろの毛を脱毛する方法とは

脱毛をする際、ほくろに生えている毛が脱毛できるのか気になる人も少なくないですよね?

銀座カラーでは肌に優しい脱毛ができると定評がありますが、ほくろ部分の脱毛はできるのでしょうか。

今回は、銀座カラーでほくろの毛も脱毛可能なのかや、ほくろ部分が脱毛できない理由、ほくろの毛を脱毛する方法をご紹介していきます。

ほくろがある部分も全身綺麗に脱毛したい人はぜひご覧ください!

銀座カラーでは薄いほくろは脱毛できる

銀座カラーでは、脱毛できるほくろの大きさや色の濃さが決まっています

銀座カラーで脱毛できる目安は「色が薄く1~2mm程度の大きさの平坦なほくろ」なら脱毛が可能です。

実際にカウンセリングで判断してもらう必要がありますが、小さくても色がハッキリと黒いほくろだと施術はできません。

ほくろ部分の脱毛は痛い?

銀座カラーでは最新の脱毛機を導入していて、肌への負担が大きい波長をカットしているので痛みが少ない脱毛です。

薄い色素沈着程度の色味のほくろであれば「少し痛みを感じる場合もあるが、我慢できないほどではない」と感じる程度の人が多いようです。

色の濃いほくろはスタッフが保護シールを貼ってくれるので痛みはありません。

ほくろが余計に黒くなったりしない?

光の刺激を受けて、ほくろに悪影響があるのでは?と不安に思う人もいるかもしれません。

ほくろができる原因は様々ですが、黒色のもとであるメラニン色素は本来肌を守るために作られるもので、摩擦や紫外線などによる肌ダメージがほくろが増えたり黒くなる主な原因です。

しかし、光脱毛で使用する光には紫外線は含まれておらず、銀座カラーの脱毛の刺激ではメラニン色素生成の活発化はしません

脱毛でほくろが増えたり黒くなったりはしないので、その点は安心しましょう。

ほくろ部分が脱毛できない理由

銀座カラーでは、光脱毛の中でも「IPL方式」を採用しています。

脱毛の仕組みは、光を黒い色素に反応させて高熱を発生させ、発毛組織にダメージを与えていく方法です。

ほくろは黒い色素のが集まっている部分なので、このような部位に光を照射してしまうと、激しい痛みや火傷を負うリスクが非常に高くなります

ほくろに毛が生えていたとしても、発毛組織にダメージを与えるのではなく、ほくろ自体にダメージが及んでしまうので、ほくろ部分は脱毛不可のサロンが多いのです。

色や大きさに関わらず、ほくろには火傷防止のための保護シールを貼って光が届かないようにするのが一般的ですが、銀座カラーでは薄いほくろは脱毛OKなので、特殊なケースと言えます。

ほくろの毛を脱毛する方法

黒くて大きいほくろから生えている毛は、銀座カラーをはじめとしたIPL方式のサロンでは脱毛できません。

それでも、ほくろの毛も含めて脱毛したい!と思う人もいますよね。

ほくろの毛を脱毛する方法は2種類、「ニードル脱毛」「SHR(蓄熱式)脱毛」です。

それぞれについて詳しく見ていきましょう!

ピンポイントで毛を抜くニードル脱毛

ニードル脱毛では細い針に電気を通し、それを毛穴に差し込んで毛根に直接ダメージを与えます。

その毛穴の毛はその場で抜けるので、ムダ毛コンプレックスがすぐに解消できる方法ですが、一番のデメリットは、とにかく痛いのと高額になりがちな点!

ほくろ部分だけとはいえ、光脱毛の痛みと比べると激痛な上、ムダ毛1本あたりで料金が設定されているので、ほくろが多い人やほくろ周りに毛がある人は費用がかさみます。

また、ニードル脱毛は医療行為にあたるので、脱毛サロンではなく脱毛クリニックでしか受けられないので注意が必要です。

黒い色素に反応させないSHR脱毛

光脱毛にはIPL方式の他にも、SHR方式の脱毛があります。

IPL方式が高熱で毛根付近にダメージを与えるのに対して、SHR方式は温かい光を連続で照射して肌内部に熱を溜めて毛包(毛穴)全体にダメージを与える方法です。

SHR方式の最大の特徴は、メラニン色素の有無に関係なく脱毛できる点で、通常メラニン色素のない金髪や白髪はIPL方式では脱毛できませんが、SHR方式ならOKとなります。

また、肌の色が黒くても脱毛できるので、ほくろ部分の脱毛も可能です。

どの部位でも温かみを感じる程度で、痛みがほぼないのも嬉しいポイント。

SHR方式でもほくろ部分NGな場合がある

SHR方式を取り入れている脱毛サロンは近年急増中ですが、全てのSHR方式のサロンでほくろ部分の脱毛ができるわけではありません

SHR方式と一言で言っても脱毛機の種類が多く、それぞれに特性があります。

中にはSHR方式の脱毛機でも、わずかに黒い色素に反応させて脱毛を進めるタイプもあるのです。

そのため、SHR方式の脱毛ができるとしているサロンでも、ほくろ部分は脱毛可能なのかしっかりリサーチしておく必要があります。

ラココならほくろ部分も脱毛できる!

【申込】Lacoco(ラココ)全身脱毛サロン

数ある脱毛サロンの中で、ほくろ部分も脱毛可能と明記している数少ないサロンがラココです。

ほくろに生える毛の脱毛ができるのはもちろん、保護シールを貼る必要がないのでほくろが多い人でも施術がスピーディーに完了します。

全身脱毛でも20分で完了と、施術時間は業界最速クラス!

ラココは脱毛機メーカー直営のサロンで、サロンで導入されているのは最新の脱毛機で「ルミクス脱毛」とも呼ばれますが、黒い色素に頼らない脱毛には多くのメリットがあります。

ほくろの毛が産毛でも脱毛できる

SHR方式であるルミクス脱毛は、毛の黒さや太さでは脱毛効果に差がでません

IPL脱毛が苦手としている産毛の脱毛も得意なので、ほくろの毛が細い産毛でも太い毛と同様にしっかりと効果を得られます。

もちろん、ほくろがあるからと照射出力を抑えられるようなこともないので、他の部位と同じように脱毛が進みます。

ほくろ部分を気にせず効率よく脱毛できる

IPL方式の脱毛に通いながら、ほくろ部分の脱毛のために他サロンにも通うのは手間もお金もかかりすぎます。

もしほくろ部分もしっかり脱毛したい、ほくろ周りの毛を綺麗に脱毛したいといった希望があるなら、最初からラココを選ぶのがおすすめ。

ラココでは、毛の生え変わりサイクルである毛周期に関係なく脱毛できるので1ヵ月に1回のペースで脱毛でき、6回プランなら最短6ヶ月で完了できるので、早さを求める人にとっても最適なサロンと言えるでしょう。

ほくろがある部位の部分脱毛もできる

ラココでは好きな部位を組み合わせられるオーダーメイドコースや、部位別・パーツ別に単発で脱毛できるコースもあるので、ほくろの毛が気になる部位だけの脱毛も可能です。

すでに銀座カラーで全身脱毛を進めている人でも、ほくろの毛が気になる部分だけラココで脱毛する、などもできるので、状況によってコースを使い分けしましょう。

銀座カラーは薄いほくろのみ脱毛可能

銀座カラーの脱毛は、肌に優しい脱毛とはいえIPL方式の特性上、ほくろ部分は脱毛できる条件が限られています

小さくて色が薄いほくろであれば脱毛できる可能性もありますが、できるかどうかはサロン側で判断されるので、ほくろ部分の脱毛もしっかりしたい人はSHR方式の脱毛がおすすめです。

ラココの場合はほくろ部分の脱毛もOKと明記されているので、ほくろから生えている毛を無くしたい人は要チェック。

銀座カラーの脱毛は高品質な点がとても魅力的なので、いろいろな方法を検討してベストな選択をしてくださいね!

関連コラム