JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアはどっちがお得?違いを徹底比較!

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの違いは?」「JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアはどっちがお得?

「JCBプラチナ」と「JCBゴールドザプレミア」の違いが分からず、どちらを利用すべきか分からない人も少なくありません。

充実した特典が豊富でハイステータスのJCBカード「JCBプラチナ」と「JCBゴールドザプレミア」の違いを把握すれば、より自分に合ったJCBカードと出会えます

今回はJCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの違いを徹底比較。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミア、どちらがお得でどんな人におすすめか解説します。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの入手方法の違い

まずはJCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの入手方法の違いを見てみましょう。

JCBプラチナの入手方法

JCBプラチナカード

JCBプラチナはJCBザクラスの次にグレードが高いJCBカード。

JCBプラチナの入手方法は以下の通りです。

  1. 直接申し込む
  2. JCBゴールドからのインビテーション

JCBプラチナは上位ランクのカードですが、自分で直接申し込めます

JCBプラチナの審査を通過するには年収400~500万円ほど必要と言われており、JCBカードの利用実績も重視されるので、JCBプラチナの審査は厳しめです。

JCBゴールドで利用実績を積めば、プラチナへのインビテーション(招待)が届く場合があります。

インビテーションが届けば、JCBゴールドからJCBプラチナへアップグレード可能です。

JCBゴールドザプレミアの入手方法

JCBゴールドザプレミアム

JCBゴールドザプレミアは、ワンランク上のゴールドカード。

JCBゴールドザプレミアはインビテーション制となっており、JCBゴールドを利用していて招待が届いた方のみ入手可能です。

JCBゴールドザプレミアの具体的なインビテーション条件はこちら。

  1. JCBゴールドのショッピング利用の合計金額が2年連続で100万円以上
  2. 会員専用WEBサービス「MyJCB」で受信可能なEメールアドレスを登録している

上記の条件を満たせばJCBゴールドザプレミアへの招待がEメールにて毎年2月に届きます。

JCBゴールドザプレミアを入手するには、JCBゴールドの利用が必須です。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの比較

JCBプラチナとゴールドザプレミアの比較

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアはどちらがお得なのかしら?

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアを徹底比較してみようかの!

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの年会費

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの年会費比較
カードの種類 年会費(税抜) 年間100万円利用時の年会費(税抜)
JCBプラチナ 25,000円 25,000円
JCBゴールドザプレミア 15,000円 10,000円

JCBプラチナの年会費は25,000円+税で、家族カードの年会費は1人目まで無料

JCBゴールドザプレミアの年会費は年15,000円+税ですが、ショッピングで年間100万円以上利用した場合は、年会費が割引となり10,000円となります。

JCBゴールドザプレミアの家族カードも1人目まで年会費が発生しません

JCBゴールドザプレミアは利用額が100万円を超えると、年会費がお得になるのじゃ。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアのポイント還元率

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアのポイント還元率比較
カードの種類 JCBプラチナ JCBゴールドザプレミア
1ポイントの価値 約5円 約5円
ポイント還元率 0.5%
(1,000円につき1ポイント)
0.5%
(1,000円につき1ポイント)
100万円利用時の還元率 0.8% 0.8%
300万円利用時の還元率 0.85% 0.85%

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアのOki Dokiポイントの還元率は同じで、1,000円利用ごとに1ポイントが貯まります。

また利用額と比例して還元率も高くなり、最大0.85%にまで上昇。

ポイント還元率の上昇率もJCBプラチナ、JCBゴールドプレミアム両方とも変わりません。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアのポイント還元率は全く同じで、サービスに差はないのね!

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの付帯保険

JCBプラチナ、JCBゴールドザプレミアともに付帯保険に関してはトップクラスの補償内容です。

どちらも国内外の旅行損害保険が付いており、補償額は最高で1億円、傷害や疾病治療費は最大で1000万円までの補償となっています。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアは、JCBカードで購入した商品の破損・盗難などに対して、購入から90日間補償してくれるショッピングガード保険も自動付帯

国内外を問わず最大で年間500万円まで保証してくれます。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの付帯保険はどちらも充実しているのじゃ!国内・海外旅行ともに安心して楽しめるぞい。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの大きな違いは特典にある

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアはあまり大きな違いがないのかしら?

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアは特典の内容・種類に大きな違いがあるのじゃ!詳しく解説していくぞい。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアのどちらでも受けられる、共通の特典を見てみましょう。

    【共通の特典】

  • プライオリティ・パスの発行
  • グルメ優待・ダイニング30
  • ゴルフサービス
  • JCB Lounge 京都の利用
  • JCBプレミアムステイプラン など

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアは、旅行や食事をワンランクアップさせる充実した特典が満載です。

JCBプラチナにしかない特典

JCBゴールドザプレミアにはなくJCBプラチナにしかない特典

JCBプラチナにはJCBゴールドザプレミアにはない特典があります。

JCBプラチナのみの特典は以下の通りです。

  • コンシェルジュの利用
  • USJラウンジ
  • グルメベネフィット

JCBプラチナは飛行機の搭乗券の手配・宿泊先の予約、ゴルフ場・チケット・レストランの案内など、私設秘書のように様々な相談や依頼ができるコンシェルジュサービスを利用できます。

JCBプラチナのコンシェルジュは24時間365日対応可能です。

アトラクションの優先搭乗やドリンクサービスの優待があり、雑誌を読みながらゆったりくつろげるUSJラウンジも利用可能。

高級レストランの1名分のコース料金が無料になるグルメベネフィットもJCBプラチナの特典です。

JCBプラチナのお得な特典については別記事でも紹介していますので、以下の記事も要チェック!

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミア、それぞれどんな人におすすめ?

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアには、以下のような違いがあると分かりました。

JCBプラチナ
年会費が高いが、JCBゴールドザプレミアより特典が多い
JCBゴールドザプレミア
JCBプラチナより特典が少ない分、年会費がお得

上記を踏まえた上で、JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアはそれぞれ以下のような人におすすめのJCBカードです。

JCBプラチナがおすすめな人
VIP優待やJCBプラチナだけの特典を利用したい人
JCBゴールドザプレミアがおすすめな人
年会費を抑えつつも、豊富な特典を利用したい人

特典を重視する方はJCBプラチナ、年会費を抑えつつも豊富な特典を利用したい方はJCBゴールドザプレミアがおすすめと言えます。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアは、どちらもインビテーションが届けば確実に入手できるので、まずはJCBゴールドに入会し利用実績を積み上げましょう

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミア、自分に合うカードを選ぼう

今回はJCBカードの中でもトップクラスに位置する、JCBプラチナとJCBゴールドザプレミアの違いを取り上げました。

JCBプラチナの方が多少は年会費が高く付くものの、特典重視の方にはオススメのカードです。

反対に年会費を抑え、特典をあまり重視しない方はJCBゴールドザプレミアがおすすめ。

JCBプラチナとJCBゴールドザプレミア以外にもたくさんの種類のJCBカードがあります。

自分の用途や目的に合わせて最適なJCBカードを探してみましょう。

JCBゴールドサービス・特典内容が充実しており、JCBプラチナ/JCBゴールドザプレミアなど、上位カードへのアップグレードも目指せるのでおすすめの一枚です。

人気 JCBゴールド

年会費 初年度:無料(web入会のみ)
2年目以降:10,000円+税
ポイント還元率 0.5%~2.5
国際ブランド off off on off off
電子マネー 10,000円+税
発行スピード 平日11時までのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け

キャンペーン情報

  • 新規入会限定、最大16,500円分プレゼント!

この商品に似た商品のクチコミ評判

関連コラム