アルバイト・パートはレイクALSAで借入できる?審査に通るコツと注意点

最終更新日:

「アルバイトやパートでもレイクALSAの審査に通る方法はある?」「収入があまり高くないけど、レイクALSAで借入をしたい……」

上記のように悩んでいる方は少なくありません。

本記事では、アルバイト・パートの方がレイクALSAで融資を受ける方法や、審査時の注意点について解説します。

レイクALSAの利用を検討しているアルバイト・パートの方は要チェックです!

レイクALSAはアルバイト・パートの方でも利用可能

レイクALSAで融資を受けるのに必要な最低条件は、以下の通りです。

  1. 満20歳~70歳
  2. 安定した収入がある

レイクALSAは、毎月安定した収入がある満20歳~70歳を対象に融資を行なっています。

雇用形態の指定はないため、アルバイト・パートの方でもレイクALSAを利用するのは可能です。

ただし、申し込み時点で収入がなければ審査に受かる可能性は低いでしょう。

安定した収入が重視されるのは、「返済能力」を判断する基準となるためです。

レイクALSAが定める毎月の最低返済額をコツコツ返済していくのが難しい場合は、延滞をしてしまう可能性が高くなります。

そのため、「〇月は月収15万、△月は5万、◆月は30万」など、毎月の収入が不安定な個人事業主などの方は審査が不利になる点には注意しておきましょう。

アルバイト・パートでレイクALSAの審査に通るには勤続年数も大事

レイクALSAの審査では、年収だけでなく勤続年数も重視されます。

例えば、公務員などは離職率も低く、突然解雇される可能性が低いため審査に通りやすい職業です。

一方アルバイト・パートは働き方に柔軟性があるのが魅力ですが、雇用が不安定な状態でもあります。

そのため、アルバイト・パートはある程度の勤続年数があったほうが有利になるのです。

同じ勤務先で働き続けた勤続年数が等しい場合、公務員や正社員よりアルバイト・パートの方が厳しい審査になる可能性は高いでしょう。

日雇い・短期アルバイトではレイクALSAの審査に通りにくい

日雇いや短期アルバイトなどの勤務先が頻繁に変わる働き方の場合、先述した勤続年数を延ばすのは不可能でしょう。

レイクALSAは収入額よりも収入の安定性を重視しているので、審査に通過する可能性が低くなってしまいます。

レイクALSAの利用を検討している場合、まず給与明細書の提出に必要な2か月分同じアルバイト・パート先で働いてみるのがおすすめです。

アルバイトを掛け持ちしている場合は総収入を申告する

レイクALSAの申し込みフォームでは、年収を入力する項目があります。ここで、アルバイト・パートを掛け持ちしている場合は、総収入を申告して大丈夫です。

申し込みにあたっては、掛け持ちしている全ての勤務先の源泉徴収票・給与明細などの収入証明書類を用意しておきましょう。

アルバイト・パートの方がレイクALSAの審査に受かるコツ

在籍確認には確実に対応する

レイクALSAでは必要書類の提出後に本審査が行なわれ、最終段階では「在籍確認」があります。

在籍確認とはアルバイト・パート先への電話連絡で、申込者本人か同僚・上司などによって本人の在籍を確認する作業です。

レイクALSAの在籍確認では担当者が個人名を名乗るので、在籍確認によってレイクALSAの利用がバレるリスクは低いでしょう。

在籍確認自体は1~2分程度で済むのですが、この電話に出られないと審査落ちしてしまうので注意してください。

利用限度額を少額に設定する

レイクALSAをはじめとした消費者金融での利用限度額は、総量規制により年収の1/3以下に制限されています。

ここで制限ギリギリの利用限度額を設定してしまうと、返済能力を疑われてレイクALSAの審査に合格するのはかなり難しくなります。

そのため、まずは10万円程度の少額融資を希望するのがおすすめです。

少額なら、レイクALSAも確実な返済が期待できるため、融資しやすくなります。利用限度額が少なく感じた場合、後から増額申請もできるので問題ありません。

アルバイト・パートの方がレイクALSAで融資を受ける際の注意点

他社からの借入が多いと”総量規制”で利用限度額が減ってしまう

レイクALSAの利用限度額は、総量規制により年収の1/3に制限されています。

他社カードローンや、クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象なので注意しましょう。

他社からの借入があると、利用限度額が減るだけでなく、貸し倒れのリスクが高いため審査に落ちやすくなってしまいます。

返済が苦しくならないよう、レイクALSAを利用する前になるべく他社借入を減らしておくのがおすすめです。

アルバイト(パート)を辞めても返済しなくてはならない

アルバイト・パートは何かあった際に辞めやすいのがメリットですが、カードローンの利用にあたっては危険性もあります。

レイクALSAの利用中にアルバイト・パートを辞めても、当然ながら返済の義務は消えません。

アルバイト・パートを辞めた後に次が見つからなければ、返済の遅れや延滞が起きやすくなるのです。

返済残高がまだ多い時点でアルバイト(パート)を辞めた時、貯金が少ないとかなり返済が苦しくなる点には、くれぐれもご注意下さい。

アルバイト・パートでもレイクALSAの利用は可能!まずは少額の融資から始めよう

  • レイクALSAは安定した収入がある満20~70歳なら利用できる
  • 年収だけでなく勤続年数も重視される
  • 日雇い・短期アルバイトのみの収入では審査に通りにくい

レイクALSAなら、アルバイト・パートの方でも融資を受けられる可能性は十分にあります。

ただし、正社員と比べると雇用と収入の面で不安定なのは事実なので、同じアルバイト(パート)先である程度の期間働き、勤続年数を長くしておくのがおすすめ。

短期アルバイトや日雇い労働で生活している場合、勤続年数にカウントされないため不利になってしまう点は注意が必要です。

また、利用限度額を少額に設定するのも、審査に通りやすくするコツです。少額の借入には、返済の負担を軽くして延滞を防ぐメリットもあります。

レイクALSAの利用を検討している方はアルバイト・パートだからと諦めず、まずは2か月以上同一の勤務先で働いて審査に申し込んでみましょう。

人気 レイクALSA

金利 年4.5%~18.0%
審査時間 最短15秒審査
融資時間 WEBで最短60分融資も可能
借入限度額 最大500万円
最大180日間無利息!【即日】対応!WEB完結
  • パート・アルバイトでも安定した収入があれば申込みOK
  • 選べる無利息期間!
    ・5万円までの借り入れなら180日無利息!
    ・200万までの借り入れなら60日無利息!
    ※詳細は下記注釈欄、または公式サイトよりご確認ください
  • Web申込み完了後の画面で審査結果が確認できる!ご契約完了後ご融資。
    ※他社借入がある方は審査に通りにくい場合があります。

関連コラム