プロミスでの借入に保証会社は必要ない!安心して融資を受けられる理由とは

プロミスでの借入に保証会社は必要ない!安心して融資を受けられる理由とは

銀行のカードローンは、無担保であっても保証会社からの審査が必須です。

では、同じく無担保ローンのプロミスで借入を申し込む際にも保証会社が必要なのでしょうか?

その答えはNOプロミスでは保証会社を利用しなくても借り入れが可能です。

今回は、プロミスに保証会社が必要ない理由銀行カードローンとの違いなどを解説します。

銀行カードローンとプロミス、どちらを利用するか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

プロミスの借入に保証会社は必要ない

銀行系のカードローンに申し込む場合は、保証会社の審査が必要です。

しかし、プロミスをはじめとした消費者金融では保証会社が必要ありません

プロミスから借入をする場合は、プロミスからの審査を受けるだけです。

他社を介さないので銀行よりも早く審査が終わり、スムーズに結果が分かるようになっています。

保証会社は審査や延滞時の弁済を行なう役割がある

銀行のカードローンで必要になる「保証会社」とは、利用者の借入時の審査や債務保証などを行う業務を行なう会社を指します。

昨今では、消費者金融のように無担保のカードローンを申し込める銀行も多くなってきました。

しかし、従来は有担保での融資を行なってきたのが銀行ローンです。

そのため、無担保ローンのノウハウがある保証会社に審査や代位弁済(返済ができない利用者の代わりに保証会社が銀行に返済する)を任せています。

代位弁済=返済義務がなくなるわけではない

利用者が長期の延滞や貸し倒れの状態になると、保証会社が代わりに銀行へ代位返済を行ないます。

代位弁済の後、銀行側は債権(返済を請求する権利)を保証会社に移し、保証会社は利用者に対し、原則として一括返済を求めます。

代位返済は利用者の返済義務がなくなる制度ではない点には、重々注意しておきましょう。

さらに、代位弁済は信用情報に記録される事故情報(金融事故、移動情報とも呼ばれる)の一種です。

事故情報が記録されてしまった場合、ローンやクレジットカードの審査に通らなくなってしまいます。

これが、いわゆる「ブラックリスト」に入った状態。5年間は新しくローンを組めなくなるので、なるべく避けたいところです。

プロミスは銀行ローンの保証会社になっている

プロミスやアコムなどの大手消費者金融は、銀行ローンへの保証業務も行なっています。

SMBCコンシューマーファイナンス(※プロミスの会社名)は2003年4月に保証業務をスタートしました。

2019年3月末時点での保証提携先は全国各地にある187の金融機関で、保証残高は1兆2,000億円を超えています

参照:保証事業|SMBCコンシューマーファイナンス

現在の「プロミス」は社名ではなくブランド名

2014年、プロミス株式会社は「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」に社名を変更しました。

元々三井住友銀行グループの子会社で、社名変更後も消費者金融事業のブランド名として旧社名を使っている状態です。

ちなみに、大手消費者金融のSMBCモビットは同グループに属する別の子会社となっています。

プロミスが必要としない保証会社が銀行ローンには必要な理由

  • 100万円以下の小口融資が中心である
  • 元々無担保融資のみを行なっているので、他社に頼る必要がない
  • 銀行よりも高い利息で融資している

プロミスなどの消費者金融は貸金業法で定められている「総量規制」によって、融資の上限額が決まっています

利用者の年収の3分の1が総量規制の上限ですが、初回の申し込み時は低い限度額で契約をするのが一般的です。

月々の返済が遅れない人を選んで融資額を増やせる仕組みがある上に、小口融資の利息は法律で定められている上限近くで設定されます。

そのため、一人の利用者が貸し倒れた際のリスクは、銀行に比べて低いです。

また、元々無担保ローンのノウハウを持っているため、他社を頼る必要性もありません。

これらの理由から、プロミスなどの消費者金融では保証会社を通さなくても審査が可能になっています。

銀行ローンが保証会社を利用する理由

  • 消費者金融よりも低い金利で融資を行なう
  • 法人への大口融資が多い
  • 無担保ローンにはあまり強くない

銀行カードローンは、総量規制(貸金業法)の対象ではないため、利用者の年収よりも多い金額を融資する場合があります。

利息は消費者金融よりも低く、実質年率10%以下で融資を行なうケースも珍しくありません。

そのため、消費者金融に比べて一人当たりの融資額は高くなりやすく、貸し倒れになった場合のリスクも大きいです。

ここで事前に手数料を払って保証会社を利用すれば、返済が滞った時に代位返済を受けられます。

もしもの場合に備えて、銀行側が利用する保険のような存在だと考えてよいでしょう。

プロミスが保証会社になっている銀行ローンの一例

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)が保証会社になっている銀行の例としては、同じSMBCグループ内の三井住友銀行があります。

三井住友銀行のATMとプロミスのATMは併設されている場合があるので、分かりやすい例と言えるでしょう。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)が保証会社になっている銀行の一例
・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行
・横浜銀行
・福岡銀行
・住信SBIネット銀行

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)は地銀を含めた187の金融機関で保証会社を務めています。

利用を検討している銀行カードローンがある方は、保証会社をチェックしてみてください。

銀行ローンの審査に落ちたら、保証会社が違う銀行を選んだ方が良い

同じ保証会社が行なう審査では、別の銀行からの申し込みであっても、利用者の信用情報は共有されています

そのため、例えば三井住友銀行のカードローン審査で落ちた後に、ジャパンネット銀行で審査を受けても落ちてしまう可能性が高いでしょう。

銀行のカードローンに申し込む際は、保証会社が違う所を選ぶのがおすすめです。

ただし、同時に2社以上申し込んだり、短期間に3社以上のローンを申し込んだりすると、半年間は「申し込みブラック」になってしまいます。

申し込みブラック状態だとほとんどのローンで審査に通らないため、注意してください。

プロミスは保証会社が必要ないのでの審査スピードが早い!

  • プロミスでは保証会社を利用する必要がない
  • 銀行は貸し倒れのリスクを避けるために保証会社を利用している
  • プロミスは銀行の保証会社も務めている

大手消費者金融のプロミスは、保証会社を介さず自社内で審査と融資を行ないます。

最短即日で融資が可能なのは、必要な手続きが銀行よりも少ないからです。

プロミス自体が保証会社でもあるので、自社での審査だけで十分返済能力を判断できるとも言えます。

それに対して、銀行は低い利息で多額の融資を行なうため、貸し倒れのリスクを避けるのが目的です。

複数の銀行カードローンに申し込む際は、保証会社にも注目して同じ保証会社は利用しないようにしておきましょう。

関連コラム