プロミスの返済方法は7種類!手数料を節約して早期に返済を終えるコツ

プロミスの返済方法は7種類!手数料を節約して早期に返済を終えるコツ

プロミスを利用する際は、借入後の返済方法によって金利や手数料が大きく変わってきます。

プロミスでは多くの返済方法が用意されているので、それぞれの長所を把握して利用するのがおすすめです。

今回は、返済方法によって異なる対応時間や手数料、メリットなどについて解説します。

手数料や時間をなるべく節約して、早期に返済を終わらせたい方は必見です。

プロミスで出来る返済方法は大きく分けて7種類

  • インターネット返済
  • 口フリ(口座振替)
  • 全国のプロミスのお客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • Famiポート(ファミポート)
  • 銀行振込

プロミスでの返済で使える方法は、現在上記の7種類です。

プロミスは様々な金融機関と提携しているので、利用する店舗や金融機関などで細かい手順は異なります。

対応時間や操作方法については、各金融機関のホームページなども参考にするのがおすすめです。

プロミスの返済方法(1)インターネット返済

対応時間 24時間365日
手数料 無料

※毎月第3日曜日0:00~6:00、毎週月曜日0:00~7:00までの間は利用不可

事前にインターネットバンキングの手続きをしておく必要がありますが、24時間手数料無料で返済ができる便利な方法です。

いつでも公共料金などの各種料金を支払える「Pay-easy(ペイジー)」によるサービスで、約1100の金融機関で利用できます

深夜0:00前後に手続きをすると、返済の反映が翌営業日になる場合があるので注意しましょう。

プロミスの返済方法(2)口フリ(口座振替)

対応時間
手数料 無料

口座を指定して、毎月決まった日に引き落としを行なう返済方法です。

毎月自動的に引き落としされるため、うっかり返済を忘れて遅延損害金(遅延利息)が発生する心配もありません。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を利用する場合、引き落とし日は5日、15日、25日、末日のいずれかを選択できます

その他の金融機関を利用する場合は、毎月5日以外は選べないので注意しましょう。

どの金融機関でも、返済期日が休業日だった場合は翌営業日に引き落とされます。

プロミスの返済方法(3)お客様サービスプラザ(店頭窓口)

対応時間 平日10:00~18:00
手数料 無料

※店舗によって営業時間・休日は異なる

プロミスの店頭窓口を利用する方法です。

スタッフと相談しつつ対面でやりとりできるため、安心して利用できます。

店頭窓口は平日のみの営業なので、職業によっては毎月通うのが難しい場合も。

一人でATMなどを操作して返済をする方法が不安な方にはおすすめです。

プロミスの返済方法(4)プロミスATM

対応時間 7:00~24:00
手数料 無料

※各ATMによって営業時間・休日は異なる

他のATMに比べて設置数は少ないですが、土日祝も営業していて手数料も無料なのがメリットです。

ATM端末にローンカードを挿入し、「ご返済」を選択すると手続きがスタートします。

近くにプロミスのATMがある方は、積極的に利用するとよいでしょう。

プロミスの店舗・ATM検索はこちらから

プロミスの返済方法(5)提携ATM

対応時間 提携先により異なる
手数料 ・1万円以下の取引1回につき110円
・1万円以上の取引1回につき220円

こちらは、三井住友銀行、ゆうちょ銀行などのATMから返済を行なう方法です。

コンビニ設置のATMもプロミスの提携先に含まれるため、最も利便性は高いと言えるでしょう。

ただし、毎回手数料が発生するので、日常的な利用には他の返済方法がおすすめです。
※三井住友銀行ATMに限り、手数料無料で利用可能

対応時間は提携先によって異なり、毎週月曜日0:00~7:00はプロミスのシステムメンテナンスにより利用不可になります。

プロミスの返済方法(6)Famiポート(ファミポート)

対応時間 24時間365日
手数料 無料

ファミリーマート店内に設置されているマルチメディア端末「Famiポート(ファミポート)」は24時間365日、手数料無料で利用可能です。
※日曜日23:00~月曜日7:00の間はメンテナンスのため利用不可

Famiポート(ファミポート)で出来るのはプロミスへの返済のみで、借入などの手続きができない点は注意しておきましょう。

Famiポート(ファミポート)の利用手順

  1. 「金融サービス」→「借入金のご返済」
  2. 「プロミス」を選択
  3. Famiポート(ファミポート)にローンカードを挿入
  4. 画面の案内に従って取引を行なう
  5. 発券されたレシートを受け取る
  6. 30分以内にレジで返済金額を支払い、控えを受け取る

こちらの方法では端末で手続きを申し込んだ後、30分以内にレジで現金支払いを行ないます

Famiポート(ファミポート)を設置しているファミリーマートがお近くにある方は、他のATMを利用するよりお得になるのでおすすめです。

プロミスの返済方法(7)銀行振込

対応時間 随時
手数料 利用する銀行による

提携先以外の金融機関からも、ATMなどを利用した銀行振込での返済が可能です。

金融機関によって手数料は異なりますが、利用者側の負担になるので注意しましょう。

振込先口座については、プロミスの会員サービス内で確認する、もしくはプロミスコール(0120-24-0365)で確認できます。

プロミスで利息を最小限にする返済方法

一括返済

プロミスでは、返済日前に借入金額を全額返済するのも可能になっています。

利息の計算式は「借入金額×借入利率÷365×利用日数」。

つまり、返す日が早ければ早いほど発生する金利も少なくなってお得です。

数日、数週間の短期間だけお金が必要な場合は、なるべく早く一括返済を利用しましょう。

随時返済

プロミスの返済は、基本的に「5日」「15日」「25日」「月の末日」から選択して最低限以上の額を返済する方式です。

このように期限が定まっている返済方法は「約定返済」と呼ばれます。

返済額が少ないと利息が多くかかるので、決められた日以外に返済を行なう「随時返済(任意返済)」を併用するのがおすすめです。

随時返済は返済額を自由に決められるので、予定より早く返済を終えられます。

ボーナスが入ったなど、余裕のあるタイミングで随時返済をするのが、利息を抑えるコツです。

プロミスの無利息サービス期間内に返済を済ませる

プロミスで初めて契約をした方に限り、カードローンを30日間無利息で利用できるサービスが提供されています。

初回出金の翌日から30日間、利用回数や金額を問わず利息が0円の計算になるので、利用して損はありません。

無利息サービスの利用条件

  • メールアドレスを登録する
  • 書面の受取方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」にする

無利息サービスの利用条件は、上記の2点のみ。

この期間内に返済を終えられれば利息を0円で済ませられます。

プロミスの返済方法は口座振替かインターネット返済がおすすめ!

プロミスには多くの返済方法がありますが、おすすめはどこでも利用できて手数料も無料の「口フリ(口座振替)」「インターネット返済」

Famiポート(ファミポート)やプロミス、三井住友銀行のATMも手数料無料かつ営業時間も長いので、近くにある施設を利用すると良いでしょう。

どの方法を使っても、金融機関側のメンテナンス時や休業日には利用できなかったり、0時前後だと反映が遅れたりするケースがあるので余裕をもって対応しておくのがおすすめです。

プロミスの返済方法を熟知して、計画的な返済を行ないましょう。

関連コラム