プロミスの審査時間は?かかる時間を短縮する方法と長引く理由を解説

最終更新日:
プロミスの審査時間はどれくらい?少しでも早く融資を受けるコツ

お金を借りたい時、審査にかかる時間が分かっていないと不安ですよね。

プロミスで新規借入を申し込んだ後、なかなか返答が来ないで「審査に落ちた?」と焦ってしまう方は少なくありません。

大手消費者金融のプロミスは、審査が終われば合否に関係なく必ず連絡が来る会社です。

今回は、プロミスの審査の流れや、連絡が来るまでに時間がかかる理由、なるべく審査時間を短くする方法をお伝えします。

プロミスの審査時間がどれくらいかを知りたい方は、この記事を参考にしてみてください。

プロミスの審査時間と申し込みの流れ

プロミスの審査時間は最短30分

プロミスの審査時間は最短で30分、融資も最短30分で完了します。

そのため、申し込む時間帯が早ければ即日融資も可能です。

ただし、30分は「最短」であって、平均して審査時間が30分になるわけではありません

実際は申し込みから数時間~方法によっては1週間以上かかる場合もあります。

「不安要素がなく、スムーズに審査が進めば30分で終わる可能性もある」と捉えておきましょう。

プロミスの審査時間が短くなる要素

カードローンでは、申し込みの後に無条件で融資がされるのではなく、まず返済能力を判断するための審査を行ないます。

そのため、審査時間が長くなると返答まで数営業日かかるケースもあり得る点には留意しておきましょう。

    審査時間が短くなりやすい要素

  • 雇用形態は正社員
  • 1年以上の勤続年数がある
  • 年収が150万円以上ある
  • 他社での借入残高がない
  • 持ち家に住んでいるので家賃やローンを払う必要がない

これらすべてに当てはまる場合、返済能力には問題がないと考えられるため審査時間が比較的短くなる可能性が高いです。

プロミスでの申し込みの流れ

プロミスをはじめとした消費者金融の審査では、申し込み者の情報を基に返済能力を判断して融資の可否を決めています。

必要な審査項目のうち一つでも未完了の状態だと、審査が終了せず結果の通知が来ないので注意しましょう。

審査に時間をかけずスムーズに終わらせるには、審査に必要な手順を理解しておくのが重要です。

プロミスの申し込み~審査の流れ

  1. 申し込み
  2. 一次審査通過後、書類提出
  3. 担当者から申し込み確認の電話
  4. 在籍確認
  5. 審査の結果連絡
  6. 審査通過後、契約成立

短い期間に複数のローンに申し込んだ記録が残ると、「申し込みブラック」となり、他社の審査にも通らなくなります。

一度プロミスに申し込んだ後は、審査が終わるまでは他のカードローンに申し込まず、一旦待ってみてください。

プロミスの審査時間は9時~21時のみ

プロミスの審査にかかる時間を考える際、重要なのが「審査対応時間」です。

プロミスのWeb申込は24時間申し込みを受け付けていますが、実際にプロミス側で審査が行なわれるのは9時~21時の間のみ

20時以降などギリギリの時間に申し込んだ場合、対応時間内であっても審査の連絡が翌日になる可能性があります。

審査を申し込む際は、各申し込み手段ごとの営業時間だけでなく審査対応時間にも留意しておきましょう。

申し込み方法ごとの受付時間

申し込み方法 申込受付時間
Web(ネット申し込み) 24時間365日可能
自動契約機 9:00~21:00※
三井住友銀行ローン契約機 9:00~21:00※
電話(プロミスコール)

9:00~21:00
お客様サービスプラザ
(店頭窓口)
平日10:00~18:00※

※店舗や場所によって営業時間が異なる場合がある

申し込み時に入力が必要な内容

プロミスに審査の申し込みをする際、必要な情報は下記の通りです。

個人情報
氏名 氏名(フリガナ) 生年月日
性別 家族構成 子供の有無
電話番号(携帯・PHS) 自宅電話の有無 運転免許証交付の有無
自宅情報
郵便番号 自宅住所
自宅住所(フリガナ) お住まいの種類
勤務先情報
雇用形態 勤務先名 勤務先名(フリガナ)
所属部署 任意 電話番号 社員数 任意
最終学歴 入社年月 税込年収
健康保険証の種類 業種 職種
ご契約方法/その他の情報
ご希望のご契約方法 現在の他社お借入れ
今回のお借入れ希望額 メールアドレス
パスワード 審査結果の連絡方法
書面の受取方法

入力がスムーズに進めば、所要時間は5分程度。

個人情報や自宅情報、勤務先情報など約30の項目について入力を求められるので、曖昧な点がある場合は事前に確認しておくのをおすすめします。

「即日融資」と「即日審査」はイコールではない

即日審査を実施しているカードローンでは、借入可能かどうかの審査が当日中に実施されます。

ただし、会社によってはカードが郵送されるまで借入ができない場合があり、この場合「即日融資」は実現しません。

つまり、即日融資と即日審査は全く同じ意味ではないのです。

プロミスは自動契約機でのカード発行や、カードレス利用に対応しています。

審査が終わり次第融資を受けられるので、すぐに借入をしたい方にはおすすめです。

プロミスで審査時間が長引く理由

審査時間が長くなってしまうのには、以下のような理由が考えられます。

  • 混雑する時間帯は審査に時間がかかる
  • 在籍確認に時間がかかっている
  • 受付時間外申込の審査は翌営業日になる
  • 他社からの借り入れ件数・残高が多い
  • 信用情報に問題がある
  • 申し込み内容に虚偽または不備があった
  • メールが迷惑フォルダに入っている

混雑する時間帯は審査に時間がかかる

プロミスの手続きが混雑しやすくなる時間帯は、平日の昼休みや金曜日の夜

また、毎月の給料日前(20日~24日)や新生活の準備資金が必要になる3月~4月、大型連休前などは、申し込みが多い傾向にあります

この期間はプロミスの担当者が対応に追われているため、申し込みに対して最短の時間で返答するのは難しいと考えておきましょう。

なるべく早く審査を終わらせたい場合は、平日午後などの時間を狙って申し込んでみてください。

在籍確認に時間がかかっている

プロミスの審査で必ず行なわれるのが「在籍確認」です。

定期的な収入の有無や、申請時の入力内容に嘘がないかを確認するために必要なので、在籍確認が出来ないと審査に通らなくなってしまいます

申し込み時間が職場の営業時間外だったり、プロミスの審査対応時間内(9:00~21:00)に電話での在籍確認が難しい時は、プロミスコール(0120-24-0365)に連絡してみましょう。

担当者に在籍確認を取る方法や、詳細な時間指定などを相談すれば、早く審査が進む可能性が高くなります。

在籍確認が難しい時は相談する

申し込んだ時間が職場の営業時間外だったり、プロミスの審査対応時間内(9:00~21:00)に電話での在籍確認が難しかったりすると、困ってしまいますよね。

そういう時は、まずプロミスコール(0120-24-0365)に連絡してみましょう。

担当者に在籍確認を取る方法や、詳細な時間指定などを相談すれば、早く審査が進む可能性が高くなります。

受付時間外申込の審査は翌営業日になる

プロミスの審査担当者が対応できる時間は、土日を含めた9:00~21:00です。

終了間際の時間に申し込むと翌営業日に審査が繰り越される場合があるので、なるべく早めの時間に申し込みを済ませましょう。

なお、ネット申し込みは24時間可能なのですが、対応時間外には審査が行なわれないので実際に返答が来るまでにはタイムラグがあります。

他社からの借り入れ件数・残高が多い

プロミスに申し込んだ時点で他社での借入件数や残高が多いと、多重債務者になるリスクを懸念して審査に時間がかかりやすくなります。

なお、審査に通過しようと借入金額を少なめに申告するのは絶対にNG

カードローンやクレジットカードなどの利用履歴は「信用情報」として記録され、プロミスは利用者の信用情報を照会する権限を持っています。

返済能力を疑われないためには、なるべく他社の借入を完済してから申し込みましょう。

また、他社と合わせて年収の3分の1以上を借り入れるのは貸金業法の「総量規制」により不可能なので、審査落ちに直結します。

審査に落ちると時間のロス+信用情報面のマイナスも大きくなるので、事前に自分の借入残高を正確に把握しておくのが重要です。

信用情報に問題がある

信用情報の一例

  • クレジット関係・ローンの申込履歴、契約情報、残高など
  • 毎月の返済状況
  • クレジット会社などの信用情報照会記録
  • 債務整理(自己破産など)の記録

カードローンや携帯端末の分割払いなど、各種ローンの利用履歴を示す信用情報も審査において非常に重要です。

債務整理まで行かずとも、長期延滞や複数回の延滞履歴がある利用者はリスクが高いと判断され、審査に通りにくくなります。

少しの延滞でも信用情報に傷がつくと、審査時間が長引く原因になってしまうでしょう。

尚、一度信用情報に関する問題を起こしてしまうと、問題解決後から最大5年間(自己破産は10年間)は記録が残るので注意してください。

申し込み内容に虚偽または不備があった

申し込み時に記入した内容が実際と異なっていた場合、正しい情報を精査するために審査時間が長くなります。

住所や電話番号などの記載ミス程度であれば審査自体に影響はありませんが、信用情報や年収、勤務先など重要な情報の虚偽申告は厳禁です。

    プロミスの審査の可否を分ける情報

  • 属性情報…年齢、職業、年収、勤続年数など
  • 生活状況…家族構成、住宅ローンの有無など
  • 信用情報…クレジット関係・ローンの契約状況、借入残高、債務整理歴の有無など

虚偽申告を疑われた場合、プロミス側からの心証が悪くなり借入可能額が下がったり、審査に落ちる要因にもなります

個人信用情報機関への照合や在籍確認などで正しい情報は全て把握されると考え、間違った情報を入力しないよう注意しておきましょう。

メールが迷惑フォルダに入っている

プロミスからの審査結果連絡は電話・メールの両方を選択可能です。

何か大きな問題があった場合は電話連絡が来る可能性もあるので、心の準備はしておきましょう。

なかなかメールが届かないと思ったら、「あまり使わないアドレスを登録していて気付かなかった」「迷惑メールフォルダに振り分けられていた」などのケースも良くある話です。

PCメールを受信拒否する設定は外し、迷惑メールフォルダも時々チェックしておくのをおすすめします。

プロミス審査結果の連絡手段は?

プロミスへの審査申し込みは複数の方法で可能ですが、審査結果の連絡を受ける手段は申し込み方法によって異なります。

申し込み方法 連絡手段
Web 電話orメール(選択可能)
電話 電話
郵送 電話
店頭窓口 店頭
自動契約機 店頭

プロミスにWeb申込した場合のみ、審査結果の回答方法を「電話」or「メール」から選択可能。

審査結果の回答方法でメールを選択している場合であっても、書類不備やその他緊急時はプロミスから電話がかかってくるケースもあります。

登録する連絡先は、自分がいつでも出られる携帯電話の番号にしておくのがおすすめです。

審査状況はリアルタイムで確認できない

プロミスの審査を申し込んだ後、審査状況や結果をWebサイト上などで確認できる方法は現時点で用意されていません。

最終的な審査結果が出た後、登録した連絡先へ通知されるまでは基本的に審査結果は分からないと考えておきましょう。

審査状況が気になる場合はプロミスコールで確認してみる

審査時間が長くなっていて結果が気になる場合は、プロミスコール(0120-24-0365)へ連絡して、審査状況を確認してみましょう。

自分がどの審査段階にいるのか分かれば、待ち時間の見当も付きやすくなります。

審査結果が来なくてもすぐ他社申込はNG

カードローン・クレジットカードなどの申し込み履歴は「信用情報」として記録されていて、カードローン会社では必ずそれを照会します。

短い期間に複数のローンに申し込んでいると、経済的に困窮しているのではないかと疑われてしまう可能性が高いです。

これが「申し込みブラック」と呼ばれる状態で、他のクレジットカード審査などにも通らなくなってしまいます。

一度申し込んだ後は、審査結果が出るまでは他のカードローンに申し込まず、一旦待ってみてください。

なお、申し込みブラック状態は6ヶ月~1年の期間を空けると解除されるので、再チャレンジする場合は最低でも半年は空けるようにしましょう。

プロミス審査時間の短縮方法

最後にプロミスの審査時間を短縮する方法をご紹介します。

  • 借入金額を低く希望する
  • 平日の午前中に申し込む
  • Web申込かスマホアプリを利用する
  • 必要な情報・書類は事前に用意する

借入金額を低く希望する

プロミスへの借入希望金額が高くなったり、他社からの借入が複数件あったりすると、返済能力を見定める審査に時間がかかります。

なるべく他社の借入がない状態かつ、低い金額の借入を申し込んだ方がスムーズに結果が出やすいです。

希望金額が上がれば上がるほど審査の難易度も上がるので、必要最低限の金額を希望するようにしましょう。

また、複数社からの借り入れがあり、返済目的でプロミスを利用したい場合は「おまとめローン」がおすすめです。

平日の午前中に申し込む

前述の通り、プロミスの審査担当者が対応できる時間は土日を含めた9:00~21:00です。

ネット申し込みは24時間受付けていますが、審査は上記時間以外は行われないため、返答が来るまでには時間がかかります。

そのため、午前中(とくに平日の午前)にプロミスへ申し込むとその日のうちに審査が行われやすいでしょう。

土日や平日の昼休み、終業後の夕方などの混雑する時間帯を避けて申し込むと、希望通りの時間に対応してもらえる可能性が高くなります

また、営業時間の終了間際に申し込むと翌営業日に審査が行われるので、すぐに審査を終わらせたい方は早い時間帯に申し込むようにしましょう。

Web申込かスマホアプリを利用する

プロミスの審査やカード発行は郵送でのやり取りにも対応していますが、郵送物はどうしても届くまでに数日かかります。

プロミスコールや店頭申し込みでは、混雑状況によってなかなか進まないケースがあるでしょう。

一方、Webやスマホを利用した申し込みは24時間365日対応で、プロミスの営業時間外でも申し込み自体は受理してもらえるので時間の短縮ができます。

自動契約機や店舗に行かなくても、スマホで必要書類を撮影して申し込めるので、審査が終わるまでの待ち時間は自由に過ごせます

寝る前に申し込んでおいて、時間のある時にメールチェックをしておくといった利用方法が効率的と言えるでしょう。

WEB申し込みの流れ


プロミスでWeb審査を申し込んだ場合

必要な情報・書類は事前に用意する

プロミスの申し込みに必要な情報や、提出書類などに抜け・間違いがあると審査が進まず、融資までに時間がかかる可能性があります。

申し込みから契約までスムーズに進めたいなら、プロミスとのやり取りに必要なものは事前に揃えておきましょう

給与明細や本人確認書類などは当日に調達するのが難しい場合があるため、申し込む前に用意するのをおすすめします。

プロミスの必要書類

本人確認書類
運転免許証 これらのうち、いずれか1つが必要(最新の情報が記載されている必要がある)
健康保険証+1点(住民票、公共料金の領収書等)
パスポート
マイナンバーカード(通知カードは不可) 申し込み方法によっては利用できないので要確認
収入証明書類
最新の源泉徴収票 これらのうち、いずれか1つが必要
最新の確定申告書
税額通知書
最新の所得(課税)証明書(「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
給与明細書(直近2ヶ月分+1年間の賞与明細)
借入額が50万円未満の場合、「収入証明書類」の提出は原則不要です。

プロミスの審査時間は30分以上かかると想定しよう

  • プロミスの審査は最短30分
  • 職場の営業時間内に在籍確認をするのがおすすめ
  • 効率が良いのはWEBやスマホからのカードレス申し込み

プロミスでは審査が終わるまで最短30分とされていますが、実際はそれ以上に時間がかかるケースが多いです。

審査時間をなるべく短くするには、書類不備や入力ミスを防いだり、在籍確認がすぐにできる時間に申し込んだりするのが有効。

プロミスのWeb申し込みは審査結果の通知方法を電話・メールから選べたり、好きな時間に申し込みができるなどメリットが大きいです。

さらに平日午前に申し込む、書類を全て事前に用意しておくなどの対策によって審査の所要時間が減ると、結果的に審査時間を早める可能性が高まります。

プロミスの審査時間の目安と短縮方法を知り、安心した状態で待ち時間を過ごしましょう。

人気 プロミス

実質年率 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 限度額50万円以内なら必要書類は運転免許証だけ。
    安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!

関連コラム