プロミスの返済日は4パターン!期日を把握して余裕のある返済を続けよう

プロミスの返済日は4パターン!期日を把握して余裕のある返済を続けよう

プロミスを利用して現金を借り入れる際、チェックしておきたいポイントの一つが「返済日」です。

初回の返済日がいつになるのか考えておかないと返済が難しくなり、遅延利息(遅延損害金)が発生してしまう場合もあります。

そうならないためにも、返済日は毎月きちんと把握しておきたいところ。

この記事では、プロミスの返済日のパターンや返済日の変更方法、間に合わない場合の対処法などを解説します。

プロミスの返済日は4パターンから選べる

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 月の末日

プロミスの返済日は上記の「5日」「15日」「25日」「月の末日」から選択可能です。

このように支払日が定まっている返済方法は「約定返済」と呼ばれます。

プロミスでは決められた返済日以外でも随時返済が可能

約定返済のほかに、決められた日以外に返済を行なう「随時返済(任意返済)」の存在も覚えておきましょう。

随時返済をすると元金が減るので、予定より早く返済を終えられます。

ボーナスが入るなど、余裕があるタイミングでは積極的に随時返済をするのがおすすめです。

プロミスの初回返済日はいつ?

プロミスの場合、初回の返済日は借入日と選んだ返済期日によって決められています。

選んだ返済日
借入日
初回返済日
5日
1日〜19日
翌月5日
20日〜月の末
翌々月5日
15日
翌月15日
25日
1日〜9日
同月25日
10日〜月の末日
翌月25日
月の末日
1日〜14日
同月の末日
15日〜月の末日
翌月の末日

初回の返済日を遠くするなら、なるべく上記のパターンの中で早い借入日を選びましょう。

逆に、初回の返済日を早くしたい場合は遅めの借入日にすると、借り入れから返済までの期間が2週間程度になります。

なお、影響があるのは初回返済日のみ。

最終的にどの返済日を選んでも、1か月に一度の返済が義務付けられる点は変わりません

しかし、初回返済日を織り込んで計画を練った方が、安定して返済を続けやすくなります。

プロミスでは、返済日が休業日だと翌営業日が期日になる

土日や年末年始など、返済日がプロミスの休業日だった場合、返済期日は「翌営業日」となります。

例えば、土曜日が返済日なら月曜日に期日が変更されます。

次回の返済日が気になる場合は、借入・返済時に発行される明細書などで確認しておきましょう。

プロミスで返済日を変更する方法

どうしても返済日に間に合わない場合、一度決めていた返済日の変更が可能です。※遅延利息(遅延損害金)は発生する

プロミスの返済日変更は、自動契約機、店頭窓口(お客様サービスプラザ)、郵送、Web上の会員サービスから行えます。

今すぐ返済日の変更をしたい方は、プロミスコール(0120-24-0365)に電話して確認しましょう。

返済日から14日以内なら、自動音声での手続きも可能

期日から14日以内に入金できる場合は、プロミスコール内での自動音声応答でも手続きができます

オペレーターに電話がつながりにくい場合や、早く手続きを済ませたい場合におすすめです。

プロミスの返済期日に遅れるデメリット

  1. 遅延利息(遅延損害金)が発生する
  2. 信用情報に影響が出て、ローンが組みづらくなる
  3. 他社での審査にも影響が出る

返済日を過ぎて延滞をすると、上記のようにさまざまな弊害が生じます。

遅延利息(遅延損害金)とは、返済日を過ぎると借入残高に加えて支払わなくてはならない賠償金のようなものです。

プロミスで延滞をした際に課される遅延損害の利率は「20.0%」

通常の場合4.5%~17.8%なので、延滞するデメリットの大きさがよく分かるのではないでしょうか。

さらに、延滞期間が長引くと裁判所を通しての全額払い要求や給与の差し押さえを受ける可能性があるので、できる限り返済期限を守るのをおすすめします。

プロミスで発生する遅延利息(遅延損害金)の一例

借入残高 延滞期間 遅延利息(遅延損害金)
10万円
1か月
1,644円
2か月
3,315円
3か月
5,013円
30万円
1か月
4,932円
2か月
9,945円
3か月
15,040円
50万円
1か月
8,219円
2か月
16,573円
3か月
25,065円

上記は一度も返済せず、延滞を継続した場合の金額(端数は四捨五入)です。

50万円の借り入れになると1か月の延滞利息のみで8000円を超えるので、なるべく期日通りの返済を心掛けましょう。

プロミスのインターネット返済なら返済日ギリギリでも間に合う可能性がある

返済日当日、返済を忘れていたのに気づいて慌ててコンビニへ向かう方も少なくありません。

プロミスでは、そういった手間を減らせる「インターネット返済」が利用できます。

振込手数料無料かつ24時間365日利用可能なので、普段から利用できるよう登録しておいても良いでしょう。

インターネット返済は「Pay-easy(ペイジー)」を利用したサービスで、全国約1100の金融機関に対応しているのも大きなメリットです。

なお、事前に金融機関側でインターネットバンキングの手続きをしておく必要があります。

  1. 会員サービスログイン
  2. 「インターネット返済のお手続き」を選択
  3. 返済金額を指定
  4. 金融機関を選択
  5. 金融機関へログイン
  6. インターネット返済を実行(振込)

上記の手順を行なえば、インターネット上でプロミスへの返済が可能となります。

プロミスでインターネット返済をする際の注意点

基本的には24時間365日対応のサービスですが、一部の時間で受付が停止されるので、事前にチェックしておきましょう。

インターネット返済の受付が出来ない時間帯

  • 毎週日曜日23:00~月曜日7:00
  • 毎月第3日曜日0:00~6:00、および前日土曜日の23:00~24:00
  • 各金融機関メンテナンス日、臨時のサービス停止中など

深夜0:00前後に手続きをすると、返済は翌営業日扱いで反映される場合があります。

また、金融機関側の手続きの都合で返済の反映が遅れる場合もあるので、その点は注意が必要です。

プロミスの返済日を忘れないためにお知らせメールを活用しよう

プロミスでは、メールで返済期日を事前に知らせるサービス「ご返済日お知らせメール」の設定が可能です。

メールは会員サービスに登録したメールアドレス(パソコン・スマートフォンどちらでも可)に届くので、よく使うメールアドレスを設定しておくと良いでしょう。

  1. プロミスの会員サービスにログイン
  2. 「会員サービスの各種お申込み」を選択
  3. 「ご返済日お知らせメール」の配信設定を選択
  4. 配信希望日と配信希望時間帯を入力

プロミスの会員サービスには「カード番号+暗証番号」か「Web-ID+パスワード」でログインが可能です。

返済日の7日前から前日までの期間で時間帯も指定できるので、自身の都合が良いタイミングに合わせられます。

プロミスの返済日を守って、余裕を持った返済を続けよう

  • 返済日は基本的に「5日」「15日」「25日」「月の末日」の4パターン
  • 返済期限を過ぎると遅延利息(遅延損害金)がかかる
  • インターネット返済やお知らせメールを活用すれば延滞を防止できる

プロミスで借入をした際に、どうしても返済日に間に合わない時も放置はしないほうが得策です。

単純に延滞利息がかかって損をするだけでなく、期間によっては裁判所を通しての全額払い要求や、給与の差し押さえを受ける可能性があります。

「返済日に遅れそう」と分かった段階で、なるべく早くプロミスコール(0120-24-0365)に相談しましょう。

関連コラム