プロミスは引っ越しでも使える?引っ越しのために資金を調達する方法

最終更新日:
プロミスは引っ越しでも使える?引っ越しのために資金を調達する方法

「引っ越しを考えているけど初期費用が不安」「転勤やトラブルがあって急遽引っ越す必要があるのにお金が足りない……」

引っ越しの際、上記のような悩みを抱える方は少なくありません。

今回はプロミスで引っ越し資金を借りるのは可能なのか、また融資を受けたい場合に気を付けておきたいポイントなどを解説します。

お金の心配をせず、無事に新生活を始めたい方はこの記事を参考にしてみてください。

プロミスの借入は引っ越しにも使える

引っ越し費用はあくまで一時的な出費なので、きちんと返済計画を立てていれば多重債務に陥るリスクは低いでしょう。

しかし、利用目的が限られているローンの場合は引っ越し費用に使えないケースも存在します。

そこでおすすめなのが、プロミスのカードローンです。

    引っ越し費をプロミスから借りるメリット

  • 申し込みから最短30分で融資可能
  • ネットバンキングを利用すればどこでも借入・返済が可能
  • 使用用途が自由なので引っ越し代以外に使ってもOK

プロミスは使用用途が自由のフリーローンを提供していて、審査~融資まで最短30分と非常にスピーディなのが特徴。

Web手続きでの借入・返済にも対応していて、毎回ATMまで足を運ぶ必要もありません。

プロミスで引っ越し費用を借りる条件

プロミスで融資の審査を受けられるのは、以下の2点を満たした方のみです。

  • 年齢は20~69歳
  • 本人に安定した収入がある

つまり、毎月安定した収入がある成人であれば審査を受ける資格があります。

逆に、自身での収入がない専業主婦や学生の方は審査を受けられません

これは、総量規制(貸金業法で定められている決まり)によって、利用者の年収の3分の1以上を融資できないのが理由です。

正社員かどうかは最低条件に入っていないので、アルバイト・パートであっても、継続して収入を得ていれば少額の融資を受けられる可能性があります。

入居審査時にプロミス利用の影響は?

賃貸物件の契約をする際、不動産会社での入居審査に通らなければ引っ越しはできません。

入居審査は借り手がきちんと家賃を払えるかを判断する審査で、職業や収入が確認されます。

この審査にプロミスからの借り入れが影響するのでは?と不安に思われている方もいるでしょう。

その答えは、審査を行なうのが管理会社か保証会社かで変わります。

これからそれぞれの会社の違いについて解説しますので、契約したい物件の審査条件を確認してみてください。

管理会社は借金の金額を調べられない

大家や管理会社が行なう入居審査自体では、プロミスからの借り入れは影響しません。

プロミスをはじめとしたカードローンでの借入は信用情報(クレジットやローンなどの利用履歴)=個人情報として扱われます。

そして、個人情報を照会できるのは「個人信用情報機関」に加盟しているクレジットカード会社や消費者金融などだけです。

大家や管理会社は個人の借金額を調べられないため、直接審査に影響する可能性は低いでしょう。

保証会社が信販会社の場合は注意が必要

賃貸の契約時、通常の入居審査の他に保証会社からの審査も必要とされる場合があります。

この保証会社が、クレジットカードを発行している「信販会社」だった場合は自身の借入金額・借入件数が審査に響くかもしれません。

信販会社は基本的に個人信用情報機関に加盟しているので、利用者の信用情報を確認した上で審査ができるのです。

少額の借入であれば影響は少ないですが、過去に長期延滞や金融事故の履歴があれば審査に通る可能性は低くなってしまうと考えてください。

プロミスで引っ越し費用を借りる注意点

30日間無利息サービスをうまく活用する

プロミスでは、下記の条件を満たすと初回借入の翌日から30日間無利息サービスを受けられます

  • プロミスを初めて利用する
  • メールアドレスを登録する
  • Web明細を利用する

30日間は利息がかからないため、次のお給料日までに返済を済ませればほぼ利息を払わずに完済ができるはずです。

プロミス以外の大手消費者金融でも無利息期間キャンペーンを行なっているのですが、開始日は契約日の翌日が多数派。

お金が必要になる直前の日程が分かっている引っ越し目的であれば、プロミスを利用するのが良いでしょう。

住所変更の手続きを忘れずに行なう

プロミスの会員規約では「住所や氏名、職場などに変更があった場合は14日以内に届け出なければならない」と定められています。

引っ越しが完了したら、なるべく早くプロミスに登録している住所情報を変更しておきましょう。

住所変更手続きを行なわないままだと、必要な書類が自宅に届かなかったり、借入残高の一括返済を求められたりする可能性があります。

もし14日を過ぎてしまった場合は、プロミスコール(0120-24-0365)で相談してください。

お金がない時の引っ越しにプロミスは使えるが注意点も

  • プロミスのフリーローンは引っ越し資金への利用もOK
  • 20歳~69歳で毎月安定した収入があるのが最低条件
  • 住所変更後はすぐに手続きをしよう

プロミスのカードローン(フリーローン)は利用目的が自由なので、引っ越し資金や家具家電の購入費に充てられます。

ただし、あまり多く借りすぎると入居審査時、一部の信用会社による審査に通りづらくなるかもしれません

必要最低限の融資を受けて堅実に返済していくのが、審査通過のためにも今後のためにもなるでしょう。

また、プロミスでは引っ越し後14日後までの住所変更が必須となっていますので、忘れず手続きを行なってくださいね。

人気 プロミス

実質年率 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 限度額50万円以内なら必要書類は運転免許証だけ。
    安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!

関連コラム