プロミスの即日融資タイムリミットは?最短で確実に借りる方法を徹底解説!

最終更新日:
プロミスの即日融資は最短30分!即日借入を実現させる方法を解説

今すぐにお金が必要で困っている方におすすめなのが、大手消費者金融のプロミス。

プロミスの即日融資は最短30分で借入が可能

本記事はプロミスで即日融資を成功させるコツや注意すべきポイントを解説します。

今すぐプロミスでまとまったお金を融資してほしい方は必見です!

プロミスの即日融資は何時までに申し込めばいい?

即日融資を希望する人は遅くても20時まで、混雑などで遅れる可能性を考えて18時までに申し込み手続きを開始しましょう。

申し込み方法 新規申し込み受付時間
インターネット 24時間365日
自動契約機 9:00~21:00
(土日祝日含む)
プロミスコール 9:00~21:00
(土日祝日含む)
お客様サービスプラザ
(店頭窓口)
10:00~18:00
(月曜~金曜)

上記の通り、プロミスの審査対応時間は9:00~21:00なので、21時に申し込んでも即日融資は受けられません

審査中に21時を回ってしまうと審査結果が分かるのは翌営業日以降になってしまいます。

即日融資はインターネットでの申し込みがおすすめ

  • 短時間でやり取りができるか
  • 受付時間が長いかどうか

プロミスで即日融資をしてもらうには、上記の条件に当てはまるインターネットからの申し込みか自動契約機を選ぶのがいいでしょう。

特におすすめなのが来店不要のインターネット申し込み。申し込みや書類の提出にかかる時間が短く、24時間365日夜間や土日でも申し込みを受け付けているのがポイントです。

またお手元のスマホやパソコンからサイトにアクセスして必要事項を入力すればいいので、周囲の目を気にする必要はありません

仕事などで普段から忙しい人でも時間を気にせず気軽に申し込み可能です。

即日融資におすすめ
(1)インターネット申し込み

インターネット申込の手順

  1. プロミス公式サイトから「24時間いつでもOK!新規お申し込み」を選択
  2. 必要情報の入力
  3. 「ご契約方法」で「Web契約」を選択
  4. プロミスコールに電話し即日融資を希望しており、急いでいる旨を伝える
  5. 送られてくるメールより必要書類を提出
  6. 審査・結果を確認
  7. インターネット上で契約
  8. 振込キャッシングを依頼
プロミスコール:0120-24-0365

申し込みフォームに必要事項を入力し終えたらプロミスに電話をかけましょう

ただ、申し込みをしてもプロミスの状況次第で対応が遅れるかもしれません。

そのため申し込みが済んだらプロミスに直接連絡を入れ、即日融資を希望している旨を伝えると優先的に対応してもらいやすいです。

振込キャッシングの依頼について
・最短10秒で振込&24時間365日利用可能かつ振込手数料が無料
・指定口座の登録は22時まで
24時間時間振込可能な主な金融機関例
三井住友銀行 三菱UFJ銀行
みずほ銀行 ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行 その他銀行

参考:金融機関別振込実施時間検索|プロミス

プロミスは公式アプリからの申し込みも可能。

スマホさえあれば24時間いつでも必要な時にカードレスでお金を借りられます。

即日融資におすすめ
(2)自動契約機

自動契約機での申し込みは、契約機内に設置されたタッチパネルを操作して、名前や生年月日を入力しましょう。

自動契約機で契約する場合、必要書類の持参が必須です。

必要書類は本人確認書類と収入証明書類ですが、収入証明書類は基本的に希望限度額が50万円を超える時のみ必要となります。

ただし、審査の内容によっては希望額に関係なく収入証明書類の提出を求められる可能性もあるので、万が一のためにも用意しておくとより安全でしょう。

申し込み手順

  1. 自動契約機まで必要書類を持参
  2. 自動契約機の指示に従い契約
  3. プロミスカードの受取り
  4. 借入

自動契約機は9時から22時まで開いており、土日祝も申し込みができます

ただし冒頭でもお伝えしたように、プロミスの審査回答時間は21時まで。

自動契約機の受付時間は22時までですが、ギリギリの時間に申し込みに行っても審査結果は翌営業日以降にしか確認できません

プロミスの即日融資を受けるなら20時までに申し込みを開始してください。

自動契約機が遠い場合は移動中にスマートフォンなどでインターネット申し込みで必要事項の入力を済ませ、到着後に必要書類の提出を行うと時間のロスを防げます。

書類提出は備え付けの機械でスキャン。読み込んだ書類は審査に利用されます。

三井住友銀行のローン契約機でも即日融資とカードの発行が可能

契約記名(金融機関名) 営業時間
自動契約機
(プロミス)
9:00~22:00
(一部店舗は21時まで)
ローン契約機
(三井住友銀行)
9:00~21:00
(契約機により営業時間、休日が異なります)

プロミスのローンカードは三井住友銀行のATMでも発行が可能です。

近場にプロミスの自動契約機がなかったり、店頭窓口に足を運ぶのに抵抗があったりする場合は、三井住友銀行のATMがおすすめ。

銀行のATMなら利用目的が銀行取引だと思われやすいので、プロミスを利用しているのが他人に気づかれにくいメリットもあります。

三井住友銀行のATMを利用する際は、プロミスの自動契約機よりも営業時間が短い点に注意が必要です。

即日融資を目的としているなら20時までに行けばいい点は変わりませんが、実際に取引する際はプロミス自動契約機の方が遅くまで開いているのを頭に入れておきましょう。

プロミスの即日融資を受けられない原因

即日融資NGの原因(1)
信用情報に傷がある

    信用情報の一例

  • クレジット関係・ローンの契約情報、残高
  • 毎月の返済状況
  • クレジット会社などの信用情報照会記録
  • 債務整理(自己破産など)の記録

プロミスの審査で重要なのが、個人信用情報機関に記録されているクレジットカード・ローンなどの利用状況を示す「信用情報」です。

延滞、債務整理などの金融事故を過去5年間(自己破産の場合は10年間)に起こしている場合、プロミス以外の消費者金融でも審査に通らなくなってしまいます

自分の信用情報がどうなっているのか気になる方は、個人信用情報機関の方に問い合わせをしてみると良いでしょう。

即日融資NGの原因(2)
年収の1/3以上を既に借入れている

プロミスは貸金業法に基づいて融資を行っており、年収の1/3以上の融資はしてくれません

そのためプロミスに即日融資を申し込んだ際、年収の1/3を超えて申請をしても、申請額以下の融資審査落ちになってしまうでしょう。

また、この規定はその人の年収に対して設けられる限度です。他社で借入している場合、プロミスで借入しようとするとより少ない金額しか申請できません。

限度額ギリギリの申し込みの場合も、返済能力が疑われてしまうと即日融資を受けられない可能性が高くなります。

プロミスで即日融資をするには、必要最低限の金額で申請するのがおすすめです。

即日融資NGの原因(3)
在籍確認ができない

プロミスからの在籍確認ができないと審査が進まず、即日融資も不可能になってしまいます。

いつまでも在籍確認に応じられない場合は必然的に審査にも落ちてしまうでしょう。

在籍確認は基本的に電話で行なわれ、プロミスから会社の電話番号にかかってきます。

プロミスの担当者に何時ごろに電話を掛けたらいいのかを伝えたり、会社の人に自分が席を立っていればその旨を伝えるように言っておいたりすると良いでしょう。

即日融資NGの原因(4)
審査受付時間内に申し込んでいない

プロミスでは、審査受付時間内に審査が通過しなければ即日融資を受けられません。

プロミスには24時間いつでも申し込みができる方法があるものの、審査は人の手で行われるため対応してくれるのは21時までと限られています。

申し込みから借入まで最短30分なので遅くとも20時までには申し込みを始めましょう。

即日融資NGの原因(5)
システムメンテナンスに注意

注意しておかなくてはならないのが、毎週月曜日の0:00〜7:00のシステムメンテナンス。

メンテナンス中は申し込みや借入などの手続きができません。

プロミスの即日融資を成功させるコツ

即日融資を成功させるコツ(1)
18時までに申し込みを済ませる

プロミスで即日融資をしてもらえるまでにかかる時間は早くても30分です。

しかし提出した書類に不備が見つかったり混んでたりして審査に時間がかかる可能性もあります

必ずしも最短の時間で即日融資ができるとも限らないので、遅くなるのを見越して余裕をもって行動しましょう。

より確実性を上げるためにも、申し込みは18時までに済ませておくと不測の事態にも対応しやすいため即日融資の可能性も上がります。

即日融資を成功させるコツ(2)
提出書類を事前に作成しておく

プロミスで借入をするには「本人確認書類」「収入証明書類」が求められるため、申し込み手続きを始める前に用意しておきましょう。

本人確認書類は全ての利用者に、収入証明書は「借入希望額が50万円を超える」もしくは「借入希望額と他社借入の利用残高が100万円を超える」場合に必ず提出が求められます。

提出書類の不備が原因で再度書類を揃え直さないといけなくなり、時間がかかる場合があります。

書類によってはその日のうちに準備できない可能性があるため、事前の準備が重要です。

即日融資を成功させるコツ(3)
本人確認・在籍確認を確実に済ませる

プロミスに申し込むと、本人確認と別に必ず職場へ在籍確認の電話もかかってきます。

在籍確認は記入した情報が正しいかどうかを確かめる作業で、審査の一環として実施されるのが一般的です。

この電話に出なければ本人確認や会社に在籍しているか確認ができなくなるため審査落ちとなり即日融資は受けられません

自身の勤めている会社が土日休みの場合は、プロミスに申し込んだ後すぐに在籍確認の電話に対応できない旨とその理由を伝えましょう。

プロミスコール(0120-24-0365)に電話すれば、他の在籍確認方法を提示してもらえる可能性があるので、指示に従うようにしてください。

即日融資を成功させるコツ(4)
必要最低限の希望額を設定する

希望融資額を少なめに設定すると即日融資の可能性が上がります。

プロミスは返済利息で利益を得る企業なので、そもそも返済されなければ確実に赤字になり困ってしまいます

だから返済能力があるかどうか、つまりちゃんと返済できるかどうかを重視しているのです。

希望額が少額であればあるほど、滞納のリスクが小さくなるので、審査にも通りやすくなります。

即日融資を受けたいなら希望額を少なめに設定するのがおすすめです。

プロミスの即日融資を初めて利用する方向けのQ&A

Q 初めての申し込みだといくらまで借りられるの?

プロミスの借入限度額は、申し込み者の年収、勤務形態、他社借入、個人信用情報などを総合的に判断して決定されます。

初回の借入可能額は個人によって差がありますが、10万円前後の契約になるケースが平均的なようです。

その後、返済に滞りがなければ借入限度額を増額する手続きも可能になるでしょう。

なお、プロミスの利用限度額上限は500万円ですが、貸金業法によって定められた「総量規制」により、消費者金融のフリーローンでは年収の3分の1以上の借入ができません

大きな金額を借り入れたい場合は、銀行系ローンなども検討しましょう。

自宅や勤務先に郵送物は届く?

手続き方法や状況によっては、自宅もしくは勤務先に郵送物が届く場合があります。

  • 提携ATMで返済した場合
  • 振込キャッシングを利用した場合
  • 利用に際して書類送付を希望した場合
  • 支払いが延滞し、連絡が取れない場合

なおWeb完結申込を利用し、Web利用明細+カードレス契約を希望すれば、原則郵送物なしでプロミスを利用できます。

万が一返済に遅れた場合はどうなる?

返済に遅れると、遅延損害金(実質年率20%)が課され、返済金額が高くなってしまうので気を付けましょう。

うっかり支払い忘れを防ぐには、返済日を事前にメールで知らせてくれる「ご返済日お知らせメール」が便利です。

お金が足りず延滞しそうな時は、事前にプロミスコール(0120-24-0365)に連絡してください。

督促の連絡が来なくなるメリットの他、延滞が長期的になりそうな場合は今後の返済計画についてプロミス側から提案してくれます。

プロミスの即日融資を受けるには早めの行動がカギ!

即日融資におすすめの申し込み方法
インターネット ・スマホやPCから24時間申し込み可能
・周囲の目を気にせず申込できる
・店舗に行かなくてもいい
自動契約機 ・店舗に行く必要はあるが郵送の心配がない
・申し込みからカード発行までその場で済ませる
  • 申し込む前に必要書類の準備
  • 遅くとも20時までには申し込む
  • 本人確認/在籍確認を確実に
  • 希望額は出来るだけ少なめに設定

プロミスで即日融資を受けるには営業時間内の申し込みはもちろん、手続きをいかにスムーズに進められるかが重要です。

きちんと確認したつもりでも書類に不備がある可能性もあると考え、できれば18時までに申し込み手続きを開始しておくと安心でしょう。

ご自身の勤務先によって休日で在籍確認できない場合は申し込み時にプロミスコールへ電話で相談しておきましょう。

人気 プロミス

実質年率 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 限度額50万円以内なら必要書類は運転免許証だけ。
    安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!

関連コラム