プロミスの最低返済額とは?適切な返済額の考え方と計画的な返済方法を解説

最終更新日:
プロミスの返済額って?返済を早く完了するための計画的な返済額の調整法とは

プロミスには最低返済額が設定されており、毎月確実にその額を返済していれば特に問題はありません。

ですが、返済額が少ないとその分返済期間が長くなり利息も膨らむため、総支払額が膨れ上がってしまいます。

プロミスをうまく使うにはご自身に合った返済計画を立てるのが大事です。

この記事ではプロミスの返済方式や返済額、全額返済にかかる期間を例に沿って解説し、計画的な返済方法を解説します。

プロミスの最低返済額とは

プロミスでは最終借入残高に応じた最低返済額と最大の返済回数が設けられています。

返済回数とは返済にかかる期間で、最大何ヶ月間で完済しなければならないのかを示しています。

プロミスでは借入残高30万円と100万円を区切りとし、最低返済額を算出する計算式が異なります。

プロミスの最低返済額と計算方法
借入後残高 返済金額
(1,000円未満切り上げ)
最大返済回数
30万円以下 借入残高×3.61% 36回
30万円超~100万円以下 借入残高×2.53% 60回
100万円超 借入残高×1.99% 80回

基本的には最終借入後残高が増えるほど返済額も大きくなります

残高が30万円や100万円を超えると計算式が変わりますが、これはまとまった金額の借り入れをしても返済の負担が増えすぎないよう工夫されているためです。

以下で具体的な借入金額ごとの最低返済額を見ていきましょう。

参考:プロミス公式サイト「ご返済金額について」

30万円以下を借りた時の返済額

借入 返済額
10,000円 1,000円
50,000円 2,000円
100,000円 4,000円
150,000円 6,000円
200,000円 8,000円
250,000円 10,000円
300,000円 11,000円

借入額が増えても返済額の急激な増加はなく、最低返済額が10,000円を超えるのは25万円の借入からです。

30万円超~100万円以下を借りた時の返済額

借入 返済額
310,000円 8,000円
400,000円 11,000円
500,000円 13,000円
600,000円 16,000円
700,000円 17,000円
800,000円 210,000円
900,000円 23,000円
1,000,000円 26,000円

基本的には最終借入後残高の減少に伴って返済額も減りますが、区切りとなる金額の前後では返済額が増えるケースもあります。

例)最終借入後残高が300,000円のときの最低返済額は11,000円ですが、新たに10,000円借入すれば最終借入後残高が310,000円になるので最低返済額が8,000円となります。

100万円以上を借りた時の返済額

借入 返済額
1,010,000円 21,000円
2,000,000円 40,000円
3,000,000円 60,000円
4,000,000円 80,000円
5,000,000円 100,000円

プロミスの最大限度額は500万円ですが、この金額の融資を受けるのは簡単ではありません。

また、借入限度額が高いときに計画性のない細かい借入を何回も繰り返すのは危険です。

毎月の返済額は返せているから平気だと思っていても、知らない間に借入総額が思ってもみない金額になっているおそれがあります。

利用限度額が大きい場合は特に残高の確認をこまめにするのがいいでしょう

プロミスの返済額を決める返済方式の特徴

カードローンの返済方式にはいくつか種類がありますが、プロミスでは残高スライド元利定額返済方式が採用されています。

この方式は毎月の返済額が一定なので、家計の管理がしやすいのが特徴です。

しかし、借入残高が多いときは毎月返済額に占める利息(利子)の返済分の割合が高く、元金の返済がなかなか進みにくいため返済期間が延び返済総額が増えやすいデメリットもあります。

元利定額返済方式
元金返済分と利息(利子)の返済分を合計し、最終借入後残高に応じて毎月の返済額を一定の金額に固定する返済手法。

最終借入後残高……最後に借入した時の借入残高。新たな借入がない限り最低返済金額は常に固定される。

プロミスでの借入前に返済額をシミュレーションしよう

プロミスの最低返済額が分かったところで、まずは返済シミュレーションです。

実質年率17.8%で10万円を借りた場合、最低返済額は4,000円の計算で見てみましょう。

回数 返済額 元金に充てる金額 利息(利子) 残高
1 4,000円 2,537円 1,463円 97,463円
2 4,000円 2,574円 1,426円 94,889円
3 4,000円 2,612円 1,388円 92,277円
32 1,403円 1,382円 20円 0円
累計 125,403円 100,000円 25,403円 0円
借入残高に対する利息(利子)の計算方法
(借入残高)×(実質年率)÷(365日)×(借入日数)
10万円を借りた場合
100,000円 × 17.8% ÷ 365日 × 30日 = 1,463円

借りた10万円の最低返済額で返済し続けると、元金に対して約25%の利息(利子)が発生しています。

プロミスが採用する返済方式では、返済初期は返済額に占める利息(利子)の割合が大きく、なかなか元金を減らせません。

そのため返済にかかる期間が長期化し、返済総額も増加しやすい傾向があります。利息(利子)の増加は返済総額の増加と同義なのです。

プロミスの返済額に占める元金充当と利息(利子)の割合の遷移

今回の例は10万円を借入した後に完済するまで追加で借入しない設定で解説をしましたが、返済期間中に追加借入を複数回すると利息(利子)ばかり返済する状況に陥るおそれがあるので注意しましょう。

プロミスの返済額をなるべく減らす方法

返済額を減らす方法(1)最低返済額以上の金額で返済する

プロミスでは最終借入後残高に応じて最低返済額が決まりますが、あくまでも「最低」の返済金額です。したがって余裕がある場合は可能な限り多めに返済しましょう。

例えば、毎月5,000円返済し続けたケースと比べると以下のようになります。

返済金額の違いによる発生利息(利子)や返済期間の変化
返済額 4,000円 5,000円
借入額 100,000円 100,000円
発生利息(利子) 25,403円 19,173円
利息(利子)の割合 25.40% 19.17%
返済回数 32回 24回
返済総額 125,403円 119,173円

最低返済額で返済した時と比べて、5,000円ずつ返済すると発生する利息(利子)は減り、借入額に対して20%を切った金額になります。

また、返済にかかる期間も短くなっており、最低返済額で返済した時と比べて8回少なくなっています

プロミスでは1回あたりの返済額を最低返済額以上に返済をすれば支払期間の短縮と返済総額の減額が可能です。

毎月の返済額を増やすのが難しい場合は臨時収入などで余裕があれば多めに返済するといいでしょう。

返済額を減らす方法(2)手数料がかからない返済方法を利用する

プロミスへの返済の仕方で銀行振込やATMを利用すると、手数料が発生します。

1回あたりの利用手数料は110円または220円なので大した金額ではないと感じるかもしれません。

しかし、10万円を最低返済額で返済した場合にかかる手数料は総額で3,520円。およそ1回分の返済額になってしまうので注意が必要です。

手数料が無料の返済方法一覧

  • プロミスATM
  • 三井住友銀行提携ATM
  • インターネット返済
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)

プロミスでの返済額を可能な限り少なくするためにも、ご自身に合う返済の仕方を選びましょう。


返済額を減らす方法(3)無利息期間を活用する

  1. プロミスと初めて契約する
  2. メールアドレスを登録
  3. 書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

プロミスでは、上記の条件を全てクリアした人に限り、初回借入の翌日から30日間が無利息になる「30日間無利息キャンペーン」が適用されます。

無利息キャンペーン期間中なら、実質年率0%で返済を終えられるので、初めて利用する方はぜひ活用しましょう。

期間中に全額返済できなくても可能な限り返済しておけば、期間が過ぎた後に発生する利息(利子)が減らせます。

延滞につながるような無理な返済をしては元も子もありませんが、返済する日の前であっても無利息期間中に少しだけでも返済を進めておくのがおすすめです。

また、プロミスの利用が初めてではない方も、プロミスポイントサービスを利用すれば無利息期間を手に入れられます。

プロミスポイントは「インターネット会員サービス」を利用するとポイントが貯まるシステムで、プロミスと契約していれば誰でも利用可能です。

貯めたポイントで手数料や利息が一定期間無料にできるので、申し込んでおいて損はありません。

対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込 100ポイント 初回登録時のみ
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント 毎月初回ログイン時
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」を確認する 5~20ポイント 「プロミスからのお知らせ」内で獲得ポイント数が記載されている場合のみ
収入証明書類の提出 160ポイント 同じ年(1月1日~12月31日)の書類は、原則として初回のみポイント獲得
ご返済日お知らせメール 各1ポイント 毎月月末時点で対象サービスに登録している場合、各サービスにつき1ポイント獲得
取引確認メール
プロミスのホームページで書面(Web明細)の受取

※取引状況によっては、プロミスポイントサービスに申し込めない場合があります。

無利息期間延長に必要なポイント数
必要ポイント 250ポイント 400ポイント 700ポイント
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間

ポイントを利用する場合、利息以上の返済をした(完済している場合は再度借り入れた時)取引の翌日から無利息期間が適用されます。

40ポイントを利用すると提携ATMの手数料を一回分無料になりますが、手数料無料の返済方法を普段から利用したほうが返済額の削減につながるでしょう。

返済額を減らす方法(4)借入限度額の増額をする

プロミスでの借入額が100万円を超えると利息(金利)は確実に15%以下になるため、限度額の増額は返済にかかる手数料を下げる方法の一つと言えます。

ただし、増額をする前に改めて審査が行なわれるので、誰でも簡単にできるわけではありません。

また、増額をすると金利(実質年率)が下がる可能性がありますが、借入金額=返済総額は多くなってしまう点にも注意しましょう。

プロミスは上限利息(利子)が低いので、他社より返済額が少し低くなる

キャッシングの利息(利子)には、利息制限法によって条件に応じた「上限金利」が定められています。

法律で定められている上限金利

利用限度額 上限金利(実質年率)
10万円未満 20.0%
10万円~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

多くの大手消費者金融は18%を上限金利としていますが、プロミスの設定はそれを0.2%下回る17.8%です。

また、中小規模の消費者金融では10万円未満の借入に20%の金利がかかるケースもあります。

返済額の全体から見ればわずかな差ではありますが、他社よりも少し低い利息(金利)で借りられるのはメリットと言えるでしょう。

名称 プロミス アコム アイフル SMBCモビット
金利(実質年率) 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
借入可能金額 1万円~500万円 1万円~800万円 1万円~800万円 1万円~800万円

一見すると、プロミスよりも金利の下限が低い他社の方が、負担が少ないと思われる方もいるかもしれません。

しかし、初回の借入時に多い100万円以下の借入額で重視するべきは金利(実質年率)の上限です。

借入の際には貸金業法の「総量規制」に基づいて年収の3分の1以下の金額までしか借りられない決まりがあります。

下限の3%や4.5%の金利が設定されるのは借入金額の上限額を借り入れた場合のみなので、ハードルはかなり高いと考えておきましょう。

プロミスの返済額を事前に計算し、計画的な利用をしよう!

プロミスの返済額を少なくする効率的な方法

  • 最低返済額以上の金額で返済を進める
  • 手数料の発生しない返済の仕方を選択する
  • 30日間無利息サービスを利用する

プロミスでは借入額や残高に応じた最低返済額が設けられていますが、最低返済額での返済を続けるのはおすすめできません

返済額が低いと、発生する利息(利子)が原因で返済期間や返済総額が大きく膨れ上がってしまいます。

プロミスを利用する際は、上記の方法で可能な限り返済の負担を減らすよう、収支と相談しながら無理のない計画的な返済をしましょう。

人気 プロミス

実質年率 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 限度額50万円以内なら必要書類は運転免許証だけ。
    安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!

関連コラム