プロミスのおまとめローンとは?借金を借り換えて返済管理を楽にしよう

最終更新日:
プロミスのおまとめローンとは?返済管理を楽にし支払額を減らす方法
  • 複数あるローンを一つにまとめたい
  • 現在よりも低い金利(実質年率)で返済額を軽減したい

プロミスの「おまとめローン」を利用して複数社からの借金をプロミスに借り換えると、返済時の負担を大きく減らせます

しかし、おまとめローンを利用するにはプロミスの審査に通る必要があり、従来のカードローンと異なる点もあるので、特徴や注意点を把握するのが大事です。

本記事では、プロミスのおまとめローンの特徴や、借り換え時の注意点を解説します。

複数の貸金業者から借入をしていて、毎月の返済を楽にしたいと考えている方は必見です!

プロミスおまとめローンの概要

プロミスを利用した借り換えは「おまとめローン」の名称で提供されています。

「おまとめ」と「借り換え」は複数の借入をまとめるか、単により安い利息で借り換えるかが違いを区別するポイントです。

しかし、実際は多くの金融機関・消費者金融で同じ意味合いとして使われるため、厳密に考えなくて大丈夫でしょう。

プロミスおまとめローンの基本情報
ご融資額 300万円まで
ご契約額 お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式 単一金利
実質年率 6.3%~17.8%
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 元利定額返済方式
ご返済期日 5日、15日、25.日、末日の中から、お客さまのご都合にあわせてお選びいただけます。
ご返済期間・ご返済回数 最終借入後最長10年・1回~120回
お申込みいただける方 年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方
資金使途 他の貸金業者からの借入返済に限ります。
借換え対象となるローン 消費者・クレジットカードなどにおけるお借入れ(無担保ローン)
担保・保証人 不要

プロミスのおまとめローンは、プロミスが利用者名義で借金を返済をして、利用者はプロミスにだけ返済を行なえるようになるサービスです。

プロミスが他社借入を代わりに返済をする際、利用者は振込手数料や代行手数料を支払う必要はありません

おまとめローンは返済に特化したサービス

複数社から借入をしていると、返済日もバラバラで管理が大変ですよね。

プロミスのおまとめローンを利用すると、プロミスへの返済だけを把握すればいいので、あれこれ考える必要がなくなります。

また、おまとめローンを利用すると金利(実質年率)が低く設定されやすいので、高額の借入をしている人ほど返済が非常に楽になるでしょう。

ただし、プロミスのおまとめローンは返済に特化したサービスのため追加融資はできません

追加融資をしたい方は、おまとめローンを完済してから利用してください。

おまとめローンは総量規制の対象外

プロミスのカードローンは、総量規制によって借入できる金額の上限が決まっています。

総量規制とは借入できる金額に上限を年収の1/3に抑える、貸金業法が定める制度です。

ですが、おまとめローンは総量規制の対象外なので、他社借入をまとめた金額が年収の1/3を超過しても利用できます

プロミスのおまとめローンの特徴

毎月の返済額・適用金利が小さくなる可能性がある

貸金業法
(利息、保証料等に係る制限等)
第十二条の八 貸金業者は、その利息(みなし利息を含む。第三項及び第四項において同じ。)が利息制限法第一条に規定する金額を超える利息の契約を締結してはならない
利息制限法
(利息の制限)
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

参照:貸金業法
参照:利息制限法

貸金業法や利息制限法では100万円の借入に対して利息の上限をを15%にすると規定しています。

100万円未満の借入を複数の会社からしている場合、それぞれに返済する金額の合計は大きくなるかもしれません。

しかしすべてのローンをまとめたら100万円を超えていれば適用される実質年率が下がり、返済金額も小さくなる可能性があるのです。

3社から借入している場合の例
A社 B社 C社
金利(実質年率) 18.0% 18.0% 18.0%
借入残高 500,000円 700,000円 800,000円
借入期間 5年 5年 5年
毎月返済額 12,696円 17,775円 20,314円
返済総額 761,781円 1,066,488円 1,218,684円
合計
借入残高 2,000,000円
毎月返済額 50,785円
返済総額 3,047,133円

例えば100万円に満たない額を3社から借入しているとします。適用される実質年率は、借入額が100万円未満なので18%が上限です。

したがって返済総額は300万円を越え、借入額の1.5倍となります。

プロミスおまとめローン
金利(実質年率) 15.0%
借入残高 2,000,000円
借入期間 5年
毎月返済額 48,000円
返済総額 2,842,747円
差額
毎月返済額 2,785円
返済総額 204,386円

ローン残高の合計が100万円を超えれば適用される実質年率が低くなるので、発生する利息が減り返済総額も減少します。

返済総額が減額し月々に支払う金額も同時に下がるので、返済負担が緩和されるでしょう。

ローンをまとめて計画的な返済ができる

返済日
A社 毎月5日
B社 35日おき
C社 毎月25日

上のように複数社から借入をすると返済日がずれ、月に何度も返済しなければなりません。

返済の管理が大変ですし、うっかり返済を忘れてしまう場合もあるでしょう。

延滞をすれば返済額に加えて遅延損害金を支払う必要があるので、デメリットしかありません。

しかしプロミスのおまとめローンを利用すれば、毎月決まった日に返済すればいいので返済計画を立てやすくなります

返済したのにまた返済しないといけない、といった返済の悪循環から抜け出す一助になりえるでしょう。

プロミスでのおまとめローン利用の流れ

おまとめローン申し込みの流れ

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 在籍確認
  4. 必要書類の発行/郵送
  5. 返済専用ローンカードの発行
  6. プロミスによる代行返済

プロミスおまとめローンに申し込むには、自動契約機や店頭窓口などの店舗へ行くか電話をかける必要があります。

申し込みが済むと審査開始です。審査時には必ず在籍確認が行なわれるので、準備しておいてください。

プロミスおまとめローンの必要書類

審査に通ると店舗申込ならその場で、プロミスコールなら郵送で必要書類が渡されます。

プロミスおまとめローンはカードローン同様、書類の提出が必須です。

ただし、借入額に関係なく収入証明書類を提出しなければならないので気をつけましょう。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート+住民票
  • 健康保険証+住民票
収入証明書類
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書(最新のもの)
  • 所得証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
  • 給与明細書(直近2か月分)+賞与お明細書(直近1年分)

マイナンバーが記載されている本人確認書類や収入証明書類を提出する場合は、見えないよう加工して提出しましょう。

プロミスのおまとめローンと銀行の違い

プロミスと銀行の違い

プロミスのおまとめローン 銀行
対象 正社員でなくてもOK 正社員のみの場合あり
借り換え上限額 300万円 300万円以上可能
審査スピード 即日可能 1日以上はかかる
利息の高さ 6.3%~17.8% 14%台
借り換えの対象 貸金業者の無担保ローン 目的別ローン
・銀行カードローン
・教育ローンなど
有担保ローン
・住宅ローンなど

プロミスより銀行系の方が利息が低い

プロミスで借り換えを行なう場合、通常の消費者金融で借りるローンよりも利息が低くなりやすい傾向があります。

100万円を超える借入の利息は、プロミスの場合15%以下です。

ですが、多くの銀行の上限金利は14%台以下。プロミスより、さらに利息が低いのが分かります。

利息が低い分、審査も相応に厳しくなると考えられますが、利息を節約したい方は銀行ローンをチェックして損はありません。

プロミスで対象外のローンも銀行では一部対応

銀行の借り換えでは、プロミスでは対象外となる銀行ローンの借入にも対応しています。

なお、元々の利息が低い自動車ローンや住宅ローン、目的別ローンなどは借り換えても利息が低くならないケースが多いため、どの借り換えローンでも対象外になっています。

現在、クレジットカードのショッピング枠に対応しているのはアイフルのみなので、ショッピング枠の借り換えを検討している方はアイフルを利用しましょう。

銀行系では300万円以上の借入にも対応している

プロミスで借り換え目的の借入をする場合、上限額は300万円です。

そのため、借入残高が300万円以上ある場合は、プロミスのおまとめローンを利用できません。

銀行ローンなら、ほとんどの場合300万円よりも限度額が高いため、借入残高が多い方はまず銀行での借り換えを検討した方が良いでしょう。

プロミスのおまとめローンは土日も即日融資できる

おまとめローンに対応している銀行も存在しますが、審査に時間がかかり、最短でも申し込んだ翌日以降に結果が来ます。

対してプロミスのおまとめローンは、カードローンと同じく、申し込んだその日のうちに審査が行なわれるので最短で即日融資が可能です。

また、プロミスは土日祝でも自動契約機やプロミスコールでの申し込みなら審査・即日融資に対応しています

ただし、即日融資を考えているなら申し込みを14時までにはしておきましょう。

プロミスは銀行振込で返済の代行をしてくれますが、銀行は15時に閉まるのでそれ以降の申し込みでは即日利用できないかもしれません。

正社員でなくても審査に通る可能性がある

銀行では収入があっても正社員以外だと条件に合わず、門前払いされてしまう場合があります。

その点、プロミスのおまとめローンでは一定の収入があれば、職業や雇用形態に関わらず融資を受けられるのがメリットです。

    プロミスで借り換えを利用する条件
        

  • 年齢が20歳以上、65歳以下である
  • 現在、貸金業者からお金を借りている
  • 対象の借入金額を300万円以内に収める
  • 本人に毎月安定した収入がある

プロミスおまとめローンの注意点

信用情報に問題があると審査に通らない

借り換えの審査を受ける際は、現在の借り入れ状況を示す「信用情報」が必ず照会されます。

    信用情報の一例

  • クレジット関係・ローンの契約情報、残高
  • 毎月の返済状況
  • クレジット会社などの信用情報照会記録
  • 債務整理(自己破産など)の記録

延滞、自己破産などの問題が発生すると5年~10年の間、信用情報にその旨が記録されます

信用情報に事故記録がある状態だと、審査に申し込んでも落ちてしまうので、注意が必要です。

なお、これらの信用情報は、日本信用情報機関(JICC)やCICなどの「個人信用情報機関」で管理されています。

利用者が嘘をついても意味はないので、正直に申告するようにしましょう。

おまとめローンはWEB申込ができない

    プロミスおまとめローン申し込み方法

  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • プロミスコール

プロミスのおまとめローンは自動契約機や店頭窓口といった店舗プロミスコールでしか申し込みができません。

WEB申込ですぐに申し込みを済ませたいと思ってもできませんので注意が必要です。

おまとめローンを利用する際は近くに店舗があるかどうかの確認をしておくといいでしょう。

電話での申し込みも受け付けていますが、電話の内容を聞かれてしまうとプロミスを使うのがバレる可能性があるので、プロミスコールからの申し込みは場所に気を付けてください。

おまとめローンを利用できない場合もある

プロミスのおまとめローンでは、総量規制の対象になる借入(無担保ローン)だけを借り換えられます

プロミスや他社を含めた消費者金融業者や、クレジットカードのキャッシング枠で借り入れたお金が対象です。

銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠、その他住宅ローンなどの有担保ローンなどは対象外なので、注意しておきましょう。

銀行カードローンの返済をまとめたい場合は、銀行が行なうおまとめローンを利用してください。

通常の借入より少し年齢制限が厳しい

プロミスのおまとめローンで借り換える際の基本条件は「年齢が20歳以上、65歳以下」「本人に安定した収入がある」の2点です。

借入額が多いほど長期的な返済が必要になるため、通常の借入(20歳~69歳が対象)よりも年齢制限が厳しくなっています

プロミスおまとめローンの審査に通過するポイント

収入を安定させる

    プロミスおまとめローン利用条件

  • 年齢20歳以上65歳以下の人
  • 安定した収入がある人

プロミスおまとめローンを利用できるのは上記の両条件に当てはまる人となります。

「安定した収入がある」=毎月一定の収入があり、収入にムラが少ない状態です。

複数のローンを組んでいると月々の返済で収入の安定性が崩れている可能性があります。

また、アルバイトやパートでも利用できますが、毎月の収入に大きな差があると使えません。

審査に通るには、必ず毎月の返済額を支払えるくらいの収入を安定させる必要があるでしょう。

プロミスからの在籍確認に対応する

カードローンの審査時同様に、おまとめローンの審査でも在籍確認は必ず行なわれます。

在籍確認ができない場合は審査に落ちてしまうので、気をつけてください。

おまとめローンの在籍確認は、勤務先にプロミスのスタッフが電話をかけ、本当に申込者が勤務しているのかを確認します。

その際、個人名を名乗り、プロミスの人間であるとは分からないように配慮してくれるので基本的にはバレません。

会社の人が電話に出た時に備え、事前に「席を外している」と返答するよう伝えておきましょう

信用実績にキズをつけない

プロミスはおまとめローンでも、通常の審査と同様に返済能力があると信用できる人にだけ融資を行ないます。

しかし過去に返済の滞納や債務整理をした経験がある場合は、信用情報にキズが付いているかもしれません。

信用情報にキズがあると返済能力をと疑われ、おまとめローンの審査に落ちる可能性が高いです。

おまとめローンの審査に通るには返済日をしっかりと守り、信用情報にキズをつけないようにしましょう。

他社借入の件数や金額を少なくする

カードローンの場合と同じように、借入先が多ければ審査に通りにくくなってしまいます。

したがって借入件数がいくつかある場合はできるだけ数を減らしておくといいでしょう。

また、プロミスおまとめローンの最高融資額は300万円なので、上限額を超えないように気を付けてください。

借入先の数を減らせば金額も同時に減らせるので、できるだけ自分で返済を進め借入総額を減らしてからおまとめローンに申し込みましょう。

プロミスでおまとめローンを利用できなかった時の対処法

金利の引き下げを交渉する

交渉次第では、現在利用している消費者金融や金融機関の利息を引き下げられるかもしれません。

新しい借入ができなくなるデメリットはありますが、金利の引き下げによって返済が滞らなくなる確証が得られれば、応じてもらいやすくなるでしょう。

プロミスで借り換えローンの審査に落ちてしまった場合は、まず各社に連絡して交渉をしてみるのをおすすめします。

中小の消費者金融での借り換えを利用する

地方ローカルなどの中小消費者金融でも、借り換え目的のローンを扱っている場合があります。

プロミスや銀行で融資を受けられない方が申し込むケースが多いため、対応してもらえる可能性がありますが、条件が緩いわけではない点は注意が必要です。

債務整理を行なう

債務整理とは、借金の減額や支払いの猶予によって、現在の生活を楽にするための法的な手続きを指します。

    債務整理の種類

  • 過払い金請求……払いすぎた利息を返してもらう
  • 任意整理……利息のカットや長期の分割払いなどで返済条件を緩和する
  • 個人民事再生……借金総額を大幅に減額してもらう
  • 自己破産……家や車などの財産を手放す代わりに、借金の支払い義務をなくす

これらの債務整理を行なうと、最低でも5年はローンを組めなくなる代わりに、今の借金についての悩みを解決できるので、お困りの方は検討してみてください。

なお、ローン以外のクレジットカードも利用停止となってしまう点には注意が必要です。

プロミスのおまとめローンで返済計画を立てやすくしよう

  • おまとめローンは複数の借入先を一本化するサービス
  • 実質年率が下がり、総返済額を減らせる可能性がある
  • 返済日がまとまるので計画的な返済が可能になる

複数の消費者金融から借入をしている方にとって、利息や複数回の返済は非常に重い負担です。

プロミスのおまとめローンを利用すると、複数ある借入を完全に一本化できます。

毎月の返済が1回にまとまって楽になるだけでなく、返済総額を減らせるのが大きなメリット。

そうでなくても、返済先をプロミスだけに絞るので毎月1回の返済で済み、返済計画が立てやすくなります

複数社から借入している方は、プロミスのおまとめローンを利用してみてはいかがでしょうか。

人気 プロミス

実質年率 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 限度額50万円以内なら必要書類は運転免許証だけ。
    安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!

関連コラム