プロミスの申し込みの流れって?スムーズな申し込みに必要な準備とは

プロミスの申し込みの流れって?スムーズな申し込みに必要な準備とは
  • プロミスへの申し込みの流れが分からなくて不安
  • できるだけ早くプロミスでお金を借りたいけど手続きが簡単なのか知りたい

プロミスの審査対応は早く、最短で申し込みから即日融資を受けられます。

申し込み方法はシンプルで手続きに必要なステップが少ないため、初めてプロミスを利用する人でも難しくないでしょう。

ただし申込手続きは簡単でも審査状況によって審査に遅れが生じたり提出書類などに問題があれば審査に通過できず融資を受けられなかったりする可能性もあります。

提出書類の不備などで審査に通らない事態にならないようにするためには事前の準備が必要不可欠と言えるでしょう。

本記事はあなたがスムーズにプロミスから融資してもらえるよう申し込みの流れや必要書類、審査内容について解説します。

プロミスで新規借入の申し込みをする流れ

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借入れ

大まかに言えばプロミスの申し込みの流れは4ステップで完了します。

細かく見ると各ステップでいくつかすべき手続きがあるので、一つひとつ見ていく必要があるでしょう。

また上記プロミスの申し込みの流れの中で最も時間を要するのは審査と言われています。

審査にかかる時間の短縮はできませんが、審査前ならあなたの努力次第で時短を図れるでしょう。

プロミスの申し込みに必要な書類や情報の提出

プロミスの申し込み方法

  • WEB
  • 自動契約機(無人契約機)
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • 電話(プロミスコール)
  • 郵送

プロミスには5つの申し込み方法がありますが、手段が異なるだけで手続き内容に大きな違いはありません

申込に必要な情報や書類をプロミスに提出するようにしましょう。

プロミスへの申し込みで必要な情報と必要書類

申し込みの際には個人の情報と必要書類の提出が不可欠です。それぞれ提出すべきものを見ていきましょう。

プロミスの申し込みに必要な個人情報の申告

個人情報
氏名 生年月日 家族構成
子供の有無 電話番号 運年免許証の有無
自宅情報
郵便番号 住所 住まいの種類
勤務先情報
雇用形態 勤務先名 郵便番号
勤務先住所 所属部署 電話番号
社員数 最終学歴 入社年月
税込年収 健康保険証の種類 業種
職種

申し込みをする際に初めに聞かれる項目です。WEBで申し込みをする時はそれぞれの質問にきちんと答えなければ入力不十分として先に進めません。

申し込み方法によって申告すべき情報に違いはないです。任意で回答する箇所もありますが、できるだけすべての項目に正しく答えられるよう準備しておきましょう。

ただし、申告情報に虚偽や入力ミスが見つかると、わざとでなくとも審査に落ちる可能性があるので注意が必要です。

プロミスで提出が必要な書類

    プロミスの申し込み時に求められる書類

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

基本的に、プロミスは本人確認書類があれば申し込み可能ですが、一定の条件を満たす場合のみ収入証明書類の提出が求められます。

以下のどちらか一方でも当てはまれば収入証明書類が必要です。

    収入証明書類の提出が必要な条件

  • 希望の利用限度額が50万円以上になる場合
  • 希望の利用限度額と他社借入の合計が100万円以上になる場合

本人確認書類は運転免許証やパスポートなど、収入証明書類は給与明細や源泉徴収票などを提出すれば問題ありませんが、その他にも認められる書類があります。

プロミスでは提出書類に不備が見つかると審査不合格に繋がる可能性があります。申し込みの前に提出書類に記入漏れや間違い、虚偽などがないか確認しておきましょう。

申し込み完了後のプロミスで行なわれる審査の流れ

個人情報の申告や書類の提出が終わるとプロミスの申し込み手続きが完了し、審査に移ります。

審査とはプロミス側が申込者に融資をしてもいいかどうかを決める工程です。申込者に現金を貸し付ける資格がないと判断されれば審査落ちとなってしまいます。

プロミスの審査基準は返済能力があるかどうかです。

早い話が、貸したものをちゃんと返す、こういった約束を守れるかどうかを確認する場です。約束を守れないと思われる人には信用してお金を貸してはくれません。

審査が完了すればその結果を問わずプロミスから連絡が入ります。合格していた場合は契約のステップへ移行です。

プロミスでは申し込みから審査結果の連絡までを最短30分で行います。

プロミスの契約手続きと流れ

審査に通過すれば正式な契約手続きに進みます。プロミスの契約方法にはいくつかあり、それぞれ特徴があります。

    プロミスの契約方法

  • WEB契約:契約書類をWEB上で入力・管理する契約方法
  • 来店契約:自動契約機または店頭窓口で解約書類を提出する契約方法
  • 郵送契約:プロミスから送られる契約書類に記入・必要書類のコピーを返送する契約方法

即日融資を希望する場合は、WEB契約か来店契約をおすすめします。

郵送契約は融資開始までにおよそ1週間かかる場合があるからです。資金繰りに余裕がある方は郵送契約も検討してもいいでしょう。

プロミスなら申し込み当日にお金を借りられる

契約内容に問題がなく、契約書類の手続きが終われば融資開始、つまり現金の借入が可能です。

プロミスでは申し込みから融資開始までを当日に完了させれば即日融資になります。

    プロミスで借入する方法

  • 店頭窓口やATMでの借入
  • 銀行振込

プロミスから発行されるローンカードを店頭窓口やプロミスATM、提携ATMで利用すれば借入や返済が可能です。

店舗やプロミスATMでは借入・返済のどちらもできますが、提携ATMを利用すると借入はできても返済ができない場合があります。


銀行振込で借入するにはインターネットや電話で依頼する必要があります。店舗やATMに行く時間がなく急いでいる時などに便利です。

プロミスでは24時間いつでも最短10秒で振込融資をしてくれる瞬フリといったサービスを行っています。

三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座を持っていれば利用可能です。

24時間振込可能な金融機関を知りたい方は、プロミス公式サイトの「金融機関別振込実施時間検索」で調べられるので利用してみてください。

参考:金融機関別振込実施時間検索|プロミス

プロミスで新規借入を申し込む流れは4ステップ!事前準備でスムーズな借入を実現しよう

    プロミス申し込みの流れ

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借入

プロミスの申し込みの流れは上記の4ステップで行われます。

中でも審査に1番時間がかかるとされていますが、審査結果が出るまでに最短30分、融資開始までには最短で申し込みをした日のうちに完了可能です。

プロミスの申し込みには提出すべき情報や書類が必要ですが、その内容に不備があれば審査に通らない可能性があります。

提出に必要な情報や書類をあらかじめ用意しておくなど、事前に準備をしておくとスムーズな申し込みができるでしょう。

関連コラム