アコムの審査に落ちる原因は?審査に落ちない対策をして借入をしよう

最終更新日:
アコムの審査に落ちる原因は?審査に落ちない対策をして借入をしよう


アコムの審査に落ちる原因と対策を知っておきたい
もし審査に落ちたらどうしたらいいのかも知りたい

アコムの利用を検討しているけれど、自身が審査に落ちるのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。

実はアコムの審査に通過する割合は約40%で、半数以上の人が落ちてしまうのが現状です。

だからこそアコムの審査を受ける前に、何が原因で審査に落ちるのか、どういった対策を講じる必要があるのかを事前知識として知っておくと審査に落ちにくくなるでしょう。

本記事ではアコムの審査に落ちる原因や対策方法、もし審査に落ちてしまった後に取れる行動を解説します。

アコムの審査に落ちる割合は約60%

アコムの審査に落ちる人の割合は審査通過率から導き出せます。

審査通過率とは、アコムに申し込んだ人のうち契約までこぎつけた人がどれくらいいるのかを割合で出したものです。

アコムの平均審査通過率

参照:マンスリーレポート2021年3月期|アコム

アコムでは、新規の申込者が毎月どれほどいて、そのうち何人の新規契約をしたのかをマンスリーレポートとして記録しています。

2021年3月期の2020年4月から2021年2月までのデータによると、アコムの平均審査通過率は41.2%です(2021年4月9日現在)。

つまりアコムに申し込みをすると、10人に6人ほどは審査に落ちる計算になります。

審査通過率の他社との比較(2021年4月9日現在)
カードローン名 通過率 審査に落ちる割合
アコム 41.2% 58.8%
アイフル 40.4% 59.6%
プロミス 38.0% 62.0%

他社が運営しているカードローンの審査に落ちる平均的な割合を比較すると、プロミスが少し高いように見えますが、おおよそ6割前後で同じくらいです。

アコムの審査通過率は他社と比べても特段高雲低くもないと言え、標準的な数値だと言えるでしょう。

アコムの審査に落ちる原因

ではアコムの審査に落ちる人は何が原因なのでしょうか。

アコムの審査に通過するには、一定の基準をクリアしている必要がありますが、何かが足りていないと判断され落ちてしまいます。

事実と異なる申告をした

アコムに申し込みをする際や書類を提出する時に自身の情報を申告する必要がありますが、事実と異なる情報を記入すると審査に落ちる可能性が高いです。

アコムが審査の可否は後述する収入の安定性で決められますが、きちんと返済してくれるような信用できる人間であるかどうかも重要な要素と言えます。

少しでも審査に通りやすくするために勤務先や年収、借入状況を偽ったとしても、審査の過程で必ず嘘があぶりだされるでしょう。

たとえ故意でなかったとしても、申告する情報が事実と異なり結果的に嘘をついてしまうと、何かを企んでいるのではないかと疑いの目で見られてしまいます。

場合によっては信用に欠ける人物だとアコムに判断され、審査に落ちてしまうのです。

収入が不安定である

アコムを利用するには安定した収入と返済能力が必要です。

安定した収入とは、毎月決まった日に、あまり変動せず決まった収入を得られる状態であるかを指します。

日雇いや臨時職員など不定期で雇われている場合は、毎月安定した収入を得ているとは判断されにくく、審査に落ちる可能性が高いと言えるでしょう。

ただし、アルバイトやパートなどの正社員ではない働き方をしている人でもアコムの利用はできます。

あくまで収入のない月や、月によって得られる金額が異なると審査に不利なのです。

毎月の収入に年金や生活保護などは含まれません。

他社からの借入がたくさん残っている

アコムに申し込みをする時点ですでに他社からの借入が多いと審査に落ちてしまいます。

個人がカードローンで借入できる金額の上限は年収の3分の1と法律で決まっており、この額を超える融資は行われません。

またこのルールはアコムだけに限らず1社ごとではなく借入の総額に対して適応されるのです。

したがって、他社からの借入金額が年収の3分の1に近い人は、アコムの審査に落ちる可能性が高いと言えるでしょう。

また、借入金額だけでなく借入先の数も気にする必要があり、たとえ少額ずつでもいくつもの会社から融資を受けている場合も審査に落ちる要因の一つとなりえます。

信用情報にキズがついている

過去に長期間の延滞や滞納といった金融事故を起こしてブラックリストに載っていると、ほぼ確実に審査落ちします。

国内には3つの信用情報機関があり、過去の返済状況や現在の借入情報が共有されています。そのため、アコム以外での借入や延滞も全てわかってしまうのです。

国内の信用情報機関
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
    ブラックリストになる金融事故

  • 長期間の延滞(支払日から61日以上)
  • 3か月以上連続の延滞
  • カードの強制解約
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 代位弁済

しかし、金融事故の記録は永久に残るわけではありません。金融事故の内容や信用情報機関によって記録が抹消される期間が決まっています。

記録が抹消されるまでの期間
金融事故の内容
CIC
JICC
KSC
長期間の延滞 5年 1年 5年
3か月以上連続の延滞 5年 5年 5年
カードの強制解約 なし 5年 5年
債務整理 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 なし 5年 5年

このうち、アコムが加盟しているのはJICCとCICです。

長期間の延滞も5年経てば記録から抹消されますが自己破産後は最長で10年は審査に通らないと言われています。

抹消期間のカウントが始まるのは「完済後」。延滞をしている間は、いつになってもブラックリストから消えません。

特に注意したいのは、携帯電話を分割で購入して電話代と一緒に支払っているケースです。

携帯電話会社はCICに加入しているため、支払いの遅延があると「金融事故」として登録されてしまうでしょう。

クレジットカードの利用や他社での借入がなくても、携帯電話本体を分割で購入しているなら注意してください

自分の信用情報が知りたい方は、信用情報機関に情報開示を求めましょう。開示請求はインターネットや郵送で手軽に申し込めます。
※情報開示には1,000円の手数料が必要

在籍確認に応じなかった

アコムが行う審査の終盤で在籍確認が実施されます。

申し込みの際に申告した勤務先で本当に働いているかどうかを、アコムの担当者が会社に電話をかけて確認するのです。

    アコムの在籍確認で落ちる例

  • 誰も電話に出ない
  • すでに退職をして在籍をしていない
  • そもそも会社が存在しない

もし本人が勤務している実態が確認できない場合は、アコムの審査に落ちる可能性が高いので気を付けてください。

ただし、会社によっては個人情報保護のために回答をしない方針である場合もあるでしょう。

自身が働く会社で在籍確認が難しいと分かっているなら、事前にアコムへの相談をするのをおすすめします。

場合によっては電話ではなく書類で済ませてくれたりもするので、確認を取ってみましょう。

アコムの審査に落ちないための対策方法

アコムの審査に落ちる原因が分かったところで、落ちないための対策を取る必要があります。

気を付ける点は4つあるので、それぞれに気をつけて審査に臨みましょう。

書き間違いや虚偽の申告をしない

アコムに提出する書類に嘘の情報を書き込むのはもってのほかですが、記入漏れや読みにくい字で記入するのもしないように気をつけてください。

たとえ嘘偽りのない正直な情報を記載しても、アコムの担当者が読めなければ審査に時間がかかってしまい、場合によっては落ちるかもしれません。

また、PCやスマホを使って記入する場合でも必要な情報が抜けてしまう場合もあるので、記入後は必ず読み返してみて自己チェックをしておきましょう。

希望額を必要最低限にする

万が一を考えて、アコムから借入する希望額を多めに設定したくなるかもしれません。

しかし、個人が借入できる上限金額の件もあり、希望額が高いほど審査のレベルも上がってしまいます

そのため、自身が現在どれくらいのお金が必要なのかを洗い出し、必要最小限の金額を希望するといいでしょう。

今後、より多くの借入をしたい場合、アコムでは増額申請ができるので必要な分だけ限度額を増やしていくと家計に優しいアコムの利用ができます。

短期間に複数社に申し込まない

アコムだけでなく他のカードローンにも申し込みをして、審査に通過する確率を上げられるのではと考える人もいるかもしれません。

しかしカードローンに申し込みをすると、その情報が個人信用機関に登録されます。

アコムの審査では信用情報を必ず確認するので、直近で他社に申し込みをしていないかどうかも確認可能なのです。

短期間にいくつものカードローンに申し込むと、とにかくお金に困っている印象をアコムに植え付けてしまいかねません

そのためアコムの審査を受ける際は、できるだけ他社へも申し込みは控えておきましょう。

今の会社に長く勤める

アコムの審査では収入が安定しているかどうかを確認する過程で、現在の会社でどれだけの期間働いているのかが重要になってきます。

勤続年数が長いほど継続して収入を得ており、これからも安定した収入を見込めると考えられるので、アコムの審査に有利と言えるでしょう。

反対に収入がない無職の人には返済できるほどの資金を調達する術がないため、審査に通る可能性はほぼありません。

また、転職などをして勤続年数が短い人は、継続した収入が見込めるのか判断がつきにくいので多少不利になると考えられます。

したがって、今の職場で働く期間が短い人は、しばらく時間が経ってからアコムの申し込みをするといいでしょう。

アコムの審査に落ちたときの注意点

アコムの再審査を受けられるのは6か月後

アコムに申し込みをするとCICやJICCといった個人信用情報機関にその旨が記録されます。

申し込みをした記録が残っていると、他のカードローンの審査を受けようとしても、すぐにでもお金が必要なのかもしれないと不審がられてしまう可能性があり落ちる原因の一つです。

申し込みの情報が記録される期間
個人信用情報機関 保存期間
CIC 6ヶ月
JICC

CICやJICCに保管される申し込みの情報は6か月間残り続けます。

そのため、アコムの審査に落ちた後に再度申し込みをする場合は、情報が破棄されるまで少なくとも6ヶ月以上は空けるようにしましょう。

また、他社のカードローンに申し込む手段もありますが、同様に申込ブラックにならないよう信用情報がクリアになるまで待つようにするのをおすすめします。

アコムの審査に落ちた後に取れる行動

カードローン以外の方法でお金を捻出する

アコムの審査に落ち、6ヶ月も待てずすぐにでもお金を確保したい場合はそのほかの手段を選択しましょう。

  • 家計の収支を確認・調整する
  • いらないものを売却する

まずは現在の収入と支出を確認してみましょう。

毎月どれくらいの金額が入ってくるのか、そしてどれほどの金額を何に使って出て行っているのかを追ってください。

普段何にお金を使っているのかが分かれば、無駄使いをしているかどうかが分かり、節約の可否の判断もつきやすくなるでしょう。

毎月の負担が少しでも減れば、その分自由に使えるお金が増えるのでやりくりできるかもしれません。

また、家にあるいらないものを売ったりして臨時の収入を増やせるので、切り盛りする一助になるでしょう。

アコムの審査に落ちる原因を知り対策を練ろう

アコムの審査に落ちるのは安定した収入や返済ができるかどうかの信用が得られない時です。

したがってアコムからの信用を獲得するために相応の対策を行い、審査通過を狙ってみてください。

もし審査に落ちてしまうと信用情報に申し込みをした旨が6か月間記録されるので、再申込みをするなら半年経ってからにするのがいいでしょう。

人気 アコム

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
借入限度額 最大800万円
来店不要!ネットで契約から借入まで可能
  • 最短30分で審査回答! 即日振込! 初めての方は30日間金利0円!
  • バイト・パート申込OK! 安定した収入があれば誰でも運転免許証のみで申込み可能!
    ※詳細は下記注釈欄、または公式サイトよりご確認ください
  • 無担保・無保証人で申込! 限度額50万円以下なら原則収入証明書の必要なし!

関連コラム