カードローンとキャッシングの違いって?うまく使い分けて返済総額を減らす方法

カードローンとキャッシングの違いって?うまく使い分けて返済総額を減らす方法

カードローンとキャッシング。どちらもお金を借りるサービスですが、どういった違いがあるのでしょうか。

実はカードローンとキャッシングは似て非なるサービスであり、明確な違いがあります。

この相違点を把握しておけばあなたの置かれる状況に応じた使い分けができ、よりリスクの少ない利用ができるでしょう。

キャッシングはお金を借りるサービス

キャッシングとはお金を借りるサービス全般を指します。クレジットカードやキャッシュカードを使って、消費者金融や銀行などの窓口や提携ATMなどからお金を借りる仕組みです。

キャッシングには2種類あり、消費者金融などからのカードローンとクレジットカードのキャッシング機能です。

しかしキャッシングと言えばクレジットカードでの借入を想像する人もいるかもしれません。

サービス名に「キャッシング」とついており、これが広く知れ渡ったためかと思われます。

それぞれのキャッシングは使い勝手こそ似ていますが、引き出せる上限額や返済時の金利は契約時に決まります。

また契約前には必ず審査があり、通過しなければ利用できません

キャッシングには総量規制と呼ばれる借入総額を制限する制度があり、基本的に年収の3分の1までの貸し付けができると貸金業法で決まっています。

ただし、銀行からのキャッシングには貸金業法は適用されません。

とはいえ銀行は総量規制と同じように自主的な規制ラインを設け、これに沿って審査を行うので支払い能力ギリギリまたはそれを超える借入はできないと考えていいでしょう。

カードローンの特徴

クレジットカードやキャッシュカード、ローンカードを利用して、窓口や提携ATM、キャッシュディスペンサー(CD)でお金を引き出せます。

審査によって利用の可否や上限額が確定します。上限が決められた金額内なら自由に何度でも現金を下ろせるのが特徴です。

キャッシングの特徴

クレジットカードのキャッシング機能には「キャッシング枠」があり、引き出せる現金の上限額を意味します。

キャッシング枠の追加は、クレジットカードの発行時や利用中に申請可能です。

クレジットカードのメイン機能であるショッピングにも上限額がありますが、キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれます。

現金を引き出すほどショッピングで使える金額は減りますが、逆もまたしかり。

具体的には、ショッピング枠100万円でキャッシング枠20万円のクレジットカードを使う場合、ショッピングで90万円使うとキャッシングできる金額は10万円になります。

ショッピング枠の現金化は禁止されている

キャッシング枠は現金を引き出すサービスですが、ショッピング枠の現金化はしてはいけません

現金化とは、本来後払いするために設定されているショッピング利用可能枠の換金です。

法律で決まっているわけではありませんが、利用規約でショッピング枠の現金化を禁止しているクレジットカードもあります。

規約に反した利用をすると信用を失いクレジットカードの返却をされかねませんので注意しましょう。

参考:クレジットカードショッピング枠の現金化排除に向けた総合対策|社団法人 日本クレジット協会

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとクレジットカードのキャシング機能のおおまかな説明はしましたが、一体何が違うのでしょうか。

カードローンとクレジットカード尾キャッシングの違い
主な違い カードローン キャッシング
提供会社 銀行 消費者金融 クレジットカード会社
借入金額 1万~800万円 10万~800万円 1~300万円
金利 3.0%~18.0% 1.8%~14.6% 12.0%~18.0%
返済方法 リボ払いが多い 一括返済が多い

上記は数社分のデータを合わせてみた時の比較表です。カードローンとクレジットカードのキャッシング機能の大きな違いは利用額と金利、返済方法でしょう。

利用額

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違いの一つは借入できる金額です。借り入れ可能な最低・最高金額ともにカードローンの方が多い傾向にあります。

サービス名に「ローン」とつくだけあり、カードローンの最高借入金額はクレジットカードのキャッシングよりも高いです。まとまったお金が必要な時に利用するのがいいでしょう。

最低借入金額を見ると、クレジットカードのキャッシングの方は小回りの利く借入ができるので、手持ちの現金が少し足りないときなどに利用しやすいです。

金利

カードローンとクレジットカードのキャッシングでは、カードローンの金利の方が低い傾向にあります。

一般的にキャッシングにかかる金利には幅がありますが、利用枠が低ければ低いほど金利は高くなりやすいのです。

利用枠が低いと、審査次第では最高金利が設定される可能性があるので、最高金利は確認しておく必要があるでしょう。

消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングでの最高金利はおおよそ同じですが、銀行系のカードローンでの最高金利は低いです。

ただし銀行カードローンの利用最低額は高めなので注意しておきましょう。

最低金利を見てみると、クレジットカードのキャッシングよりもカードローンの方が低いです。

実際に最低金利が適用されるには相応の利用枠を確保する必要がありますが、まとまったお金を引き出したい場合にはカードローン適しているでしょう

返済方法

キャッシングでの大きな違いの一つは返済方法。大きく分けて2種類あり、リボ払いと一括返済です。

カードローンはリボ払いクレジットカードのキャッシングは一括返済なのが一般的となっています。

どちらの返済方法にも良し悪しがありますので、状況に応じた使い分けが必要です。

クレジットカードのキャッシングにもリボ払いを選択できるものもあります。

リボ払いについて

メリット
・毎月の返済額が一定だから返済計画が立てやすい
・自身の状況に応じて返済額を増やしたりできる
デメリット
・毎月の返済額が一定なので、ずるずると長期的な利用をしやすい

リボ払いは、毎月の支払いを一定額にして、利息を加えて返済する支払い方法です。

一括払いとは異なり、高額な買い物をしても、毎月の返済が一定になるので、手元にまとまったお金がなくても支払いができる特徴があります。

また、臨時収入があった場合など都合がいい時にいつでも返済額を増やして、返済期間の短縮や利息の軽減が可能です。

ただし、リボ払いは長期的にじっくりと返済できるので、お金を消費していると感じにくく、際限なくリボ払いを活用してしまうリスクをはらんでいます。

その結果、支払期間の長期化が起こりやすいです。

リボ払いの金利は年率で計算されるので、支払期間が長引くほど利息も高くなります

毎月の支払いができる金額の買い物をし、かつ利息が増加しない範囲内で返済するよう、事前に計画を立てましょう。

一括払いについて

メリット
・長期的な返済にならない
・利息の発生を少額に抑えられる
デメリット
・利用した翌月の負担が大きい

一括払いは借り入れた金額を一括で(一回で)返済する返済方法です。リボ払いは返済の長期化が発生しますが、一括払いは短期的で利息の発生リスクを抑えられます

ただし、借入金額によっては一度の返済額が高額になりやすく、一時的に大きな負担がかかるのがデメリットです。

一括払いをする場合は、「無理なく一語に返済できるか」を注意しましょう。一括で返せる金額なら、利息の少なくなる一括返済が適しています。

カードローンもキャッシングも状況に応じて使い分ける

カードローンやクレジットカードのキャッシングにはそれぞれ特徴があります。

場面によって向き不向きがありますので、あなたの置かれる状況に応じて使い分けをするといいでしょう。

カードローン
・まとまった金額を借入したい人
・頻繁に借入の予定がある人
・金利を低く抑えたい人
クレジットカードのキャッシング
・少額の借入をしたい人
・一時的な借入がしたい人
・一括返済ができる人

提携ATMや口座への振り込みなどで利用できるので、急な出費が発生した場合でも手軽に借入ができる点はどちらも同じです。

クレジットカードのキャッシングがおすすめの人

普段の生活で借入の機会や借入金額が少ない方はクレジットカードのキャッシングが適しているでしょう。

提携先の銀行やコンビニATMなどで1円からの借入ができるので、一時的にお金が必要になった場合はわざわざカードローンに申込まなくてもいいかもしれません。

また借入金額が少なければ一括で返済しやすく、返済総額も少なくなりやすいです。

カードローンがおすすめの人

借入頻度が多かったり、まとまったお金が必要だったりする人はカードローンの利用がおすすめです。

クレジットカードのキャッシングよりも上限額が高く、その範囲内なら何度でも借入ができます。

低金利で月々の返済額が低くなりやすいので、資金計画を立てやすいです。

ただし、月々の返済額を少なく設定すると完済までの期間が延び、支払総額が大きくなる可能性があるので、返済計画をしっかりと立てたうえで利用するといいでしょう。

カードローンとキャッシングの違いまとめ:自分の状況に応じた借入方法を選ぶ

カードローンとキャッシングの違いをまとめると

  • 借りれる額はカードローンが多い傾向
  • 金利はカードローンが低い傾向
  • 返済方法がそれぞれ違う

まとまった額を借りたいのであればカードローン、一時的に少額を借りたいのであればクレジットカードのキャッシングが利用しやすそうです。

カードローンもクレジットカードのキャッシングも、お金を借りるサービスであるのに変わりありません。

一概にどちらがいいとは言えず、利用の目的や頻度、自身の金銭状況によってどちらを選択すればいいのかが変わります

それぞれの長所と短所を把握しておけば有意義な利用ができるでしょう。

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違いを把握したうえで今の自分にどちらが適しているのかを確認し、各社の提供するサービス内容をよく検討したうえで、計画的な利用をしてください。

関連コラム