プロミスの解約は簡単?スムーズに解約を進める手順と注意点を紹介!

最終更新日:
プロミスの解約は簡単?スムーズに解約を進める手順と注意点を紹介!

プロミスを利用中だけど、解約すべき?
プロミスの解約方法は?

プロミスを解約したいけど解約方法が分からない方、解約するか迷っている方は多いです。

プロミスの解約方法は2つ、どちらもの方法でも簡単な手順で解約できます

本記事では、プロミスの解約方法と解約前の注意点、プロミスを解約するメリット・デメリットを解説します。

プロミスを解約すべきか迷っている方は、この記事を参考にしてみてください。

プロミスの解約方法は2つ

プロミスは以下の2つの方法で解約できます。

  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)で解約
  • プロミスコール(0120-24-0365)で解約

店頭窓口がに行くのが難しい方・足を運ぶのが面倒な方は、電話での解約手続きがおすすめです。

店頭窓口・電話のどちらの解約方法でも、受付時間は平日18:00まで。解約手続きをするタイミングには注意して下さい。

プロミスの電話での解約は、お昼の時間帯は回線が込み合う場合が多いです。十分時間に余裕をもって解約手続きをしましょう。

プロミスの解約に必要なもの

プロミスの解約には以下のものが必要です。

  • 店頭窓口解約⇒「本人確認書類」「ローンカード
  • 電話解約⇒「プロミス会員番号

プロミスの店頭窓口で解約をする場合、免許証などの「本人確認書類」と「ローンカード」を持参しましょう。

上記2点を忘れると、その場でプロミスの解約手続きができない可能性があります。

プロミスを電話で解約する場合に必要な「プロミス会員番号」とは、プロミス会員になったときに発行される9桁の番号です。

プロミス会員番号が分からない方は、プロミス会員サービスか電話にて確認しましょう。

プロミスの解約手順

プロミスの店頭窓口と電話、それぞれの解約手順を解説します。

プロミスの店頭窓口での解約手順

プロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)での解約手順は以下の通りです。

  1. 本人確認書類とローンカードを持参し来店
  2. 解約申込書に必要事項を記入
  3. ローンカードを返却、解約証明書を受領

前述した通り、プロミス店頭窓口での解約手続きに必要なものは「本人確認書類」と「プロミスのカード」の2つ。

本人確認を実施後、プロミス解約申込書に必要事項を記入します。

記入内容を担当者がチェックし、解約申込書が受理されたらプロミスのローンカードを返却し解約証明書を受け取りましょう。

プロミス店頭窓口では、上記の簡単な手順でプロミスを解約できます。

店頭窓口は担当者が案内してくれるので、スムーズに解約手続きができるでしょう。

電話での解約手順

プロミスコールへの電話で解約する手順は以下の通りです。

  1. プロミスコール(0120-24-0365)に電話
  2. 担当者に解約の意思を伝達
  3. 解約申込書が自宅に郵送
  4. 解約申込書へ必要事項を記入
  5. ローンカードを同封し解約申込書を返送
  6. 郵送で解約証明書の受取

電話でプロミスの解約手続きをする場合、電話だけで解約手続きは完了しません。

プロミスコールへの電話は、解約申込書を取り寄せるための一次窓口と考えておきましょう。

その場で解約できないとはいえ、電話で解約申込書を取り寄せさえしてしまえば、あとは空いた時間に書類を記入してポストに投函するだけで解約ができます。

プロミス解約前の確認事項

プロミス解約前に、以下の確認事項をチェックしてください。

  • プロミスでの借金を完済しているか
  • 直近で再度借入をする予定がないか

プロミスでの借金を完済しているか

プロミスを解約するには、プロミスでの借金を完済している必要があります

解約前にプロミスの借入残高が0円になっているか確認してください。

プロミスでの借金を完済していないなら、繰り上げ返済や一括返済を活用して効率良く返済してから解約しましょう。

直近で再度借入をする予定がないか

プロミス解約前に、直近で再度借入をする予定がないか確認してください。

プロミスの完済と解約は別物です。

プロミスでの借入を完済したからと言って、必ず解約する必要はありません

プロミスの借入残高が0円(完済した状態)であれば利息は発生しないので、直近で再度借入をする予定があるなら、解約せずに契約したままにしておくのがおすすめです。

プロミスを解約する際の注意点

プロミスを解約する際の注意点は以下の2つ。

  • お客様サービスプラザの店舗数が少ない
  • 電話での解約は内容が漏れる可能性がある

プロミスを解約する際の注意点について、詳しく見ていきましょう。

お客様サービスプラザの店舗数が少ない

店頭窓口があるプロミスのお客様サービスプラザは、全国に17箇所しかありません。

特に地方に住んでいる方にとっては店舗まで距離があり、わざわざプロミスの解約手続きのためだけに足を運ぶのは難しいでしょう。

自宅や職場の近くにプロミスのお客様サービスプラザがある方でも、平日18時までの受付となっているため、時間が合わない方も多いです。

電話での解約は内容が漏れる可能性がある

プロミスコール(0120-24-0365)への電話で解約をする場合は、電話の会話内容が他の人に漏れてしまうリスクを考慮しなければなりません。

職場でお昼休憩中にプロミスに電話をするケースも想定されますが、ビルの外やエントランスなどで電話をかけるなどの工夫が必要です。

また、電話解約の場合は書類を送ってもらう必要があるので、自宅に届く書類で家族にプロミスの利用がバレるリスクもあります。

解約するとはいえ、家族にプロミスを利用していたの知られたくない方は、書類の受け取りにも注意して下さい。

プロミスを解約するメリット

プロミスの解約には2つのメリットがあります。

  • 他のローンの審査に通りやすくなる
  • 安易な借入の抑止となる

他のローンの審査に通りやすくなる

新たにローンを組んだり借入する場合、借入件数が少ない方が審査通過しやすい傾向にあります。

他のローンを組む予定がある方は、プロミスでの借金を完済し解約しておくのがおすすめです。

プロミス解約証明書は保管しておこう

プロミスを解約すると、借金を完済しプロミスとの契約を終了した旨を証明する解約証明書」を発行してもらえます。

住宅ローンや自動車ローンを組む場合、ローン会社から解約証明書の提出が求められるケースがあるので大切に保管しておきましょう。

店頭窓口で解約であればその場で解約証明書が発行されますが、電話解約の場合は後日郵送で送付されます。

安易な借入の抑止となる

プロミスは手軽かつスピーディーに借入できる反面、借金の感覚が薄れやすく借入が癖になり借金が膨らむ人もいます。

プロミスを解約すれば借入できなくなるので、新たに借金をつくってしまう心配はありません

プロミスの解約は安易な借入の抑止となります。

プロミスを解約するデメリット

プロミスを解約するデメリットは以下の2つです。

  • 再度借入をしたい場合、再契約が必要
  • 資金不足に対応できなくなる可能性がある

再度借入をしたい場合、再契約が必要

プロミス解約後に再度借入を希望する場合は、再度プロミスに申し込みをして審査を通過し、再度契約をする必要があります

プロミスは最短一時間で契約できるとはいえ、再契約は手間がかかると言えるでしょう。

また、前回プロミスの審査に通過し利用できていたからと言って、今回も必ず審査に通過できるとは限りません。

解約前にプロミスを利用していた時に返済の延滞や滞納があった方、審査に通らない可能性が高くなります

資金不足に対応できなくなる可能性がある

プロミスの借金を完済後、金銭的に余裕がない方が解約すると資金不足に対応できず、より苦労をする可能性もあるでしょう。

プロミスは急な入用の際に頼れるサービスなので、万が一に備えて解約せずに解約したままにしておくのも一つの選択肢です。

プロミスの解約は自身の状況をみて判断しよう

プロミスの解約方法は以下の2通りです。

  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)で解約
  • プロミスコール(0120-24-0365)で解約

プロミスは借金を完済していれば上記の方法で簡単に解約できますが、今後資金不足に陥る可能性があるなら解約をしないのも一つの選択肢です。

住宅ローン・自動車ローンなどを組む予定がある方は、審査を有利にするためにプロミスを解約すべきと言えます。

プロミスを解約するメリット・デメリットを把握し、自分の状況を踏まえてプロミスを解約するか判断しましょう。

人気 プロミス

実質年率 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 限度額50万円以内なら必要書類は運転免許証だけ。
    安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!

関連コラム