住宅ローンの残る家。どうすれば損せず離婚できる?

財産分与を有利に進めるためにできること

  • ・売却してローンを完済したい
  • ・離婚後も残って住み続けたい

夫婦の事情や状況によって選ぶ選択肢は様々だと思います。

どのような決断をするにしても絶対にしなくてはいけないのは自宅の価値を前もって調べておくことです。

査定

家の価値を知らないまま相手に任せて話を進めて

  • ・財産分与で損をする
  • ・逆に負債を押し付けられる

なんてことにならないよう、しっかり対策をしましょう。

>>今すぐ自宅の価値を調べてみる<<

なぜ家の価値を調べるべきなのか

それは、結婚後に購入した家は、家の名義がどちらであっても財産分与の対象になるからです。

家を売却するケース、しないケースをそれぞれ解説しますね。

家を売却する場合

売却

家の査定額がわかれば、ローンを完済できるかどうかが一目瞭然。

ローンの残債よりも高く売却ができれば、残りの現金は財産分与として分けるため、当然高く売れた方がお得です。

また、査定をしたからといって必ず売らなければいけないわけではありません。

査定結果を見て納得できなければ売らなくても構いません。

売らずに住み続ける

住み続けるケース

家を売却せず、どちらかが住み続けるケースもあります。

ローン名義人が住み続けるなら、家の資産価値の半額を相手に支払えばOKです。

名義人以外が住むには手続きと審査が必要

借り換え

夫から妻へ名義変更をする場合、住宅ローンの借り換えが必要になります。金融機関の審査を通るためには、妻に安定した収入が必須です。

※ローン名義人以外が住むのはトラブルの元なのでおすすめしません

不動産の所有者は単独で売買契約を結ぶことができるため、名義人に不動産を勝手に売却されてしまった事例も。

名義人以外が住んでいることが金融機関にバレると、一括返済を求められる可能性もあります。

どちらの場合も査定は必須

名義人が住むにしても、ローンの借り換えをするにしても、まずはローンの残債と家の資産価値を調べましょう。

今は中古住宅市場が高騰しているため、査定してみたら思ったよりも高値がつくことも。

家の資産価値は高いほど良い

実は、今年はコロナ禍にも関わらず住宅需要が高まっています。

そのため、思ってる以上に高い査定がつきやすく、買った時よりも高く売れた方の割合は右肩上がり。

買い替えによる売却差額が出る人が急増中

実際に予想より1,000万円以上高く売れた実績も多数あります。

査定額

査定の依頼は不動産屋に

査定

不動産の査定や売買は、不動産会社の業務です。

不動産会社に依頼すれば、すぐに自宅の査定額がわかります。

不動産査定でやってはいけない「たった1つ」のNG行動

それは一社だけに査定依頼をすることです。

1社の査定だけではその査定額が高いのか、安いのか判断ができません

また、不動産会社といっても、得意な分野やエリアは様々です。

不動産屋によって査定額に差が出る

同じ物件でも査定する不動産屋によって、査定額が大きく変わるのは珍しくありません。

だからこそ、不動産の査定は1社だけでなく、複数から見積もりを取るべきなのです。

一番高値をつけてくれる不動産屋がわかるサイト

スマホで簡単査定

でも、いくつもの不動産屋に連絡して何回も査定してもらうのは面倒くさいですよね。

最近は家にいながらスマホで簡単に査定依頼が可能なサイトがあります。

中でも最もおすすめしたいのが不動産一括査定サイトのイエウールです!

イエウール
>>【完全無料】最大6社の査定額を一括比較<<

イエウールは日本一利用者が多い不動産一括査定サイトで、

最大6社の査定額を一括比較できるサービスです。

一戸建てはもちろん、マンションや土地、ビルや収益物件まで幅広い物件の査定が可能。

申込は査定したい物件の住所や、築年数などを入力するだけなので所要時間は60秒ほど。

もちろん、ご利用は完全無料です。

提携する不動産会社は1700社以上。日本全国どこに住んでいても査定依頼ができます。

しかも、利用者からのクレームが多い不動産業者はイエウールが提携を解除するシステム。そのため、優良業者だけが登録されていて安心です。

査定したからといって売らないといけないわけではありません。

「現在の自宅の価値がどのくらいなのかちょっと気になる」くらいの気持ちでもOK!

しつこい勧誘もありませんから、安心して利用してくださいね。

多くの夫婦は離婚時に家を売却している

家を売却するか、そのまま住み続けるかは夫婦の話し合いでベストな方法を選択すればどちらでも良いと思います。

ただし、離婚する夫婦の大半は家を売却することを選んでいます。

当然お金の問題もありますが、精神的な理由も大きく占めます。

離婚後も相手と関係が続くのは精神的負担も大きなストレス。

ストレスの原因

離婚を機に家を売却してしまい、後腐れなく別れたい夫婦が多いようですね。

机上査定を希望すれば、誰にも会わずメールや電話だけ査定結果が確認できるので、家族に内緒で査定することも可能です。

「まずは家の価値を知ってから検討したい」

といった理由で使う人も多いので、査定した後に必ずしも家を売る必要はありません。

査定額を聞いた後で売却するかしないかをゆっくり決めても遅くはないので、まずはイエウールで家の価値を知ることから始めてください。