プロミスのおまとめローンとは?返済の管理を楽にし支払額を減らす方法

プロミスのおまとめローンとは?返済の管理を楽にし支払額を減らす方法
  • プロミスのおまとめローンを使いたい
  • 複数あるローンを一つにまとめたい
  • 現在よりも低い金利で返済額を軽減したい

プロミスのおまとめローンを利用すれば、複数社からの借金をプロミスに一本化し、返済の負担を大きく減らせます

しかしおまとめローンを利用するにも審査に通る必要があり、プロミスのカードローンサービスと異なる点もあるので、特徴や注意点を把握するのが大事です。

プロミスのおまとめローンとは

プロミスおまとめローンの基本情報
ご融資額 300万円まで
ご契約額 お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式 単一金利
借入利率 6.3%~17.8%
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 元利定額返済方式
ご返済期日 5日、15日、25.日、末日の中から、お客さまのご都合にあわせてお選びいただけます。
ご返済期間・ご返済回数 最終借入後最長10年・1回~120回
お申込みいただける方 年齢20歳以上、65歳以下のご本人に安定した収入のある方
資金使途 他の貸金業者からの借入返済に限ります。
借換え対象となるローン 消費者・クレジットカードなどにおけるお借入れ(無担保ローン)
担保・保証人 不要

プロミスのおまとめローンは、プロミスが利用者の借金を利用者の名義で代わりに返済をして、利用者はプロミスにのみ返済をするサービスです。

プロミスが他社借入を代わりに返済をする際、利用者は振込手数料や代行手数料を支払う必要はありません

おまとめローンは返済に特化したサービス

複数社から借入をしていれば返済日もバラバラで管理が大変です。

しかしプロミスのおまとめローンを利用するとプロミスのローンのみを管理をすればいいので、あれこれ考える必要がなくなります。

また、おまとめローンを利用すれば金利が低めに設定されるので、返済が非常に楽になるでしょう。

ただし、プロミスのおまとめローンは返済に特化したサービスなので追加融資は受け付けていません

追加融資をしたい方はおまとめローンを完済してからになります。

総量規制の対象外

プロミスのカードローンは、総量規制によって借入できる金額の上限が決まっています。

総量規制とは借入できる金額に上限を年収の1/3に抑える、貸金業法が定める制度です。

ですが、おまとめローンは総量規制の対象外なので、他社借入をまとめた金額が年収の1/3を超過しても利用できます

プロミスのおまとめローンの特徴

毎月の返済額・適用金利が小さくなる可能性がある

貸金業法
(利息、保証料等に係る制限等)
第十二条の八 貸金業者は、その利息(みなし利息を含む。第三項及び第四項において同じ。)が利息制限法第一条に規定する金額を超える利息の契約を締結してはならない
利息制限法
利息の制限)
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

参照:貸金業法
参照:利息制限法

貸金業法や利息制限法では100万円の借入に対して利息の上限をを15%にすると規定しています。

100万円未満の借入を複数の会社からしている場合、それぞれに返済する金額の合計は大きくなるかもしれません。

しかしすべてのローンをまとめたら100万円を超えていれば適用金利が下がり、返済金額も小さくなる可能性があるのです。

3社から借入している場合の例
A社 B社 C社
金利(実質年率) 18.0% 18.0% 18.0%
借入残高 500,000円 700,000円 800,000円
借入期間 5年 5年 5年
毎月返済額 12,696円 17,775円 20,314円
返済総額 761,781円 1,066,488円 1,218,684円
合計
借入残高 2,000,000円
毎月返済額 50,785円
返済総額 3,047,133円

例えば100万円に満たない額を3社から借入しているとします。適用される金利は、借入額が100万円未満なので18%が上限です。

したがって返済総額は300万円を越え、借入額の1.5倍となります。

プロミスおまとめローン
金利(実質年率) 15.0%
借入残高 2,000,000円
借入期間 5年
毎月返済額 48,000円
返済総額 2,842,747円
差額
毎月返済額 2,785円
返済総額 204,386円

ローン残高の合計が100万円を超えれば適用される金利が低くなるので、発生する利息が減り返済総額も減少します。

返済総額が減額し月々に支払う金額も同時に下がるので、返済負担が緩和されるでしょう。

ローンをまとめて計画的な返済ができる

返済日
A社 毎月5日
B社 35日おき
C社 毎月25日

複数の会社から借入をすると返済日がずれ、月に何度も返済しなければなりません。

返済の管理が大変で、気が緩むと返済を忘れてしまう場合もあるでしょう。延滞をすれば返済額に加えて遅延損害金を支払う必要があるので、デメリットしかありません。

しかしプロミスのおまとめローンを利用すれば、毎月決まった日に返済すればいいので返済計画を立てやすくなります

返済したのにまた返済しないといけない、といった返済の悪循環から抜け出す一助になりえるでしょう。

即日融資ができる

銀行にもおまとめローンをしているところもありますが、審査に時間がかかり、最低でも申し込んだ翌日に結果が来ます。

対してプロミスのおまとめローンは、カードローンと同じく、申し込んだその日のうちに審査が行われるので最短で即日融資が可能です。

ただし、即日融資を考えているなら申し込みを14時までにはしておきましょう。

プロミスは銀行振込で返済の代行をしてくれますが、銀行は15時に閉まるのでそれ以降に申し込みをすると最短で利用できないかもしれません。

また土日や祝日は銀行が休みなので、おまとめローンの即日融資は受けられないでしょう。

プロミスおまとめローンの注意点

おまとめローンはWEB申込ができない

    プロミスおまとめローン申し込み方法

  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • プロミスコール

プロミスのおまとめローンは自動契約機や店頭窓口といった店舗プロミスコールでしか申し込みができません。

WEB申込ですぐに申し込みを済ませたいと思ってもできませんので注意が必要です。

おまとめローンを利用する際は近くに店舗があるかどうかの確認をしておくといいでしょう。

電話での申し込みも受け付けていますが、電話の内容を聞かれてしまうとプロミスを使うのがバレる可能性があるので、プロミスコールからの申し込みは場所に気を付けてください。

おまとめできないローンがある

プロミスのおまとめローがまとめられるのは、消費者金融からの借入金に限定されています。

銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠は対象ではありません。

銀行カードローンの返済をまとめたい場合は、銀行が行うおまとめローンを利用しましょう。

おまとめローンの上限額は300万円である

プロミスのおまとめローンで融資できる最高額は300万円です。借入総額が上限額を超過していると利用できません

借入総額が上限を超えるような金額になる場合は、利用限度額の高い会社や銀行カードローンの利用をおすすめします。

プロミスおまとめローン利用の流れ

おまとめローン申し込みの流れ

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 在籍確認
  4. 必要書類の発行/郵送
  5. 返済専用ローンカードの発行
  6. プロミスによる代行返済

注意点でも触れましたが、プロミスおまとめローンの申し込み方法は店舗へ行くか電話をかけるかの2つだけ。

申し込みが済むと審査に開始です。審査開始の際に在籍確認がなされるので注意しましょう。

プロミスおまとめローンの必要書類

審査に通ると店舗申込ならその場で、プロミスコールなら郵送で必要書類が渡されます。

プロミスおまとめローンはカードローン同様、書類の提出が必須です。

ただし、借入額に関係なく収入証明書類を提出しなければならないので気をつけましょう。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート+住民票
  • 健康保険証+住民票
収入証明書類
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書(最新のもの)
  • 所得証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
  • 給与明細書(直近2か月分)+賞与お明細書(直近1年分)
マイナンバーが記載されている本人確認書類や収入証明書類を提出する場合は、見えないよう加工して提出しましょう。

プロミスおまとめローンの審査に通過するポイント

収入を安定させる

    プロミスおまとめローン利用条件

  • 年齢20歳以上65歳以下の人
  • 安定した収入がある人

プロミスおまとめローンを利用できるのは上記の両条件に当てはまる人。

安定した収入があるとは、毎月の収入がありその収入にムラがあまりない状態です。

複数のローンを組んでいると月々の返済で収入の安定性が崩れている可能性があります。

また、アルバイトやパートでも利用できますが、毎月の収入に大きな差があると使えません。

審査に通るには、必ず毎月の返済額を支払えるくらいの収入を安定させる必要があるでしょう。

在籍確認ができるようにする

カードローンの審査時同様に、おまとめローンの審査でも在籍確認は必ず行われます。

在籍確認ができない場合は審査に落ちてしまうので、気をつけてください。

おまとめローンの在籍確認は、勤務先にプロミスのスタッフが電話をかけ、本当に申込者が勤務しているのかを確認します。

その際、個人名を名乗り、プロミスの人間であるとは分からないように配慮してくれるので基本的にはバレません。

会社の人が電話に出た場合を考え、事前に「席を外している」と返答するよう伝えておきましょう

信用実績にキズをつけない

プロミスは返済だろうと信用した人に審査を通します。

しかし過去に返済の滞納や債務整理をした経験がある場合は、信用情報にキズが付いているかもしれません。

信用情報にキズがあると返済能力が足りていないのではないかと疑われ、おまとめローンの審査に落ちる可能性が高いです。

おまとめローンの審査に通るには返済日や額をしっかりと守り、信用情報にキズをつけないようにしましょう。

他社借入の件数や金額を少なくする

カードローンの場合と同じように、借入先が多ければ審査に通りにくくなってしまいます。

したがって借入件数がいくつかある場合はできるだけその数を減らしておくといいでしょう。

また、プロミスおまとめローンの最高融資額は300万円なので、上限額を超えないように気を付けてください。

借入先の数を減らせば金額も同時に減らせるので、できるだけ自分で返済を進め借入総f額を減らしてからおまとめローンに申し込みましょう。

プロミスのおまとめローンで返済計画を立てる

  • 返済額が減らせる可能性がある
  • 計画的な返済が可能になる

プロミスのおまとめローンは複数ある借入を一本化してくれます。

そのため場合によっては返済総額を減らせるのが大きなメリット。

そうでなくても、返済先をプロミスだけに絞るので毎月1回の返済で済み、返済計画が立てやすくなります

借入先をいくつか持っている方はプロミスのおまとめローンを利用してみてはいかがでしょうか。

人気 プロミス

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
利用限度額 最大800万円
郵送物なし!WEB完結なら電話連絡なし!
バレずにお金を借りたい方へオススメ
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物無し!内緒でお金借りるならコチラ!
  • 10秒で簡易審査結果表示!ご融資可能かすぐわかる!
  • 来店不要、スマホ・WEBで申込完結!免許証又は健康保険証で申込可能!

関連コラム