横浜銀行カードローンは一括返済できる?一括返済で利息を安く抑える方法

最終更新日:
横浜銀行カードローンは一括返済できる?一括返済で利息を安く抑える方法

横浜銀行カードローンは一括返済可能?
一括返済の手順・方法は?

横浜銀行カードローンで借入残高を全額まとめて返済する「一括返済」を利用できるのか知りたいですよね。

横浜銀行カードローンは一括返済を利用可能で、上手に活用すれば利息を大幅に節約できます。

ここでは横浜銀行カードローンの借入残高を一括返済する手順や方法、注意点を解説。

横浜銀行カードローンで一括返済を活用すれば、どれだけ利息を節約できるのか取り上げます。

横浜銀行カードローンで一括返済をするメリット

一括返済(全額返済)とは、借入残高と利息の全額をまとめて返済する方法です。

横浜銀行カードローンの一括返済を利用するメリットとしては、以下の2点が挙げられます。

  • 支払う利息の総額を減らせる
  • 利用枠が復活するため、いざというときに借入ができる

横浜銀行カードローンに限らずカードローンでは「金利が高いほど・借入残高が大きいほど・借入期間が長いほど」利息が高くつきます。

借入残高を一括返済すれば、本来なら発生するはずだった利息を支払わずに済むためお得です。

横浜銀行カードローンの返済中にまとまったお金ができた場合は、思い切って一括返済してしまうのも良いでしょう。

横浜銀行カードローンで一括返済をすると利用枠が復活するため、再度借入もできます

横浜銀行カードローンで一括返済をする手順

横浜銀行カードローンで一括返済をする手順は以下の通りです。

  1. 借入残高を確認する
  2. 一括返済の方法を選んで入金する
  3. 必要な方は完済証明書を発行してもらう

上記の横浜銀行カードローンの一括返済の手順を詳しく見ていきましょう。

1.借入残高を確認する

横浜銀行カードローンは1日ごとに利息が発生。

まずは一括返済する当日に利息を含む借入残高の総額を確認しておきましょう。

残高照会の方法

  • 横浜銀行残高照会アプリ:アプリをインストールして、メニューの「残高・明細」から「横浜銀行カードローン」を登録すると、24時間いつでも残高照会が可能
  • <はまぎん>マイダイレクト:カードローンの契約内容照会で確認可能

そのほか、横浜銀行カードローンプラザに電話で確認する方法もあります。

【横浜銀行カードローンプラザ】
TEL:045-225-1981
受付時間:銀行窓口営業日 9:00~19:00

2.一括返済の方法を選んで入金する

下記の方法のいずれかで、横浜銀行カードローンの一括返済が可能です。

  • 横浜銀行ATMで一括返済
  • <はまぎん>マイダイレクトで一括返済
  • 横浜銀行窓口で一括返済

一括返済の方法を選んだら、残高照会で確認した金額を入金しましょう。

<はまぎん>マイダイレクト(インターネットバンキング)では1円単位で返済可能です。

横浜銀行ATMで硬貨を利用できない場合は多めに入金すれば、返済口座に差額が入ります。

横浜銀行窓口で一括返済をすると、同時に横浜銀行カードローンが解約となるため注意してください。

3.一括返済後は残高証明書(完済証明書)を発行してもらう

横浜銀行カードローンの一括返済後は、残高証明書(完済証明書)を発行できます。

他社ローンを契約するときに必要な場合があるので、一括返済後は残高証明書(完済証明書)を発行してもらいましょう。

以下の必要書類を持参し、横浜銀行カードローン契約者本人が横浜銀行窓口に行けば、残高証明書(完済証明書)を発行してもらえます。

残高証明書の発行に必要な書類

  • ローン専用カード
  • 返済口座の通帳印
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • 発行手数料(440円~3,300円)
最寄りの横浜銀行窓口・営業時間等は、コチラから確認可能です。

横浜銀行カードローンの借入残高を一括返済する方法

前述した通り、横浜銀行カードローンで一括返済する方法には、以下の3種類があります。

  • 横浜銀行ATMで一括返済
  • <はまぎん>マイダイレクトで一括返済
  • 横浜銀行窓口で一括返済(※カードローンの解約を伴う一括返済のみ)

上記の横浜銀行カードローンの一括返済の方法を詳しく見ていきましょう。

横浜銀行ATMで一括返済する

横浜銀行ATMでは、平日24時間/手数料無料で横浜銀行カードローンの一括返済ができます。

土日祝日の一括返済には対応していません

横浜銀行ATM 受付時間
借入 平日・土日祝日24時間(手数料無料)
元金のみの「一部返済」 平日24時間(手数料無料)
元金・利息を含めた「一括返済(全額返済)」 平日24時間(手数料無料)
受付時間はATMによって異なる場合があります。定例返済が済んでいない場合、一括返済は利用できません。

一括返済時の横浜銀行ATMの操作方法

横浜銀行カードローンを一括返済したい場合、横浜銀行ATMは以下のように操作します。

  1. 「カードローン」→「横浜銀行カードローン・教育ローン・クイックキー」→「返済」を押す
  2. 画面の指示にしたがって操作

横浜銀行ATMで一回に入金できるのは100万円までです。

100万円を超える返済は、複数回に分けて手続きをしてください。

なお、横浜銀行ATMではおつりがでません。借入残高より多く投入した場合、おつりは返済用の口座に入金されます。

<はまぎん>マイダイレクトで一括返済する

<はまぎん>マイダイレクトとは、横浜銀行のインターネットバンキングです。

横浜銀行の公式Webサイトから「<はまぎん>マイダイレクト」に申込をし、横浜銀行カードローンの口座を登録すると、その日からインターネットバンキングを利用した返済が可能になります。

<はまぎん>マイダイレクトは、平日/土日祝日ともに24時間手数料無料で一括返済が可能です。

<はまぎん>マイダイレクト 受付時間
借入 平日・土日祝日24時間(手数料無料)
元金のみの「一部返済」 平日・土日祝日24時間(手数料無料)
元金・利息を含めた「一括返済(全額返済)」 平日・土日祝日24時間(手数料無料)

<はまぎん>マイダイレクトを利用できない時間帯

以下の時間帯は<はまぎん>マイダイレクトで一括返済を利用できません。

  • 毎月の定例返済日:0時~2時頃
  • 1月1日~3日:終日
  • 5月3日~5日:2時~6時
  • 毎月第1・第3月曜日:2時~6時

上記の時間帯はATMを利用するか、時間帯をずらして一括返済をしましょう。

横浜銀行窓口で一括返済する

横浜銀行窓口でも横浜銀行カードローンの一括返済ができます。

しかし、横浜銀行窓口は「横浜銀行カードローンの解約を伴う一括返済」のみの受付です。

横浜銀行カードローンを解約してしまうと、次回利用時には再度カードローンの審査を受ける必要があります。

今後も横浜銀行カードローンを利用する可能性のある方は、一括返済をしてもカードローンの利用を継続できる「横浜銀行ATM」や「<はまぎん>マイダイレクト」での手続きがおすすめです。

横浜銀行カードローンで一括返済する際の注意点

横浜銀行カードローンで一括返済する際の注意点を確認していきましょう。

コンビニATMでは一括返済できない

横浜銀行カードローンの一括返済ができるATMは、横浜銀行ATMのみです。

コンビニATM(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATM)では繰り上げ返済はできるものの、一括返済はできません。

一括返済前に、定例返済を済ませる必要がある

横浜銀行カードローンの一括返済は、定例返済が済んでいないと利用できません

一括返済が利用できなかった場合、「直近の定例返済がきちんと引き落としされたか」横浜銀行口座の取引履歴を確認してください。

定例返済が済んでいるか分からない方は、横浜銀行カードローンプラザ(045-225-1981)に状況を問い合わせてみましょう。

一括返済しても解約にはならない

「横浜銀行ATM」「<はまぎん>マイダイレクト」で一括返済をしても、横浜銀行カードローン自体は解約されません。

今後も横浜銀行カードローンを利用する予定がある方は、契約したままでも問題ないでしょう。

しかし、借入残高が0円でもカードローンの契約があるだけで、他社での借り入れの審査に影響を及ぼすケースもあります。

住宅ローンの申込など借入の予定がある方は、横浜銀行窓口で「横浜銀行カードローンの解約を伴う一括返済」を利用するのがおすすめです。

横浜銀行カードローンで一括返済をすると、どれくらい利息を節約できる?

横浜銀行カードローンの借入残高を一括返済すると、本来支払うはずだった利息を節約できます。

横浜銀行カードローンを一括返済すると、どれだけ利息がお得になるのでしょうか?

金利14.6%で借入額が50万円・40万円・30万円・20万円・10万円の場合の返済シミュレーションが以下のようになります。

借入額 返済回数 返済総額 利息総額
50万円 208回
(17年4カ月)
996,135円 496,135円
40万円 187回
(15年7カ月)
774,271円 374,271円
30万円 159回
(13年3カ月)
554,751円 254,751円
20万円 125回
(10年5カ月)
347,397円 147,397円
10万円 77回
(6年5カ月)
154,948円 54,948円

上記は毎月一定額の返済をしていく「定例返済」で完済する場合のシミュレーションです。

借入額50万円では利息は約50万円、借入額30万円では利息は約25万円など、定例返済のみでは利息が高額になります。

早い段階で一括返済できれば、支払うはずだった利息の大幅な節約が可能です。

横浜銀行カードローンの一括返済を活用すればお得に完済できる

横浜銀行カードローンの一括返済について取り上げました。

横浜銀行カードローンでは、以下の方法で一括返済が可能です。

  • 横浜銀行ATMで一括返済
  • <はまぎん>マイダイレクトで一括返済
  • 横浜銀行窓口で一括返済

横浜銀行カードローンの借入残高を一括返済すれば、本来支払うはずだった利息を節約でき、利息の総額を安く抑えられます

横浜銀行カードローンの一括返済を上手に活用して、効率良くお得に完済を目指しましょう。

人気 横浜銀行カードローン

金利 年1.5%~14.6%
審査時間 最短翌日
融資時間 最短翌日
最大限度額 最大1,000万円
30~50代向け!会社員にオススメ
  • 神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市)に居住・勤務されている方のみご利用可能!
  • ATM手数料無料※一部ATMを除く
  • おまとめ&借り換えOK!!
    ※20代、パートアルバイト、派遣社員の方にはおすすめしません。
    ※他社借入がある方にはおすすめしません。