プロミスの借り換えと銀行ローンの違い?借り換えの特徴を知り返済額を減らそう

プロミスの借り換えと銀行ローンの違い?借り換えの特徴を知り返済額を減らそう

複数のカードローンで借金をしていて、返済が苦しい方におすすめなのが一社への「借り換え」

より低い利息での返済が続けられ、さらに返済日も月に一度になるのが借り換えのメリットです。

今回は、プロミスで通常の借入をする場合(フリーローン)と借り換えの違いや、銀行で借り換えを利用する場合との条件の違いなどを解説します。

プロミスなどの消費者金融と銀行、どちらで借り換えをするか悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

プロミスで利用できる借り換えローンの特徴

プロミスでの借り換えは「おまとめローン」の名称で提供されています。

「おまとめ」と「借り換え」の違いは、厳密に言えば複数の借入をまとめるか、単により安い利息で借り換えるかがポイントです。

しかし、実際は多くの金融機関・消費者金融で同じ意味合いとして使われるため、区別は考えなくて大丈夫でしょう。

プロミスおまとめローンの基本情報
融資額 300万円まで
契約額 指定の契約額(極度額)の範囲内で、プロミスが決定する
金利適用方式 単一金利
借入利率 6.3%~17.8%
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25.日、末日から選択
返済期間・返済回数 最終借入後最長10年・1回~120回
資金使途 他の貸金業者からの借入返済のみ
借換え対象となるローン 消費者・クレジットカードなどにおける借入れ(無担保ローン)のみ
担保・保証人 不要

プロミスのおまとめローンについての詳しい情報や、返済額の試算を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

借り換えは総量規制の対象にならない

プロミスに限らず、通常のカードローンで借り入れできる金額の上限は年収の3分の1までです。

これは貸金業法で定められている「総量規制」による上限で、この金額を超える場合は他社からの借入もできません。

しかし、借り換え目的のローンは総量規制の対象外のため、既に上限まで借りている場合でも融資を受けられるようになります。

借り換えられるローンが限られている

プロミスでは、総量規制の対象になる借入(無担保ローン)だけを借り換えられます。

つまり、プロミスや他社を含めた消費者金融業者や、クレジットカードのキャッシング枠で借り入れたお金をまとめるのが目的です。

銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠、その他住宅ローンなどの有担保ローンなどは対象外なので、注意しておきましょう。

プロミスで借り換えを行なう際の手順

プロミスでの借り換えは、下記の手段で申し込めます。

  • 自動契約機
  • 店頭窓口
  • プロミスコール

※WEBからの申し込みは受け付けていません。

    申し込みの流れ

  1. おまとめローンに申し込む
  2. プロミス側で審査が行われる
  3. 必要書類を提出
  4. 審査結果の連絡※が来る
  5. 借入先へプロミスから直接振込が行なわれる

※自動契約機と店頭窓口では即日、電話の場合は郵送で審査結果が通達される

振込は申し込み者の名義で行われるので、借入先に手続きをする必要はありません。

振込手数料や代行手数料も請求されないので、安心してください。

ただし、プロミスから行なわれるのは返済のみです。

他社との契約を解約する場合は、利用者側から手続きをしてください。

借り換えには書類の提出が必要

プロミスでの借り換えを利用する際は、通常の借入と同じように審査を受ける必要があります。

既にプロミスで契約している方は、在籍確認などの手続きが免除されるケースもあるため、担当者に確認してみましょう。

審査時に必要な書類については、こちらの記事に詳しく書いています。ぜひ参考にしてください。

通常の借入より少し年齢制限が厳しい

プロミスで借り換える際の基本条件は「年齢が20歳以上、65歳以下」「本人に安定した収入がある」の2点です。

借入額が多いほど長期的な返済が必要になるため、通常の借入(20歳~69歳が対象)よりも年齢制限が厳しくなっています

プロミスへの借り換えを利用するメリット

プロミスの借り換え審査はスピードが早い

大手消費者金融のプロミスは、審査のスピードが早いのが特徴です。

自動契約機・店頭窓口での申し込みで書類の不備や在籍確認でのトラブルがなければ、原則として即日審査結果を教えてもらえます

銀行での借り換えでは、融資までに数日~数週間かかるケースもあるため、プロミスの手続きは相当スムーズと言えるでしょう。

郵送でのやり取りが必要な方法は時間がかかるため、融資をお急ぎの方は避けた方が賢明です。

土日でも借り換えの審査が可能

銀行では土日の審査や申し込みができない場合が多いですが、プロミスは土日も審査・即日融資に対応しています

なお、土日祝日だとプロミスの店頭窓口は営業していないため、お近くの自動契約機を利用してください。

正社員でなくても審査に通る可能性がある

銀行系ローンでは、収入があっても正社員以外だと条件に合わず、門前払いされてしまう場合があります。

その点、プロミスでは一定の収入があれば、職業や雇用形態に関わらず融資を受けられるのがメリットです。

    プロミスで借り換えを利用する条件
        

  • 年齢が20歳以上、65歳以下である
  • 現在、貸金業者からお金を借りている
  • 対象の借入金額を300万円以内に収める
  • 本人に毎月安定した収入がある

プロミスの借り換えと銀行ローンとの違い

プロミスと銀行の借り換えの違い
プロミス 銀行
対象 正社員でなくてもOK 正社員のみの場合あり
借り換え上限額 300万円 300万円以上可能
審査スピード 即日可能 1日以上はかかる
利息の高さ 6.3%~17.8% 14%台
借り換えの対象 貸金業者の無担保ローン 目的別ローン
・銀行カードローン
・教育ローンなど
有担保ローン
・住宅ローンなど

プロミスより銀行系の方が利息が低い

プロミスで借り換えを行なう場合、通常の消費者金融で借りるローンよりも利息が低くなりやすい傾向があります。

100万円を超える借入の利息は、プロミスの場合15%以下です。

ですが、多くの銀行の上限金利は14%台以下。プロミスより、さらに利息が低いのが分かります。

利息が低い分、審査も相応に厳しくなると考えられますが、利息を節約したい方は銀行ローンをチェックして損はありません。

プロミスで対象外のローンも一部対応可能

銀行の借り換えでは、プロミスでは対象外となる銀行ローンの借入にも対応しています。

なお、元々の利息が低い自動車ローンや住宅ローン、目的別ローンなどは借り換えても利息が低くならないケースが多いため、どの借り換えローンでも対象外になっています。

現在、クレジットカードのショッピング枠に対応しているのはアイフルのみなので、ショッピング枠の借り換えを検討している方はアイフルを利用しましょう。

銀行系では300万円以上の借入にも対応している

プロミスで借り換え目的の借入をする場合、上限額は300万円です。

そのため、借入残高が300万円以上ある場合は、プロミスのおまとめローンを利用できません。

銀行ローンなら、ほとんどの場合300万円よりも限度額が高いため、借入残高が多い方はまず銀行での借り換えを検討した方が良いでしょう。

プロミス・銀行での借り換えを申し込む際の注意点

信用情報に問題があると審査に通らない

借り換えの審査を受ける際は、現在の借り入れ状況を示す「信用情報」が必ず照会されます。

    信用情報の一例

  • クレジット関係・ローンの契約情報、残高
  • 毎月の返済状況
  • クレジット会社などが信用情報を照会した記録
  • 債務整理(自己破産など)の記録

延滞、自己破産などの問題が発生すると5年~10年の間、信用情報にその旨が記録されます

信用情報に事故記録がある状態だと、審査に申し込んでも落ちてしまうので、注意が必要です。

なお、これらの信用情報は、日本信用情報機関(JICC)やCICなどの「個人信用情報機関」で管理されています。

利用者が嘘をついても意味はないので、正直に申告するようにしましょう。

追加の融資はできない

借り換え(おまとめ)ローンは、現状の苦しい返済状況を軽減するのが目的です。

返済のための借入となるので、追加融資は受け付けていません。

急な出費があった際でも、借り換えを利用した会社からの借入ができなくなるのは覚えておいてください。

現時点で返済が滞っていたり、他社の借入が大きすぎると不利

借り換えをする際、重視される大きな要素の一つが、他社を含めたローンの返済状況です。

プロミスで借り換えを行なう場合、対象外になる銀行ローンやショッピングローンなどの残高も審査に影響します。

    プロミスで借り換えられないローンの例

  • マイカーローン
  • 住宅ローン
  • 銀行のローン
  • ショッピングローン
  • クレジットカードのショッピング枠

借り換え後の返済金額に加えて、これらのローンにもきちんと返済を続けられる状況かどうかが審査の可否を左右するでしょう。

現時点で頻繁に延滞をくり返している場合は、借り換えをしても返済が難しいと判断されてしまう可能性が高いです。

プロミスでの借り換えできなかった時の対処法

金利の引き下げを交渉する

交渉次第では、現在利用している消費者金融や金融機関の利息を引き下げられる可能性があります。

新しい借入ができなくなるデメリットはありますが、金利の引き下げによって返済が滞らなくなる確証が得られれば、応じてもらいやすくなるでしょう。

プロミスで借り換えローンの審査に落ちてしまった場合は、まず各社に連絡して交渉をしてみるのをおすすめします。

中小の消費者金融での借り換えを利用する

地方ローカルなどの中小消費者金融でも、借り換え目的のローンを扱っている場合があります。

プロミスや銀行で融資を受けられない方が申し込むケースが多いため、対応してもらえる可能性がありますが、条件が緩いわけではない点は注意が必要です。

債務整理を行なう

債務整理とは、借金の減額や支払いの猶予によって、現在の生活を楽にするための法的な手続きを指します。

    債務整理の種類

  • 過払い金請求……払いすぎた利息を返してもらう
  • 任意整理……利息のカットや長期の分割払いなどで返済条件を緩和する
  • 個人民事再生……借金総額を大幅に減額してもらう
  • 自己破産……家や車などの財産を手放す代わりに、借金の支払い義務をなくす

これらの債務整理を行なうと、最低でも5年はローンを組めなくなる代わりに、今の借金についての悩みを解決できるので、お困りの方は検討してみてください。

なお、ローン以外のクレジットカードも利用停止となってしまう点には注意が必要です。

プロミスの借り換えは正社員以外でも申し込める

  • 利息が下がり、毎月の支払いが1回になるのが借り換えローンの長所
  • 借り換えローンは総量規制の対象外
  • プロミスは毎月一定の収入があれば申し込める可能性が高い
  • 銀行の審査は厳しいが、その分利息が低い

複数の消費者金融から借入をしている方にとって、利息は非常に重い負担です。

借り換えローンを利用すれば毎月の返済が楽になるだけでなく、最終的な返済総額を減らせる可能性があります。

さらに返済が毎月1回になるので、返済計画も立てやすくなるはず。

プロミスと銀行ローンでの借り換えは一長一短で、それぞれに申し込みやすい状況が異なります。

まずはそれぞれの融資条件をチェックしてみて、自分に合った借り換えローンを見つけましょう。

人気 プロミス

金利 年3.0%~18.0%
審査時間 10秒簡易審査
融資時間 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
利用限度額 最大800万円
郵送物なし!WEB完結なら電話連絡なし!
バレずにお金を借りたい方へオススメ
  • WEB完結なら電話連絡・郵送物無し!内緒でお金借りるならコチラ!
  • 10秒で簡易審査結果表示!ご融資可能かすぐわかる!
  • 来店不要、スマホ・WEBで申込完結!免許証又は健康保険証で申込可能!

関連コラム