プロミスは保証会社なしで借入可能?安心して借入できる理由を解説

最終更新日:
プロミスは保証会社なしで借入可能?安心して借入できる理由を解説

プロミスは保証会社なしで借入できるのか」気になる方も多いです。

その答えはNOプロミスでは保証会社を利用しなくても借入できます。

今回は、プロミスに保証会社が必要かどうか、プロミスが保証会社不要で利用できる理由を解説。

プロミスが保証会社を務める銀行カードローンも紹介します。

プロミスの利用を検討している方、保証会社なしで安心して融資を受けたい方は必見です!

そもそも保証会社の役割とは?

冒頭でもお伝えしたようにプロミスの借入に保証会社は必要ありません

しかし、銀行系カードローンでは保証会社が必要であったり、そもそも保証会社はどんな役割を担っているのでしょう?。

保証会社には大きく分けて以下の2つの役割があります。

  • 保証会社が審査を実施
  • 滞納・返済不能分を保証会社が弁済

有担保での融資が基本の銀行ローンは、無担保ローンのノウハウがある保証会社に審査代位弁済(返済ができない利用者の代わりに保証会社が銀行に返済する)を任せています。

昨今では、無担保のカードローンを申し込める銀行も増加!

保証会社が審査を実施

保証会社は銀行に代わって、利用者の借入時に審査を実施。

収入・職業・借り入れ状況・過去の返済実績/事故歴などから総合的に判断し、「融資しても問題ない利用者か」を審査します。

「保証会社の審査に通過する」=「返済能力がある利用者」と言えるでしょう。

滞納・返済不能分を保証会社が弁済

一定期間以上滞納が続いたり返済不能となった場合に、利用者に代わって借金を弁済するのも保証会社の重要な役割です。

滞納が続いて「返済能力がない」と判断されたり、返済不能になって債務整理をした場合は、滞納分・未納分を保証会社が返済してくれます。

保証会社の代位返済は、利用者の返済義務がなくなる制度ではありません。代位返済後は、保証会社が利用者に対し原則として一括返済を求めます。

また、代位弁済は事故情報として記録されるので、信用情報に傷が付き、いわゆる「ブラックリスト」に入る可能性が高いです。

ブラックリストに入ると、5年間はローンやクレジットカードの審査通過が厳しくなります。

プロミスが保証会社を必要としない理由

保証会社は融資において重要な役割を担っているにも関わらず、プロミスに保証会社が不要なのは何故でしょうか?

プロミスが保証会社なしで借入できる理由は、以下の通りです。

  • プロミスの運営会社が保証会社だから
  • 100万円以下の小口融資が中心だから
  • 銀行よりも高い利息で融資しているから

プロミスの借入で保証会社が不要な理由について、詳しく見ていきましょう。

プロミスの運営会社が保証会社だから

「プロミス」は「SMBCコンシューマーファイナンス」が運営しているサービスです。

SMBCコンシューマーファイナンスはプロミスを運営しているだけでなく、銀行ローンへの保証業務を行っている保証会社でもあります。

プロミスには無担保融資のノウハウがあるので、プロミスから借入をする場合は、他の保証会社を設定する必要はありません。

初回借入時の審査もプロミスが実施。プロミスは他の保証会社を介さないので、銀行よりもスムーズに審査が終わり、最短30分で融資が受けられます

100万円以下の小口融資が中心だから

プロミスは消費者金融のため、貸金業法で定められている「総量規制」の対象。

銀行カードローンと違い、プロミスは融資の上限額(利用者の年収の3分の1)が決まっており、100万円以下の小口融資がメインです。

小口融資が基本のプロミスは、万が一利用者の返済が滞ってもリスクが低いので、保証会社なしでも融資が可能と言えます。

プロミスの初回申込時の利用限度額は低く設定されるケースがほとんど。貸し倒れた際のリスクは非常に低いと言えます。

銀行よりも高い利息で融資しているから

銀行カードローンの場合、実質年率10%以下の低金利で融資するケースも珍しくありません。

プロミスの実質年率は4.5%~17.8%で、銀行カードローンより消費者金融カードローンの方が実質年率・利息が高いケースが多いです。

プロミスは銀行よりも高い利息で融資している分、貸し倒れた際のリスクは低いので、保証会社なしで融資が可能と言えます。

プロミスが保証会社になっている銀行

前述した通り、プロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスは保証業務も行っている保証会社です。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)が保証会社になっている銀行をいくつか紹介しましょう。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)が保証会社になっている銀行の一例
・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行
・横浜銀行
・福岡銀行
・住信SBIネット銀行 など

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)は約187の金融機関の保証会社で、保証残高は1兆2,000億円を超えています。

プロミスなどの消費者金融カードローンではなく銀行カードローンを利用するなら、保証会社もチェックしてみてください。

審査に落ちた場合、同じ保証会社の審査は通りにくい

同じ保証会社が実施する審査では、別の金融機関や銀行からの申し込みであっても、利用者の信用情報は共有されています

例えば、過去6ヶ月以内に三井住友銀行カードローンの審査に落ちている場合、同じ保証会社であるプロミスの審査も落ちてしまう可能性が高いでしょう。

これからプロミスに申し込みを検討している場合、直近6ヶ月で前述の銀行系カードローンの審査に落ちていないかを確認し、落ちていた場合はプロミスの申込も待った方がいいでしょう。

プロミスは保証会社不要で融資が受けられる

プロミスの保証会社について解説しました。

  • プロミスでは保証会社不要
  • プロミスは銀行の保証会社も務めている

プロミスは、保証会社を介さずプロミスで審査を実施しているので、最短30分で安心して融資を受けられます。

保証会社の設定なしで融資を受けたい方は、プロミスを利用してみましょう。

人気 プロミス

実質年率 年4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資時間 最短30分
利用限度額 最大500万円
今すぐお金を借りたい方には最適! Webから申し込めば即日融資も対応可能
  • 限度額50万円以内なら必要書類は運転免許証だけ。
    安定した収入があればパート、バイトでも申込OK!
  • 審査が不安、今日中にお金借りたい!そんな方は5万円以下の低額申込がおすすめ!
  • 審査通過後、限度額の増額交渉可能!郵送物一切なし!

関連コラム