プロミスの審査はパート・アルバイトでも通る?審査通過のコツを紹介

最終更新日:
プロミスの審査はパート・アルバイトでも通る?審査通過のコツを紹介

パート・アルバイトでもプロミスの審査を受けられる?」「プロミスの審査通過のコツは?

パート・アルバイトでもプロミスの審査に通過して借入できるか、不安に感じる方は多いです。

プロミスはパート・アルバイトでも審査を受けられて、コツを押さえればスムーズに審査に通過し融資を受けられます

本記事では、パート・アルバイトでもプロミスの審査に通過できるのか徹底解説。

パート・アルバイトのプロミスの審査基準や審査通過のコツ、審査時の注意点を取り上げます。

審査を通過してプロミスで融資を受けたいパート・アルバイトの方は必見です!

プロミスの審査はパート・アルバイトでも通過できる?

一般的にパート・アルバイトより正社員の方が返済能力・社会的信用が高い傾向にありますが、パート・アルバイトでもプロミスの審査に申し込んで審査通過できます

プロミス公式サイトに以下のように記載されているからです。

「アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。」(※1)

プロミスは雇用形態に関わらず、仕事をしていて安定した収入があれば審査を受けられるので、パート・アルバイトでも審査に申し込んで審査に通過可能です。

アルバイト・パートのプロミスの審査基準

  • 安定した収入の有無
  • 年齢が20歳~69歳か
  • 他社での借入状況
  • 借金/クレジットカードの長期延滞・滞納歴
  • 債務整理/自己破産の経験の有無

パート・アルバイトで安定した収入がある20歳以上の方なら、プロミスの審査に申込可能です。

消費者金融では年収の3分の1以上の借入ができない「総量規制」と呼ばれる決まりがあります。

そのため、他社での借入状況はパート・アルバイトでも審査に通過する上で重要です。

いわゆる「ブラックリスト」に載っていないかどうか、「借金/クレジットカードの長期延滞・滞納歴」「5年以内の債務整理/10年以内の自己破産歴」など、信用情報も審査で確認されます。

パート・アルバイトの年収はプロミスの審査で重要?

年収が低い傾向にあるパート・アルバイトの方の中には「年収額によっては審査を通過できないのでは」と不安に感じる方も多いです。

しかし、年収額を申告するのは、他社での借入額と年収を照らし合わせて、総量規制の対象とならないかを判断するのが主な目的と言えます。

年収額は返済能力の有無を審査する判断材料の一つですが、年収額自体が審査の合否を大きく左右する可能性は低いでしょう。

プロミスの審査では他社の借入状況や信用情報を重視して返済能力を判断する傾向にあります。

年収が低いパート・アルバイトの方でも十分審査に通過できる可能性があると言えるでしょう。

毎月収入があれば審査に申し込めるので、パート・アルバイトだからと言って不安に感じる必要はありません。

審査が不安なら「お借入れシミュレーション」を利用

審査が不安な人におすすめの「お借入れシミュレーション」

プロミスの審査が不安なパート・アルバイトの方は、「お借入れシミュレーション」を利用するのがおすすめです。

  1. 生年月日
  2. 年収
  3. 他社での借入金額

上記の3項目を入力するだけで、簡易的にプロミスの借入審査が可能。

「お借入可能と思われます」と表示された場合はプロミスの審査基準に合っている可能性が高いので、申し込んでみる価値があると言えます。

実際に「お借入れシミュレーション」を利用してみましょう。

  • 年収90万円
  • 他社での借入金額は0円

上記の条件で「お借入れシミュレーション」を利用したところ、審査結果は「お借入可能と思われます」と表示されました。

「お借入れシミュレーション」の審査結果からも、プロミスは年収額より他社での借入金額を重視していると言えるので、年収が低いパート・アルバイトの方でも安心して審査に申し込めます

パート・アルバイトがプロミスの審査に通過するコツ

パート・アルバイトがプロミスの審査に通過するコツは以下の3つです。

  1. 借入希望金額を低く設定する
  2. プロミス以外の借金を返済する
  3. 他社カードローンの申し込みは控える

借入希望金額を低く設定する

前述した通り、プロミスを含む消費者金融では、総量規制によって借入額の上限が年収の3分の1までと決まっています。

例えば、年収が120万円のパート・アルバイトの方の場合は40万円まで借入可能。

しかし、最初から上限額を借り入れできるケースは極稀です。

収入に見合わない借入希望金額を設定すると審査に通りにくくなるので、必要最小限の額でプロミスに申し込みましょう。

プロミスを継続利用して返済の実績を積めば、借入額の増額申請も可能です。

プロミス以外の借金を返済する

他社から借入をしている状態であれば、返済能力がないと判断されて、プロミスの審査通過に影響が出る可能性があります。

現在他社で借入があるパート・アルバイトの方は、プロミスの審査に申し込む前にできる限り返済するようにすれば、プロミスの審査に通過しやすくなるでしょう。

他社での借入があるパート・アルバイトの方は、一括返済繰り上げ返済で元金を減らすのがおすすめです。

他社カードローンの申し込みは控える

審査結果が思っていたより遅い」「すぐにでも融資を受けたい」などの理由で、プロミスと同時・プロミスの審査中に他社カードローンに申し込む方がいます。

パート・アルバイトに限らず、短期間で複数社のカードローンに申し込みをしたり、むやみに申し込みをくり返すと、金融機関からの信頼を失う「申し込みブラック」に陥る可能性が高いです。

申し込みブラックになるとプロミスの審査通過が難しくなるので、プロミスの審査に申し込む際は他社カードローンの申し込みは控えましょう

パート・アルバイトがプロミスの審査を受ける際の注意点

パート・アルバイトがプロミスの審査を受ける際の注意点は以下の3つです。

  1. 利用限度額が低くなる可能性が高い
  2. パート・アルバイト先への在籍確認がある
  3. 虚偽の申告をしない

利用限度額が低くなる可能性が高い

プロミスの利用限度額は審査によって決定。

パート・アルバイトの場合は、正社員ほど返済能力が高くないと審査で判断されて、利用限度額を低め設定される可能性が高いでしょう。

プロミスの初回申込時は、パート・アルバイトなどの雇用形態に関わらず、利用限度額を低めに設定される傾向にあります。

パート・アルバイト先への在籍確認がある

プロミスでは審査の一環としてパート先・アルバイト先への在籍確認を実施。

申込書に記入されたパート先・アルバイト先へプロミスの担当者が実際に電話をし申告した勤務先に本当に在籍しているのか確認します。

プロミス担当者である点は伏せて非通知で電話をするので、基本的にはプロミスの利用がパート先・アルバイト先にバレる心配はありません

虚偽の申告をしない

プロミスの審査通過率を上げるために「雇用形態」「年収」「他社での借入額」などの項目で、虚偽の申告をするのはやめましょう。

パート・アルバイトでも、年収が低くても、他社での借入があってもプロミスの審査に通過する可能性はあります。

プロミスの審査で虚偽の申告をしたのが発覚すると、もちろん審査に通過できません

プロミスの審査に申し込むパート・アルバイトの方は、必ず正しい情報を申告しましょう。

年収が低いパート・アルバイトでもプロミスの審査に通過できる!

パート・アルバイトの方がプロミスの審査に通過して、融資を受けられるか解説しました。

プロミスの審査では年収額より下記の項目が重視されます。

  • 安定した収入がある
  • 年齢が20歳~69歳
  • 他社での借入がない/少ない
  • 長期延滞・滞納歴なし
  • 債務整理/自己破産の経験なし

上記に当てはまる方であれば、パート・アルバイトで年収が低くてもプロミスの審査に通過する可能性が高いと言えるでしょう。

プロミスの審査は、プロミス公式サイトからの申し込みがスムーズです。

今すぐ融資を受けたいパート・アルバイトの方は、プロミス公式サイトからプロミスの審査に申し込みましょう。

(※1出典:お申し込みについて|よくある質問・お問い合わせ|キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト)

人気 プロミス

実質年率 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 限度額50万円以内なら必要書類は運転免許証だけ。
    安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!
  • ※ プロミス:他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
  • ※ プロミス:無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • ※ プロミス:電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

関連コラム